会社設立のメリットをわかりやすく解説

foundation 新規事業を始めるとき、選択肢としてまず挙がってくるのが会社設立ではないでしょうか。他にも個人事業主としてスタートさせる方法もあり、そのメリットやデメリットは様々なものがありますが、会社設立をすることで得られるメリットは多くあります。今回は、会社設立のメリットを紹介します。

1)メリット1:取引が円滑に進みやすい

個人事業主と会社設立の2つを比較すると、まず挙げられるのが取引のスムーズさの違いがあるということではないでしょうか。個人事業主の場合、相手が法人になると取引においても信用を得るのが難しい場合があります。会社の名前があるだけでも、取引先として信頼感があるという会社は多いはずです。

また、個人事業主は銀行やクレジットカードの信用を受けにくいというデメリットもあります。会社だと法人契約で銀行やクレジットカード会社とやり取りをしますので、その分信用が得やすいということがあります。

2)メリット2:一定の所得が見込めるのであれば節税できる

年間所得がおおよそ500万円を超えると、個人事業主として納める所得税よりも法人化して法人税を支払ったほうが得になるケースが多いです。また、所得が1000万円以上になりますと、消費税の納税事業者にもなってしまい個人事業主としての負担はさらに大きくなります。一定の所得が見込める場合、会社設立をすることで、節税のメリットがあることを覚えておきましょう。

3)融資や補助金が受けやすくなる

個人事業主の場合、融資を受けるにしても規模が少額になってしまったり、保証人が必要だったりと、何かと苦労が多いですが、会社になりますと、金額の規模や融資の受けやすさも変化し、より借りやすくなります。会社設立をすると、国や地方自治体の補助金なども選択肢に入ってくるため、資金調達などが比較的楽になるでしょう。

4)メリット3:より「経営」という目線が強くなり、仕事がしやすくなる

法人化することで、採用などを進めるときにも有利になります。アシスタントなどを取っている個人事業主の方も珍しくはないですが、なかなか難しい場合もあります。会社設立をすることで、求人などを出すこともできますし、人を増やして事業を拡大することも可能でしょう。

また、仕事のリスクという面でも個人で借金をして事業を始めるわけではなくなるため、個人で責任を負いたくない場合には、会社設立をした方がいいという見方もあります。

まとめ

会社設立をするメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットも存在し、そのどちらかを選ぶのかを選択する必要があります。しっかりとメリット・デメリットを考慮したうえで会社設立という選択肢を捉えてみるといいかもしれませんね。