同僚が外国人だったら? 英語で説明する日本の社会保険

pixta_17129081_s
少し前までは想像もできないほど、街中で外国人を見かけるようになりました。アジア系で見分けがつかない方を含めれば、私たちの身の回りにはかなりの数の外国人がいるのかもしれません。おもてなしをする対象である一方で、日本で労働者として貢献されている方も増えている昨今、外国人の同僚がいる方も多いのではないでしょうか。

法人にピッタリ!会計ソフト
マイナンバー対策、大丈夫ですか?

社会の国際化、会社のダイバーシティ(多様化)に貢献してくれる一方、郷に入れば郷に従えということで、日本の制度に合わせた働き方が求められ、また雇用者側も平等な扱いをすることが義務づけられています。

外国籍社員の活躍が目覚ましくなれば、労働時間は当然のように社会保険(健康保険・厚生年金)の加入要件に当てはまることになります。加入要件は、同じ仕事を行う正社員の4分の3以上の時間または日数を勤務する従業員となります。社会保険料は、給料額から天引きされます。保険料の金額に日本人と外国人の区別はありません。

日本人社員と同様に給料に応じた保険料を納付することになります。当然ながら雇用保険も加入する必要がありますが、健康保険・厚生年金は、天引き額が雇用保険に比べ大きく、医療等従業員の生活と密着しているため、問題が起こりやすい部分であることから、この2つを取り上げました。

外国籍の社員にとっては日本の社会保険は、自国で海外保険に入っている場合もあり、また将来も日本にいることが想定されないため、できれば支払いたくないものです。健康保険には入りたいが、年金は入りたくないという方もいます。社会保険へ加入させるのが雇用者の義務でありながら、加入したがらない外国籍社員がいる場合、社会保険について説明する必要が生じる場面が出てくるでしょう。

こういった外国籍社員への対応はどのようにしたらよいでしょうか。今回は、英語がわかる社員向けの説明をご紹介します。まずは、健康保険(Health Insurance) の説明です。

加入義務の要件を説明

同じ仕事を行う正社員の4分の3以上の時間または日数の勤務する従業員
Employee who works at least three four of the hours or days worked by a full-time employee in the same job.

会社はあなたを加入させる義務があります
Company must enroll you.

健康保険加入のメリットの説明

健康保険は医師の診察費や処方された薬代等医療費の7割を負担してくれます
The health insurance covers 70% of medical costs includes treatments and prescribed medicines for you.

健康保険はあなたの家族の医療も負担してくれます
The health insurance also covers your families’ medical care.

出産や産休、死亡の際に給付金がもらえます
There are benefits for childbirth, maternity leave and death.

厚生年金(Employees’ Pension)の説明

厚生年金に加入せずに健康保険だけに加入することはできません
It is not impossible to enroll the health insurance without pension.

厚生年金には障害者年金や遺族年金の給付もあります
Disability pension and survivor’s pension are also provided.

厚生年金に加入して受け取れないことが明らかな場合、脱退一時金(Lump-sum withdrawal payment)の請求ができます。

日本にいる間に6カ月以上年金に加入していた外国人は、帰国後2年以内に請求すれば、脱退一時金を受け取ることができます
Foreign employee who paid for six months or more of pension can receive a lump-sum withdrawal refund which should apply within two years after leaving Japan.

外国人が日本で働く目的はそれぞれです。自国より賃金が高い、経験を積みたい、日本語を学びたい、アニメや漫画を楽しむために長期滞在する一つの方法として、または他の国へ行くための足掛かり等将来的な保証や生活の安定を求めての就職ではなく、短期的・一時的な就労であり、滞在資格や経験を得られるからこそ、割安な賃金や厳しい仕事を受け入れている場合があります。帰る場所があるからこそ、不満があれば、簡単にやめてしまう場合もあります。外国人の場合、帰国してしまうと、やり取りが難しくなり責任の追及も困難になることから、信頼関係を損なうことで横領や不正を誘発する可能性も否定できません。

雇用者や担当者は、特に契約の段階で、会社が加入義務を負っていること、加入することでメリットがあることを説明するようにしましょう。仕事に対する目的も立場も異なる外国人には、日本人が当然に社会保険料を支払っているという理由、また以心伝心的感覚は通用しません。きちんと説明することから、外国籍社員が活躍できる職場環境を作っていきましょう。

取得申請の際は、在留カードとパスポートの確認(取得届の備考に記入する)を忘れないようにしましょう。またカタカナで管理されますので、カタカナの氏名に問題がないかどうか本人にも確認しましょう。退職時には保険証を返却する旨もきちんと説明しておきましょう。他者への貸与や退職後の使用等トラブルを未然に防止しましょう。

外国の企業から日本に派遣され、出身国と日本の間に社会保障協定がある場合は手続きが異なります。そういったケースに該当する場合は、年金事務所へ問い合わせましょう。

外国人の雇用は、社会保険のみならず、仕事の内容が就労資格の範囲内であるか、在留期間が過ぎていないかの確認、ハローワークへの「外国人雇用状況届出書」提出等が必要ですので、担当者は手続きのフローを確認しましょう。

日本人より根性がある、素直で純粋なところがある、思いもよらない取引先がついた、海外進出への窓口が出来た等外国籍社員の評価はさまざまです。いろいろな面倒な部分もありますが、そういったハードルを乗り越えて有能な人材を獲得することが少子高齢化の日本でやっていくために必要なのかもしれません。

*経営ハッカーでは書き手を募集しています。

社会保険についてもっと詳しく知るには

社会保険の手続は複雑で難しいですが、本ガイドは「そもそも社会保険とは?」という基本から、社会保険に加入すべき事業所や加入する際の手続きを、前提知識が無くても分かるように解説しました。 さらに、社会保険の 3 大イベントのうち、「定時決定」と「労働保険の年度更新」という 2 つもこのガイドで解説しています。

ebook_socialinsurance

目次

  1. そもそも社会保険とは
  2. 健康保険・厚生年金保険とは
  3. 健康保険・厚生年金保険の加入手続き
  4. 標準報酬月額の見直し(算定基礎届けの提出)
  5. 賞与を支給した場合の手続き
  6. 年齢に応じて発生する社会保険の手続
  7. 労災保険・雇用保険とは
  8. 労災保険・雇用保険の加入の手続き
  9. 労働保険の年度更新
  10. 年齢に応じて発生する労働保険の手続き
無料でダウンロード
無料でダウンロード