フリーランスに必要な専門分野以外のスキルとは

cafe-working フリーランスとして成功するためには業界の専門的なスキルや能力も必要ですが、その他にはどのようなスキルが必要でしょうか。フリーランスという働き方を選択する際に身に着けておきたいスキルについて、具体的にご紹介していきます。

臨機応変な対応ができる柔軟性と適応能力

フリーランスとして働くうえで大切なのは、新たな環境に置かれた場合でも速やかに自分自身のスキルを発揮できることではないでしょうか。目の前の状況をしっかりと見極め、臨機応変に対応する柔軟性と十分な環境適応能力があれば、どのような案件であってもすぐに自分の仕事をすることができるでしょう。フリーランスだからこそ経験できることやさまざまな仕事のチャンスも数多く得られるはずですので、常に前向きかつ果敢にチャレンジする意気込みを忘れずに持ち合わせていたいものです。

ビジネス上のコミュニケーションスキル

フリーランスとしてどんな相手とも円滑にビジネスを進めていくためには、自分の思っていることを伝えるコミュニケーションスキルも必要となります。常に新たなビジネスパートナーと出会い、スムーズに人間関係を構築して意思疎通を図ることができれば、自分自身の能力を十分に発揮できるチャンスにも恵まれやすくなるでしょう。まずは、簡潔に物事を説明したり、自らの意見を述べることができるよう、プレゼンテーション能力を養うことが基本となります。また、重要なことや間違えやすいことに関しては相手への確認を徹底的に行うなど、誤解を生じさせないような工夫を習慣づけると、仕事の工数にもムダが少なくなり、より円滑に仕事を進めることができるでしょう。

自己マネジメント能力と判断力

フリーランスの場合、業務のスケジュール管理や新規顧客開拓に向けた営業活動、それに伴う各種事務処理や経理業務などをすべて自分自身でこなさなければなりません。適切な時間配分、業務の進捗管理などの自己マネジメントをしっかりと行い、取引先に迷惑をかけることがないよう、細心の配慮をしておくことが大切です。フリーランスとして仕事がある程度軌道に乗ってきた場合、引き受けるべき仕事とそうでない仕事の判断も求められる可能性がありますので、的確な判断力もスキルの一つとして養っておくことも重要です。

まとめ

フリーランスの場合、会社に所属しているわけではないので、自分の専門分野のスキルを伸ばすことも重要ですが、それと同時に、自分をいかに売り込むのか、またはセルフマネジメントをどうするのかなど総合的なスキルが必要となります。要求するレベルが高く全てのスキルを身につけることは難しいかもしれませんが、少しずつでもいいのでスキルを身に付けていくと、より成功に近づくことができるのではないでしょうか。