法人カードを持つことで得られる4つのメリットとは?

card
法人カードとは法人名義のクレジットカードのこと。多くのクレジットカード会社が個人名義のクレジットカードとは別に、法人向けクレジットカードのサービスを提供しています。今回は法人カードを持つことによるメリットを紹介します。

法人にピッタリ!会計ソフト
ダウンロードページはこちら

1)法人カードと個人向けカードの両方を持つことで公私で使い分けができる

法人カードのメリットとして、プライベートな買い物は個人向けクレジットカード、ビジネス面は法人カードと、公私の区別を明確にできる点があげられます。個人向けクレジットカード1枚で事足りるから、法人カードは作らなくてもいいのでは? と考えがちですが、実は法人カードと個人向けのカードを分けることあは重要な意味を持っています。

ビジネスにおいて公私の区別をつけるのは基本中の基本。プライベートで購入したモノとビジネス用に購入したモノを個人向けクレジットカードひとつで決済していては、その境目が曖昧になってしまいます。あまりにも不透明だと、会計処理などに支障がでてしまうこともあるでしょう。法人カードを利用して公私の会計を明確にしておけば、そんな事態も防げるのです。

2)会社の経理処理の負担軽減に有効

ビジネスにかかる費用のすべてを法人カードで決済することによって、会社の経理費用を透明化でき、経理処理の負担が減るも法人カードのメリットの一つです。交通費や交際費に雑費、ビジネス資材の購入などの諸経費をすべて法人カードで決済し、経理処理は月末に送られてくるカード利用明細を見るだけ。このようにすれば、いつ・何を・いくらで購入したかが月末のカード利用明細を見ればすぐ分かるので、経理処理の負担がぐっと軽くなります。

社員用に複数枚発行できる法人カードもあるので、全社員社員が多数いる会社でも問題ありません。経理処理の負担が軽くなった分、本業のビジネスに力を入れることができるのでとても有効です。

3)付随サービスで業務の効率化

行っているビジネスによっては、法人カードの付随サービスも大きなメリットと言えるでしょう。付随サービスには、前述の経費処理のコストダウンの延長線上のサービスとして、四半期ごとに経営・納税用のレポートを作成してくれるサービスや、飛行機やホテルの予約作業の簡便化、割引サービスなどさまざま。もっとビジネスに近いサービスとして、取引企業の信用情報調査代行してくれたり、ビジネス面のコンサルティングサービスなどが利用可能です。これら付随サービスは各社によって差異があるので事前にチェックして、自分のビジネスにあった選ぶのがよいでしょう。

4)ランクの高い法人カードは優良企業の証

ランクの高い法人カードは法人を設立した当初からすぐに作れるというものではありません。法人カード作成の必須条件として、3年間以上の黒字経営をあげているクレジットカード会社が多いようです。審査は当然厳しいのですが、審査を通ればそのぶん、法人カードがそのまま優良企業の証ともなるのです。これも法人カードの大きなメリットといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。法人カードは自分のビジネスや状況に合わせて、内容をよく吟味するのが大切です。法人カードを発行しているクレジットカード会社を比較してみるのもよいかもしれません。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

スモールビジネスに特化した「freeeカード」のご案内

freeeはライフカードと提携し、「freeeカード」の発行を予定しています。これまで事業用のクレジットカードを持ったことがなかった人にもご利用できるクレジットカードとなります。本申し込みの開始は9月を予定しています。

freeeカード見本

freeeカードの特長

  • 年会費・発行手数料は無料
  • 創業まもない会社・個人事業主でも申し込み可能
  • 0円で始める飲食店のアルバイト募集方法
  • 50枚までの発行に対応。コーポレートカードとして利用可
  • クラウド会計ソフトとの組み合わせで経理処理が楽に
  • スモールビジネスに特化した特典が付与
  • ゴールドカードも発行可能
詳しい情報を見る
詳しい情報を見る