有限会社はなぜ設立できない? | 会社設立の基礎知識

workman
現在の会社法では、有限会社が設立できないのはよく知られていることなのではないでしょうか。会社法によって、有限会社の設立はできなくなりました。今回は、有限会社についてみてきたいと思います。

ダウンロードページはこちら
法人にピッタリ!会計ソフト

なぜ有限会社は設立できなくなったのか

なぜ、有限会社は設立できなくなったのでしょうか。有限会社は、同族経営の小さな企業に適しているとされ、株式会社のような複雑な制度や期間の設置を簡略化してよい場合に都合が良い会社制度でした。しかし、近年の会社では同族経営の会社が設立されることも減り、また、有限会社として設立できる場合であっても株式会社としての設立する数が多くなったため廃止されたとされています。

現存する有限会社のメリット

有限会社は新規に設立することができなくなりましたが、現存している有限会社はそのままの名称で残っていることがあります。こうした企業は、取締役の設置をしなくてもよく、また決算の公告の義務を持たないというメリットがあります。また、有限会社の数が年々減っていることから、会社のアイデンティティの一つとしての評価も受けることがあるようです。

現行の会社設立制度

それでは、有限会社が設立できなくなった現状の会社設立ではどのような選択肢があるのでしょうか。代表的なものとして、株式会社と合同会社があります。株式会社は、有限会社の消滅にともない、資本金が1円でも設立することが可能となりました。しかし、現実的には株式会社は設立時に定款の認証代がかかることや、会社の運営を考えると多額の費用が必要になる場合が多いです。

合同会社は、有限会社の消滅と変わって現れた新しい会社の種類となります。株式会社と違い、定款認証がないことや、登録免許料が株式会社よりも安いことから、設立費用が比較的安く済みます。その他の違いについてはこちらをご覧ください。

まとめ

有限会社は、現代の会社の実態などに合わせて設立することができなくなりました。現在の会社設立では、株式会社や合同会社などの選択肢より会社の形態を選ぶことが必要になります。もし、会社設立を考えているのであれば、各会社形態の違いについてはチェックしておきましょう。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

会社設立についてもっと詳しく知るには

一口に会社設立と言っても、そこには様々なやり方、種類があります。実際に起業する前に、どのような選択肢があるのかを把握しておくことが大切です。
このガイドでは、まずは会社の種類から設立にかかる費用まで、会社設立の前に必要な情報をご紹介。その上で、電子定款の作成方法や登記など、実際の設立の流れを最短で終えられるよう、実務的な知識をご紹介しています。
本ガイドがお客様のビジネスの第1歩としてお役に立てれば幸いです。

ebook_foundation_cover-small

目次

  1. 個人経営主と法人のメリットを比較
  2. 会社の種類は?4つの形態の違いを比較
  3. 新会社法は会社が守るべきルール
  4. 会社は6万円の費用で設立できる
  5. 最短時間で会社を設立するための流れとは?
  6. 会社設立の際に決めるべき5つのこと
  7. 定款の作り方とは?定款は会社のルール集
  8. 電子定款の作成手順を完全解説
  9. オンラインで電子定款を送信してみよう
  10. 紙で行う定款作成・認証方法まとめ
  11. これで完了、登記の手順
無料でダウンロード
無料でダウンロード