雇用保険の被保険者番号とは

Employment - handwritten text in a notebook on a desk - 3d render illustration.

雇用保険の被保険者番号とはどんなもので、どこで確認できるのでしょう。そして、何のために必要なのでしょう?

企業に就職すると、人事の担当者から「雇用保険被保険者番号」を教えてください。と言われます。やたら長い名前ですが、雇用保険の被保険者番号について、詳しく解説します。

1)雇用保険とは?

雇用保険は失業中の生活を心配しないで新しい仕事を探し、1日も早く再就職できるようにとの考えで作られた制度です。失業中に受ける基本手当を、一般に失業保険と呼ぶことが多いです。その他にも、就職促進や安定した仕事に就くための教育訓練なども、ハローワークを通して受けることが出来ます。

雇用保険の趣旨に沿うため、企業は一人でも人を雇えば、雇用保険の対象事業所となります。雇用保険には企業を表す「事業所番号」と、従業員個人を表す「被保険者番号」が有ります。

2)雇用保険の被保険者番号とは

企業に就職すると、雇用保険の被保険者となります。勤務期間など一定の条件を満たすと、先に述べた失業給付や教育訓練を受けることができるようになります。

雇用保険の被保険者番号は、雇用保険の資格を持つ個人個人の番号です。最初に就職した会社が、ハローワークに被保険者資格取得届を提出し、「雇用保険被保険者証」が発行されます。その雇用保険被保険者証に、一人一人の被保険者番号が付与されます。この「雇用保険被保険者番号」は、一生使う番号です。雇用保険被保険者証が交付されたら、無くさないように慎重に保管します。

3)どんな時に必要になる?

普通に仕事をしている時、雇用保険被保険者番号は必要ありません。どんな時に必要になるのかと言えば、個人では、会社を辞めた時です。

・ハローワークに求職登録をする時 ・失業給付を申請するとき ・教育訓練を受けようとするとき

などに必要になります。

その他、高年齢雇用継続給付の申請や、育児や介護での休業給付の手続きなどでも必要になりますが、普通の企業でしたら、会社が書類関係を作ってくれますので、そこに被保険者番号が記載されます。

4)被保険者番号が分からなかったら?

転職すると、新しい会社から被保険者証の提出を求められます。これは、雇用保険の被保険者番号が、(会社が変わっても個人は変わらないので、)一生使う番号だからです。しかし、被保険者証を紛失してしまって、被保険者番号が分からない時はどうすればいいでしょうか。心配しなくても大丈夫です。方法はいくつかあります。

・以前勤めていた会社に問い合わせる。 ・離職票等ハローワークから貰った書類の控えを見る。      以上のような方法で番号が分かれば、ハローワークで新しい会社での資格取得の手続き時に発行してくれます。最悪これらの方法でも被保険者番号が分からなかった場合は、あなたの氏名、生年月日、最初に就職した会社名、などでハローワークが検索します。ほぼ、100%の確率であなたの被保険者番号が呼び出されてきます。

5)まとめ

雇用保険の被保険者番号は、一人の人にひとつ付与される番号です。。不正受給を阻止するほかに、短期間で職を変わる人にも通算で失業給付や火曜幾訓練の資格を与え、より安定した職業に就くことも目的とされています。就職先から渡される「雇用保険被保険者証」は、年金手帳等と一緒に大切の保管してください。

平成28年にマイナンバー制度が導入されました。マイナンバーは、税と社会保障に活用する目的で導入されましたので、いずれはこの被保険者番号もマイナンバーに統合されていくのではないでしょうか。

人事労務freee