”住民税”に関する、経営ハッカーでシェアの多かった記事まとめ

住民税

住民税とは、地方自治体(都道府県・市区町村)が行政サービスを行うために住民から徴収する税金のことです。

サラリーマンと個人事業主の流れをざっくり紹介すると、こんなかんじ。

<サラリーマンの場合>
  • 1-3月 勤め先の会社から、市区町村役場へ給与支払報告書が送付されます
  • 4-5月 納税額が決定したら、市区町村から会社へ決定通知書・納付書が送付されます
  • 6‐5月 毎月の給与から天引きされていきます
<個人事業主の場合>
  • 1-3月 確定申告を行い、申告書の住民税に関する項目を記入します
  • 4-5月 納税額が決定したら、市区町村から個人宛に決定通知書・納付書が送られます
  • 6‐5月 一括(または年4回)に分けて納付します

なお、住民税の計算方法は全国共通ですが、自治体の権限で税率や均等割額を変えることができるので、住む場所によって金額が多少上下することもあります。

経営ハッカーでこれまで書いた「住民税」関連の記事を、シェア数が多い順にトップ10でご紹介します。

クラウド確定申告ソフト今すぐ使える
法人にピッタリ!会計ソフト

「住民税」関連記事 シェア数トップ10

1位 勘定科目一覧表!勘定科目に関する疑問をすべて解決!
ハッキリ言って長いです。しばしお時間をとって本腰入れてお読みください。シェアも相当にされています。

2位 経理の資格に役立つと経理担当者が一押しする、資格取得ブログ5選
現場の経理担当者がイチオシしてくれました。

3位 個人事業主が開業届を出すメリット
個人が新たに事業を開始したときに、まず税務署に提出する書類が「開業届」です。

4位 マイナンバーで副業がバレる!?バレないために知っておきたい重要事項
気になっているけど、周囲に相談できる人がいないって方、多いのではないでしょうか。

5位 個人事業主が納める税金の種類と税金対策まとめ
細かい領収書をしっかり集めること=節税の第一歩!

6位 個人事業主の節税対策!節税本には載っていないポイントを税理士が解説
税理士さんが、個人事業主の節税対策について解説してくれました。

7位 配偶者控除廃止知っておくべきメリット、デメリットまとめ
配偶者控除が廃止された場合のメリットとデメリットについて、現役税理士さんが語ります。

8位 知らない人も多い法人化のメリットとデメリットまとめ
「法人化するかどうか」を一度は考えたことがある個人事業主さんは多いのでは。

9位 マイナンバーで職歴が会社にバレる!?従業員が導入前に知っておくべき点まとめ
職歴は正しく勤務先に伝えましょう。

10位 現役税理士が個人住民税の計算方法と納付方法をわかりやすく解説
個人住民税の通知は、ある日突然送られてきます。



以上、経営ハッカーでこれまで書いた「住民税」関連の記事を、シェア数が多い順にトップ10でご紹介しました。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

給与計算についてもっと詳しく知るには

複雑な給与計算の仕組みや給与計算のルールがよく分かるガイドを無料配布中です!マイナンバー導入によってどんな対応が必要なのか?様々な税金の計算と仕組みは?これ一冊で給与計算の仕組みが分かります!

ebook_kyuyo_cover-small

目次

  1. 給与計算って?意外と複雑な給与の仕組み
  2. 職業規則や給与規定は、給与計算のルール
  3. 入社手続きに必要なものまとめ
  4. 給与明細を見れば給与計算がわかる
  5. 残業代の計算は、◯倍で考えよう
  6. 労働保険は、年度更新が重要
  7. 社会保険の計算と定時改定
  8. 所得税の計算と源泉徴収の仕組み
  9. 住民税は計算が不要?
  10. 年末調整とは?その流れと必要な作業
  11. 源泉徴収票の構成を理解しよう
  12. マイナンバーにはどんな対応が必要?
無料でダウンロード
無料でダウンロード