住民票を受け取る際はマイナンバーの記載に気をつけよう

document
マイナンバー制度が始まりましたが、実感としてマイナンバーによって何が変わったのかがわからないという人は多いのではないでしょうか。しかし、住民票など、身近なところでマイナンバーの影響は出始めてきています。今回は、住民票とマイナンバーの記載の関係性について紹介します。

ダウンロードページはこちら
マイナンバー対策、大丈夫ですか?

住民票にマイナンバーの記載はされる?

住民票を発行してもらうときに、一般的には書類を書くと思います。書類には現住所や氏名などの個人情報を記載することになりますが、マイナンバー制度の開始以降、ここに、マイナンバーの記載の有無の欄が新たに加わったことはあまり知られていません。なお、原則的に住民票にマイナンバーが記載されることはなく、マイナンバーの記載を希望した場合のみ、住民票にマイナンバーを記載してもらえるケースもあるそうです。

マイナンバーが記載された住民票は本人確認が厳重になる

マイナンバーは「特定個人情報」と呼ばれる、個人情報よりもさらに管理が厳重な情報になります。住民票に記載してもらうときは、身分証を持って行かないと発行してもらえないケースがあるそうです。また、代理人による発行でも、世帯が異なる人が代理人となった場合はそのまま窓口で住民票を受け取るのではなく、依頼人に郵送で住民票が届くようになっています。

住民票にマイナンバーの記載が必要なケースはある?

住民票にマイナンバーの記載が必要なケースはあるのでしょうか。多くの人が生活にマイナンバーの影響が出ていないのと同様に原則としてマイナンバーを住民票に記載するケースは少ないと思われます。マイナンバーの記載が必要だと言われた場合のみ住民票にマイナンバーを記載してもらうようにする必要があります。もし、マイナンバーの記載が必要ない場合にマイナンバーの記載がある住民票を提出しようとした場合、提出そのものを拒否されてしまうケースがあるからです。

まとめ

住民票へマイナンバーを記載するのは任意で選択することが可能ですが、提出の際などはマイナンバーが記載されている住民票だと受け取ってもらえない場合があります。マイナンバーの活用が進んだ場合、住民票を提出する際にマイナンバーの記載の有無を確認する必要が出てくるかもしれません。

関連記事

今さら聞けないマイナンバー制度(番号制度)とは?重要ポイントまとめ

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

マイナンバー制度についてもっと詳しく知るには

すべての国民に番号をつけて、税・社会保障関連の手続きに活用される「マイナンバー制度」。2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。そして、2016年1月にマイナンバー制度が開始します。
制度開始まで間もないですが、どのような制度なのかまだ調べている段階で対策にまで手が回っていない方がほとんどかと思います。
このガイドでは、マイナンバーのスケジュールやその他知っておきたい基本知識など、マイナンバーを理解するのに必要な情報を全てまとめました。
本ページを活用して、マイナンバーをマスターして有効に使いましょう!

ebook_mynumber (new)

目次

  1. 今さら聞けないマイナンバー制度とは?
  2. 制度開始までのスケジュール
  3. 収集時の本人確認の方法
  4. 保管に必要な安全管理措置
  5. マイナンバーを提供していい範囲とは?
  6. 法定調書への記入・提出方法・注意点
  7. マイナンバーによる年末調整の変更点
  8. マイナンバーに関してよくある質問10選
無料でダウンロード
無料でダウンロード