2013-02-07から1日間の記事一覧

ガソリン代などを支払ったときの勘定科目とは | 車両費、車両関係費

<目次> ・車両費とは ・車両費勘定を設定する目的とは ・車両費の具体例とその他の類似科目 ・車両費勘定の決算等における注意点とは ・車両費勘定の仕分例 ・ガソリン代を勘定する際の3つのパターン ・一度決めた勘定科目は変更してはならない ・意外!…

電話代などを支払ったときの勘定科目とは | 通信費

電話代などを支払ったときは「通信費」になる 固定電話や携帯電話、切手代などの支払いは、通信費になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある通信費一覧 固定電話 携帯電話 インターネット通信料 切手代 など

広告やパンフレットなどを支払ったときの勘定科目とは | 広告宣伝費

広告やパンフレットを支払ったときは「広告宣伝費」になる 広告やパンフレットの支払いは、広告宣伝費になります。 (年賀状などでPRする場合も含まれます。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある広告宣伝費一覧 広告・PR費用 販促品 …

接待費などを支払ったときの勘定科目とは | 交際費

接待費を支払ったときは「交際費」になる 接待の飲食代やお中元・お歳暮などの支払いは、交際費になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある接待交際費一覧 接待(飲食代、タクシー代など) ゴルフ代 お中元・お歳暮 お祝い お香典 な…

会議にかかる費用を支払ったときの勘定科目とは | 会議費

会議にかかる費用を支払ったときは「会議費」になる 会議用のお茶・お菓子、会議室の使用料などの支払いは、会議費になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある会議費一覧 お茶 お菓子 お弁当 会議室使用料 会議室の備品使用料 会議の…

生命保険や自動車保険を支払ったときの勘定科目とは | 保険料、支払保険料、損害保険料

生命保険や自動車保険を支払ったときは「保険料、支払保険料、損害保険料」になる 生命保険や自動車保険の支払いは、保険料、支払保険料、損害保険料になります。 契約の仕方(契約者や被保険者、受取人)によっては、給与として扱う場合もあります。 (生命…

修理費や点検費を支払ったときの勘定科目とは | 修繕費

修理費や点検費を支払ったときは「修繕費」になる 修理費用や点検費用の支払いは、修繕費になります。 (修理後、価値が上がった場合には、備品や建物などで処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある修繕費一覧 修理費 点検費 整…

事務用品や日用雑貨を支払ったときの勘定科目とは | 消耗品費

事務用品や日用雑貨を支払ったときは「消耗品費」になる 事務用品や日用雑貨などの支払いは、消耗品費になります。 (購入金額が10万円以上の場合は、工具器具備品などで処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある消耗品費一覧 事…

社内で使用する事務用品を支払ったときの勘定科目とは | 事務用品費

社内で使用する事務用品を支払ったときは「事務用品費」になる 文房具やコピー用紙などの支払いは、事務用品費になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある事務用品費一覧 筆記用具 コピー用紙 ノート カッター・はさみ ファイル ノー…

レクリエーションや健康診断費用を支払ったときの勘定科目とは | 福利厚生費

レクリエーションや健康診断費用を支払ったときは「福利厚生費」になる レクリエーションや健康診断費用、慶弔費の支払いは、福利厚生費になります。 (慶弔費は社内の場合で、社外の場合は交際費で処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです…

事務所家賃を支払ったときの勘定科目とは | 地代家賃

事務所家賃を支払ったときは「地代家賃」になる 事務所家賃や月ぎめ駐車場などの支払いは、地代家賃になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある地代家賃一覧 事務所家賃 店舗家賃 社宅家賃 共益費 月極駐車場 など

手数料を支払ったときの勘定科目とは | 支払手数料

手数料を支払ったときは「支払手数料」になる 振込手数料、引っ越し代、コンサルティング料など外部のサービスなどの支払いは、支払手数料になります。 (振込手数料は雑費で処理をする場合もあります。) 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よく…

新聞や本代を支払ったときの勘定科目とは | 新聞図書費

新聞や本代を支払ったときは「新聞図書費」になる 新聞や本、雑誌などの支払いは、新聞図書費になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある新聞図書費一覧 新聞 本 雑誌 定期購読費用 など

会費を支払ったときの勘定科目とは | 諸会費

会費を支払ったときは「諸会費」になる 会費や年会費などの支払いは、諸会費になります。 (飲食代を含む会費は、交際費や会議費で処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある諸会費一覧 会の参加費 年会費 など

寄附を支払ったときの勘定科目とは | 寄附金

寄附を支払ったときは「寄附金」になる 寄附の支払いは、寄附金になります。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

振込手数料を支払ったときの勘定科目とは | 雑費

振込手数料を支払ったときは「雑費」になる 振込手数料や少額の経費の支払いは、雑費になります。 他の勘定科目に該当しない場合や、少額で勘定科目を設ける必要がない場合に使用します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

レンタル料を支払ったときの勘定科目とは | 賃借料

レンタル料金を支払ったときは「賃借料」になる 自動車などリース料の支払いは、賃借料になります。 (土地や建物は地代家賃、機械のレンタルはリース料で処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある賃借料一覧 レンタカー 会議室…

借入利息を支払ったときの勘定科目とは | 支払利息

借入利息を支払ったときは「支払利息」になる 借入金の利息の支払いは、支払利息になります。 (借入の元本部分は短期借入金、長期借入金で処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

機械のレンタル料を支払ったときの勘定科目とは | リース料

機械のレンタル料を支払ったときは「リース料」になる 機械のレンタル料の支払いは、リース料になります。 (土地や建物は地代家賃、備品やレンタカーは賃借料で処理します。) 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

外注業者に支払ったときの勘定科目とは | 外注費

外注業者に支払ったときは「外注費」になる <目次> 1)外注費ってそもそもなに? 2)外注費以外の呼び方はあるのか 3)外注費を活用することのメリットについて 4)外注費が認められる範囲とその注意点とは 1)外注費ってそもそもなに? 「外注」とは…