人材募集はどのようにやればよい? 代表的な方法まとめ

zinzai
会社を設立して、しばらく経つと経営者や創業時のメンバーだけではなかなか人出が足らず、人材募集が必要なフェーズに入ることもあるでしょう。こういったとき、どのような募集の仕方をすればいいのかは非常に頭を悩ませる問題であります。今回は人材募集の方法を紹介します。

まじめての年末調整
ダウンロードページはこちら

1)大手の人材募集サイトへ掲載する

まず考えられるのが、大手の人材募集サイトへ掲載するということです。やはり大手にもなると多くの人の目にも触れます。また、大手の人材募集サイトであれば、採用に関してのアドバイスや、人材の紹介などをしてくれるケースもあるでしょう。

大手の人材募集サイトを利用するデメリットとしては、やはり高額な費用が挙げられるのではないでしょうか。特に、大きく掲載してもらおうとするとそれだけで月に数百万円もの出費となってしまい、創業してすぐの企業では現実的ではありません。

2)自社のサイトで募集をかけてみる

自社のサイトで人材募集をかけてみるというのも忘れてはいけない方法の一つです。自社サイトで募集すれば、無料で募集をかけることができますし、企業のサイトへアクセスするほどの人材ですから、自ずと事業への関心も高いといえるでしょう。

この方法の難点は、自社サイトの知名度が低いと募集をかけてもなかなか人が集まらないということです。無料なので求人情報を載せるのはやるべきですが、それほどの効果は期待しない方がいいかもしれませんね。

3)ベンチャー企業のWebサービスを利用してみる

最近人材系のWebサービスも増えています。そういったサービスは、利用制限はあるものの、途中までは無料で利用することができたり、成果報酬型で人材を実際に採用するまでは料金がかからないということがあります。

こうしたサイトはある程度Web業界へのリテラシーが高い人材も集まりやすいですが、業種によってはミスマッチを起こすケースもありますので、自社の業種と求人募集サービスがマッチしているのか事前に利用することで試してみるといいのではないでしょうか。

4)今いる社員に紹介してもらう

これは少し番外編になりますが、自社に今いる人材に紹介してもらうというのも有効な手の一つです。これは「リファラルリクルーティング」と呼ばれる方法で、近年多くの企業から注目されている手法です。

今いる人材が紹介する人材ですから、当然もともとのフィルタリングがあります。その上、紹介会社を使わないため、コストが少なくて済みます。反面、似たり寄ったりの人材ばかりになってしまうデメリットがあります。

まとめ

人数が少ない場合、次に入る人材がその会社の行く末を決めてしまう場合もあります。ですから、求人募集をする際は慎重に採用を進められる方法を使ったほうがいいのかもしれませんね。

給与計算についてもっと詳しく知るには

複雑な給与計算の仕組みや給与計算のルールがよく分かるガイドを無料配布中です!マイナンバー導入によってどんな対応が必要なのか?様々な税金の計算と仕組みは?これ一冊で給与計算の仕組みが分かります!

ebook_kyuyo_cover-small

目次

  1. 給与計算って?意外と複雑な給与の仕組み
  2. 職業規則や給与規定は、給与計算のルール
  3. 入社手続きに必要なものまとめ
  4. 給与明細を見れば給与計算がわかる
  5. 残業代の計算は、◯倍で考えよう
  6. 労働保険は、年度更新が重要
  7. 社会保険の計算と定時改定
  8. 所得税の計算と源泉徴収の仕組み
  9. 住民税は計算が不要?
  10. 年末調整とは?その流れと必要な作業
  11. 源泉徴収票の構成を理解しよう
  12. マイナンバーにはどんな対応が必要?
無料でダウンロード
無料でダウンロード