年末調整における寡婦控除・寡夫控除の申告方法を解説

mother
年末調整で寡婦控除・寡夫控除はきちんと行っていますか?あまり有名ではない控除なので、本来は寡婦・寡夫に該当するにもかかわらず、これまで控除を受けてこなかった人も多いかもしれません。今回は、この寡婦控除・寡夫控除について解説します。

まじめての年末調整
ダウンロードページはこちら

1)寡婦控除・寡夫控除とは

「寡婦控除」とは、女性の納税者が所得税法上の「寡婦」に当てはまる場合に受けられる所得控除制度です。一方、「寡夫控除」とは、男性の納税者が所得税法上の「寡夫」に当てはまる場合に受けられる所得控除制度です。

わざわざ女性と男性とで控除制度の名称を区別しているからには、その要件や控除内容が女性と男性とで変わってきます。「寡婦」「寡夫」それぞれに確認していきましょう。

2)女性の場合:「寡婦」とは

寡婦とは、その年の12月31日の現況において、次のいずれかに当てはまる女性をいいます。

・夫と死別、または離婚した後に婚姻をしていない人で、親族や子を養っている。
・夫の生死が明らかでない人で、親族や子を養っている。
・夫と死別した後に婚姻をしていない人、または夫の生死が明らかでない人で、合計所得金額が500万円以下(親族や子を養うなどの要件はなし)。

3)男性の場合:「寡夫」とは

寡夫とは、その年の12月31日の現況で、次の3つの要件のすべてに当てはまる男性をいいます。寡婦の判定では「いずれか」でしたが、寡夫の判定は「すべて」ですので注意が必要です。

・合計所得金額が500万円以下。
・妻と死別し、もしくは離婚した後に婚姻をしていない、または妻の生死が明らかでない。
・子を養っている。

4)寡婦控除・寡夫控除の控除額

寡婦控除・寡夫控除で控除できる金額はどちらも27万円です。ただし「特定の寡婦」に当てはまる場合は35万円となります。

「特定の寡婦」とは、次の3つの要件のすべてに当てはまる女性をいいます。

・合計所得金額が500万円以下。
・夫と死別し、もしくは離婚した後に婚姻をしていない、または夫の生死が明らかでない。
・子を養っている。

5)「寡婦」「寡夫」「特定の寡婦」を判定するうえでの注意点

寡婦、寡夫、特定の寡婦の要件に出てくる「夫」や「妻」とは、民法上の婚姻関係をいいます。内縁関係や事実婚は、法的な婚姻ではないため、寡婦控除・寡夫控除の適用から外れます。「養っている子」については、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない子どもに限られます。

また、「合計所得金額が500万円以下」とは、収入が給与のみの場合、控除などがあるため年収が約688万円以下であることを指します。

6)年末調整で控除を受けるための手続き

年末調整で控除を受けるための手続きは、勤務先で配布された「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に記入するだけです。この申告書のちょうど真ん中辺りに、「2寡婦」「3特定の寡婦」「4寡夫」「5勤労学生」という文字が順に並んでいる箇所があります。寡婦、特定の寡婦、寡夫の人は、「2寡婦」「3特定の寡婦」「4寡夫」のいずれか該当するものに丸印を付けましょう。添付書類は必要ありません。

7)まとめ

配偶者と死別・離婚して現在シングルマザーの女性は、多くの場合、寡婦(または特定の寡婦)控除を受けることができます。子供が居なくても、所得金額の要件を満たせば寡婦控除を受けられます。

一方、男性の寡夫控除については、寡婦控除よりもハードルが高く設定されており、子供が居なければそもそも寡夫控除の対象になりません。

年末調整の手続き自体はとても簡単ですから、要件をよく確認して、当てはまる人はぜひ控除を受けて下さい。

年末調整に関する疑問を解決するには

毎年冬が近づくと行われる年末調整。毎年行われる年末調整はどのようなものなのかご存じでしょうか?
年末調整に関するあらゆる疑問を一挙に解決できる年末調整ガイドを作成いたしました。
経理担当者や、中小企業担当者の方はぜひご活用下さい。

e-book_cover_年末調整_1

目次

  1. 年末調整とは
  2. 年末調整のスケジュールと対象者
  3. 必要書類を確認
  4. 給与担当者がやること
  5. 従業員がやること
  6. 年末調整チェックリスト
  7. 最後に
無料でダウンロード
無料でダウンロード