マイナンバーをクラウドサービスで管理するメリットとは

cloud 2016年1月よりスタートしたマイナンバー制度。制度の開始に合わせて、金庫などのセキュリティに関するグッズなどの売上が好調なようです。また、サービスとしては、クラウドでマイナンバーを管理するサービスに注目が集まっています。今回は、マイナンバーをクラウドサービスで管理するメリットを会社目線で紹介したいと思います。

1)コスト面で割安になる

中小企業にとって、マイナンバー制度で頭を悩ませるのは、管理体制の構築にコストが膨大にかかることではないでしょうか。もし、マイナンバーを社内で管理することになれば、人数は少ないにも関わらず、オーバースペックなシステムを導入してしまい、コストがムダにかかってしまう問題が生じてしまいます。クラウドサービスは人数によって金額が決まっているものが多く、コストが比較的低く抑えられるというメリットがあります。

2)制度の改正にいち早く対応してくれる

マイナンバー制度はもうスタートしておりますが、制度の仕組みを含めて、今後どのような制度になっていくのかは不透明な部分も多く、会社にとっては制度の改正があるたびにいちいち対応を考えなければならないという問題もあるでしょう。クラウドサービスはオンラインで日々アップデートがされています。ですから、法改正がある場合でもソフトの買い直しなどの必要はなく、どんどん対応してくれることが期待できるでしょう。

3)セキュリティ的に安全

クラウドサービスで気になるのは、情報の流出や漏洩などではないでしょうか。マイナンバーを漏えいさせてしまうと重い罰則を受けることもあり、リスクはなるべく減らしたいというのが中小企業の本音だといえるでしょう。

マイナンバーをオフィスで管理する制度や体制は整っているでしょうか? 世の中で起きている情報漏えい事件の多くは、人為的なミスによるものだそうです。クラウドサービスを利用した場合、セキュリティは常に厳重なものを利用してくれますし、細心の注意を払っているはずですから、体制がまだできていない場合は、社内で管理するよりもむしろ安全だといえるのではないでしょうか。

まとめ

クラウドというと何か怖いイメージがある方も多いと思いますが、中小企業のマイナンバー管理にではメリットが非常に多い利用方法になり得ます。セキュリティの心配があるという方は、マイナンバー対応のクラウドサービスに実際に問い合わせてみて、信頼できると思ったところを利用してみると良いでしょう。

関連記事

今さら聞けないマイナンバー制度(番号制度)とは?重要ポイントまとめ