法人カードの審査を通過するためにすべきこと | 会社設立の基礎知識

credit-card 法人カードとは、企業や個人事業主などを対象に発行される法人専用のクレジットカードのことです。法人カードを作り社員に持たせることで、出張費用や経費の立替などの清算が楽になるというメリットがあります。

法人カードは個人のクレジットカードとほとんど同じように使用できますが、個人と違い、法人は利用金額が大きく倒産する可能性もあるため、審査の際にはどのような状況の会社なのかを調べられることになります。

1)法人カードをつくるメリット

会社が大きくなって社員が増えるまで法人カードは作らなくてもいいのでしょうか? 必ずしもそうとは限りません。

中小企業の場合、前述した「経費の精算を楽にする」というメリットはあまり感じないかもしれませんが、会社の口座を支払い口座に設定できるので非常に便利です。

会社を立ち上げたら、銀行で会社用の法人口座を作りますが、こちらの口座から引き落とせるのは会社名義のクレジットカードだけです。会社でクレジットカードを使用する際に社長名義の個人カードを代用するケースがありますが、この場合社長個人の口座から引き落とされることになり、経理処理が複雑になります。

そのような手間や万が一のトラブルを排除する点においても法人カードを使用して経理を一本化することが有効です。

2)審査の際に見られること

会社を立ち上げて、すぐに法人カードを作りたいという方もいるでしょう。しかし、立ち上げてすぐだと審査が通らない場合があります。

審査の条件が明確に決まっているわけではなく、カード会社によって基準も変わってきますが、基本的な条件として「きちんと返済できる能力がある会社か」というのが見られることは確実です。

会社としての実態がない架空会社を審査に通さないため、会社に固定電話があることが必須になっているカード会社も多いですし、カード会社が立替えた金額が払えるだけの実績があるか、またその時点では問題がなくても後に倒産する可能性がどれくらいあるかという点も考慮されます。

そのため、立ち上げたばかりの会社は審査を通すために十分だとみなされる状況がそろっているかを確認するといいでしょう。

3)審査通過のためのコツ

審査ではカード会社によって様々な基準があります。その中で、法人カードの審査を通りやすくするコツはあるのでしょうか?

少しでも審査を通りやすくするための1つの方法として、会社のホームページを制作するという方法があります。そこで重要なのは、会社の実績を明記することです。振り込め詐欺や架空会社などではないことを証明するために、具体的な仕事内容や、可能であれば取引先一覧、製品の画像などを確認できるようにしておきましょう。

4)まとめ

法人カードの審査は決して難しいものではありません。申請が有利になるよう準備をしてから申請するとスムーズです。カード会社によって、審査の通りやすさ以外にも付帯サービスや取扱い店舗などが違いますので、それぞれ比較しながら使いやすいカードを選びましょう。