2013-02-08から1日間の記事一覧

生命保険料を支払ったときの勘定科目は?

生命保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料」になる 役員や従業員などの生命保険料の支払いは、保険料、支払保険料になります。 保険契約の内容によっては、給与や保険積立金などで処理する場合もあります。

傷害保険料を支払ったときの勘定科目は?

傷害保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料、損害保険料」になる 従業員のケガなどに備える傷害保険料の支払いは、保険料、支払保険料、損害保険料になります。

自動車保険料を支払ったときの勘定科目は?

自動車保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料、損害保険料」になる 社用車などの自動車保険料の支払いは、保険料、支払保険料、損害保険料になります。

会場使用料を支払ったときの勘定科目は?

会場使用料を支払ったときは「会議費」になる 会議のため、会議室などの使用料は会議費となります。

会議備品使用料を支払ったときの勘定科目は?

会議備品使用料を支払ったときは「会議費」になる 会議で使う備品の使用料を支払った場合、会議費となります。 プロジェクターや机、いすなどを購入した場合は、消耗品費や備品などで処理します。

会議準備費を支払ったときの勘定科目は?

会議準備費を支払ったときは「会議費」になる 会議室使用料や備品代など会議準備にかかる支払いは、会議費になります。 会議準備費には、会議中の弁当代やお茶代なども含まれます。

菓子を支払ったときの勘定科目は?

菓子代を支払ったときは「会議費」になる 会議用などの菓子代を支払った場合は会議費で処理します。

お茶を支払ったときの勘定科目は?

お茶代などを支払ったときは「会議費」になる 会議などのためのお茶代は会議費となります。

贈答品を支払ったときの勘定科目は?

贈答品を支払ったときは「交際費」になる 取引先などへの贈答品などの支払いは、交際費になります。 ただし、カレンダーや手帳など、販促として渡す場合には、広告宣伝費で処理します。

手土産を支払ったときの勘定科目は?

手土産代などを支払ったときは「交際費」になる 取引先などへの手土産の支払いは、交際費になります。 ただし、取引先等に訪問する場合の手土産のうち、 商談や訪問の際の茶菓子のものなら交際費に該当しないとされています。 この場合は、会議費で処理をし…

香典を支払ったときの勘定科目は?

香典を支払ったときは「交際費」になる 取引先などへの香典の支払いは、交際費になります。 領収証がもらえないため、社内のフォームに記載して管理するようにしましょう。 消費税の課税区分は「不課税」です。 支払先によって勘定科目が変わります。 親族な…

お土産を支払ったときの勘定科目は?

お土産を支払ったときは「交際費」になる 取引先などへのお土産の支払いは、交際費になります。 お土産代は「贈答」に該当しますので、交際費となります。 ただし、少額なお土産であれば、お茶菓子代として会議費とすることもあります。

お中元を支払ったときの勘定科目は?

お中元を支払ったときは「交際費」になる お盆ごろ、取引先などへ送るお中元の支払いは、交際費になります。 ただし、カレンダー、手帳、手ぬぐいなどを贈与するために通常要する費用や 不特定多数の者に対する宣伝的効果を意図した費用は、 交際費等には含…

お車代を支払ったときの勘定科目は?

接待時のお車代を支払ったときは「交際費」になる 接待時などのお車代の支払いは、交際費になります。 お車代の場合、領収証などもなく、経理処理に戸惑うこともあります。 領収証がもらえないため、社内のフォームに記載して管理するようにしましょう。 相…

お歳暮を支払ったときの勘定科目は?

お歳暮を支払ったときは「交際費」になる 年末、取引先などへ送るお歳暮の支払いは、交際費になります。 ただし、カレンダー、手帳、手ぬぐいなどを贈与するために通常要する費用や 不特定多数の者に対する宣伝的効果を意図した費用は、 交際費等には含まれ…

販促品を支払ったときの勘定科目は?

販促品を支払ったときは「広告宣伝費」になる ノベルティなど販促品の支払いは、広告宣伝費になります。 販促品の金額が、社会通念上の範囲内であれば広告宣伝費で構いませんが、 高額になる場合(高価な家電、テーマパークのチケットなど)には交際費で処理…

調査費を支払ったときの勘定科目は?

調査費を支払ったときは「広告宣伝費」になる マーケット調査などの調査費を支払った場合は広告宣伝費で処理します。 調査費とは、商品・製品の販売状況や消費者の使用状況などのマーケティングをするものです。 外部に委託するなど、費用が高額になる場合は…

配送料を支払ったときの勘定科目は?

配送料を支払ったときは「荷造運賃、荷造運送費、荷造発送費」になる 商品や荷物の配送料の支払いは、荷造運賃、荷造運送費、荷造発送費になります。 段ボールや小包などは荷造運賃、荷造運送費、荷造発送費で処理し、 郵便局で書類などを封筒で送る場合には…

電話代を支払ったときの勘定科目は?

電話代を支払ったときは「通信費」になる 電話代の支払いは、通信費になります。 事務所の電話代の他にも、FAX、携帯電話やテレホンカードなども含まれます。

プロバイダーを支払ったときの勘定科目は?

プロバイダ料金を支払ったときは「通信費」になる プロバイダの入会金や接続料を支払った場合には、通信費で処理します。

インターネット関連費を支払ったときの勘定科目は?

インターネット関連費を支払ったときは「通信費」になる インターネット関連費には、プロバイダ入会金や接続料などがあります。

freee利用料を支払ったときの勘定科目は?

freee利用料を支払ったときは「通信費」になる freee利用料の支払いは、データのやり取りの意味合いが強いため、通信費になります。 ただし、freee利用料以外にも、WEB上でシステムを利用する手数料などは支払手数料で処理する場合もあります。 また、少額の…

タイヤ交換代を支払ったときの勘定科目は?

タイヤ交換代を支払ったときは「車両費、車両関係費」になる 社用車などタイヤ交換の支払いは、車両費、車両関係費になります。 車両費がない場合は、修繕費で処理します。

オイル交換代を支払ったときの勘定科目は?

オイル交換代などを支払ったときは「車両費、車両関係費」になる 社用車などのオイル交換代の支払いは、車両費、車両関係費になります。 車両費がない場合は、修繕費などで処理することもあります。

飛行機代を支払ったときの勘定科目は?

飛行機代を支払ったときは「旅費交通費」になる 出張など飛行機代の支払いは、旅費交通費になります。 飛行機代は金額が大きいため、頻繁に利用する場合などは個人で予約するのではなく、 会社でまとめて予約するなど、なるべく個人に負担をかけないようなル…

電車代を支払ったときの勘定科目は?

電車代を支払ったときは「旅費交通費」になる 業務で電車を利用した場合などの支払いは、旅費交通費になります。 電車代は、少額で頻度が高いため、旅費精算規定などであらかじめルールを決めておきましょう。 一定の金額や距離までは領収証を不要にするなど…

宿泊費を支払ったときの勘定科目は?

宿泊費を支払ったときは「旅費交通費」になる 出張時のホテル代など宿泊費の支払いは、旅費交通費になります。 宿泊費などの精算ルールとして、 実費精算 定額精算 などがあります。 いずれの場合も、上限金額や食事代をどうするかなど、ルールをあらかじめ…

査証代を支払ったときの勘定科目は?

査証代(ビザ)を支払ったときは「旅費交通費」になる 海外出張などのためビザを取得するための査証代の支払いは、旅費交通費になります。

高速・有料道路料金を支払ったときの勘定科目は?

高速・有料道路料金を支払ったときは「旅費交通費」になる 社用車などで高速や有料道路を利用した場合の通行料の支払いは、旅費交通費になります。 高速や有料道路の料金は、少額で、ETCを利用すると領収証が発行されません。 精算方法を簡素化する方法とし…

レンタカーを支払ったときの勘定科目は?

レンタカー代を支払ったときは「旅費交通費」になる レンタカー代の支払いは、旅費交通費になります。 車を利用する頻度が低い場合や、社用車が足りない場合、 また、出張先で必要な場合など、有効に活用することができます。 レンタカーの使用頻度が高くな…

バス代を支払ったときの勘定科目は?

バス代を支払ったときは「旅費交通費」になる 路線バスや高速バスの支払いは、旅費交通費になります。 近距離の路線バスの場合、少額で、領収証を発行してもらうのは不便です。 そのため、旅費精算規定などで、一定の金額や距離、地域までの場合は領収証は不…

タクシー代を支払ったときの勘定科目は?

タクシー代を支払ったときは「旅費交通費」になる タクシー代の支払いは、旅費交通費になります。 ただし、接待時のお車代などでタクシー代を支払う場合は「接待交際費」で処理します。

コインパーキングを支払ったときの勘定科目は?

コインパーキング代などを支払ったときは「旅費交通費」になる 得意先などへの訪問時のコインパーキング代の支払いは、旅費交通費になります。 コインパーキング代は、少額で頻繁に発生するため、精算が面倒になりがちです。 よく使うコインパーキングのカー…

ETCを支払ったときの勘定科目は?

ETC料金を支払ったときは「旅費交通費」になる 高速道路の通行料、ETC料金の支払いは、旅費交通費になります。 クレジットカード払いのため、経費の精算方法をあらかじめ決めておくことが望ましいです。 運行管理表で部門や担当者を把握する カードごとに担…

電気料金を支払ったときの勘定科目は? | 水道光熱費

電気料金を支払ったときは「水道光熱費」になる 事務所や社宅などの電気料金の支払いは、水道光熱費になります。 電気代等を共益費として一括して支払っている場合などには、地代家賃勘定で処理をする場合もあります。

水道料金を支払ったときの勘定科目は?

水道料金を支払ったときは「水道光熱費」になる 事務所や社宅などの水道料金の支払いは、水道光熱費になります。 水道代等を共益費として一括して支払っている場合などには、地代家賃勘定で処理をする場合もあります。

ガス料金を支払ったときの勘定科目は?

ガス料金を支払ったときは「水道光熱費」になる ガス料金の支払いは、水道光熱費になります。 ガス代等を共益費として一括して支払っている場合などには、地代家賃勘定で処理をする場合もあります。

利子税を支払ったときの勘定科目は?

申告が延期した場合の利子税を支払ったときは「租税公課」になる 利子税は、延納や納税申告書の提出期限の延期が認められる場合に課税されます。 遅延利息とは性質か異なります。 延納とは,所得税、法人税、相続税、贈与税について、 納税者に納税資金調達…

不動産取得税を支払ったときの勘定科目は?

不動産を取得した後、不動産取得税を支払ったときは「租税公課」になる 不動産取得税は、不動産を新築、購入した場合に都道府県から課される税金です。 不動産を新築、購入した後、約6か月程度経過すると納付書が届きます。 不動産取得税は、勘定科目で「租…

入湯税を支払ったときの勘定科目は?

温泉の入湯税を支払ったときは「租税公課」になる 入湯税とは、温泉の入湯客に課される市町村税です。 宿泊、日帰りを問わず、温泉を利用すれと課税されます。 入湯客1人1日につき、標準で150円程度を温浴施設が市町村に代わって徴収し、 自治体に納めるよう…

登録免許税を支払ったときの勘定科目は?

登録免許税を支払ったときは「租税公課」になる 登録免許税を支払ったときは、租税公課で処理します。 登録免許税とは、登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税です。 よくある登録免許税の項目一覧 商業登記 不…

住民票を支払ったときの勘定科目は?

住民票を支払ったときは「租税公課」になる 住民票を支払ったときは、租税公課で処理します。 住民票とは、各市区町村で作成される氏名や住所などを記録した帳票(住民票)をいいます。 単に「住民票」と呼ばれることが多いですが、正確には「住民票の写し」…

収入印紙を支払ったときの勘定科目は?

収入印紙や登記印紙を支払ったときは「租税公課」になる 収入印紙や登記印紙の支払いは、租税公課になります。 収入印紙とは、印紙税という税金です。 印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた契約書や領収証などの課税文書と呼ばれるものです。 印紙…

自動車税を支払ったときの勘定科目は?

自動車税を支払ったときは「租税公課」になる 自動車税を支払ったときは、租税公課で処理します。 自動車税は、都道府県が登録された自動車に対し、所有者に課される税金です。

事業税を支払ったときの勘定科目は?

事業税を支払ったときは「租税公課」になる 事業税は、都道府県が事業を行うものの所得金額又は収入金額等に対して課税されるものです。 また、資本金の額又は出資金の額が1億円を超える普通法人に対しては、 原則として、外形標準課税制度が適用されます。

娯楽施設利用税を支払ったときの勘定科目は?

娯楽施設利用税(ゴルフ場利用税)を支払ったときは「租税公課」になる 娯楽施設利用税(ごらくしせつりようぜい)は、かつて、娯楽施設の利用に対し課されていた地方税です。 1989年の消費税導入を契機に、ゴルフ場以外の施設については税率も低く、 また、…

固定資産税を支払ったときの勘定科目は?

固定資産税を支払ったときは「租税公課」になる 土地や建物、償却資産にかかる固定資産税の支払いは、租税公課になります。 固定資産税は、土地や建物、償却資産のある市町村に納めます。 納付義務があるのは、1月1日時点で所有している人(または法人)とな…

関税を支払ったときの勘定科目は?

輸入品にかかる関税は「租税公課」になる 輸入品にかかる関税は「租税公課」で処理します。 関税は輸入品に対して通関時にかかる税金です。 関税には、輸入する商品の金額に対して課税されるもの、 輸入する数量に対して課税されるもの、 両方に対して課税さ…

過怠税を支払ったときの勘定科目は?

印紙が必要な書類に貼らなかった場合は「租税公課」になる 過怠税を支払った場合の勘定科目は「租税公課」です。 過怠税とは、契約書などの印紙が必要な文書に、 収入印紙を正しく貼らなかった場合に課せられます。 課せられる金額は、貼るべき印紙代の3倍で…