2013-03-03から1日間の記事一覧

決算時に、納付すべき法人税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき法人税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき法人税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税…

決算時に、納付すべき住民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき住民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき住民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

決算時に、納付すべき市民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき市民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき市民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

仮受消費税 | 売上時などに消費税を受け取ったときの勘定科目とは

売上時などに消費税を受け取ったときの勘定科目は「仮受消費税」になる 税抜処理方式を採用している場合、売上時などに消費税を受け取ったときは仮受消費税で処理します。 なお、税込処理方式を採用している場合には使用しません。

仮払消費税 | 仕入時などに消費税を支払ったときの勘定科目とは

仕入時などに消費税を支払ったときの勘定科目は「仮払消費税」になる 税抜処理方式を採用している場合、仕入時などに消費税を支払ったときは仮払消費税で処理します。 なお、税込処理方式を採用している場合には使用しません。

法人税、住民税及び事業税 | 決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき税金が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 なお、法人税、住民税及び事業税を総称した勘定科目である法人税等を使用する場…

未払法人税等 | 決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合の勘定科目は「未払法人税等」になる 決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合は未払法人税等で処理します。 なお、法人税の還付を受けることになるときには、未収法人税等を使用して処理を…

未払消費税等 | 決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目は「未払消費税等」になる 決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合は未払消費税等で処理します。 決算において、税抜方式を採用している場合、仮受消費税の金額の方が仮払消費税…

PASMOなどの電子マネーをチャージしたときの勘定科目は?

PASMOなどの勘定科目は「前払費用」になる PASMOなどの電子マネーをチャージしたときは前払費用で処理します。 少額の場合は、経費の勘定科目で処理しても構わないとされています。 また、電子マネーで支払った場合には、該当する勘定科目に振り替えます。

Suicaなどの電子マネーをチャージしたときの勘定科目は?

Suicaなどの勘定科目は「前払費用」になる Suicaなどの電子マネーをチャージしたときは前払費用で処理します。 少額の場合は、経費の勘定科目で処理しても構わないとされています。 また、電子マネーで支払った場合には、該当する勘定科目に振り替えます。

電子マネーをチャージしたときの勘定科目は?

電子マネーをチャージしたときの勘定科目は「前払費用」になる 電子マネーをチャージしたときは前払費用で処理します。 少額の場合は、経費の勘定科目で処理しても構わないとされています。 また、電子マネーで支払った場合には、該当する勘定科目に振り替え…

未払費用 | 当期にサービスなどを受けたが、まだ料金を支払っていない場合の勘定科目とは

当期にサービスなどを受けたが、まだ料金を支払っていない場合の勘定科目は「未払費用」になる すでにサービスなどを受けたが、まだ料金を支払っていない場合は未払費用で処理します。 よくある未払費用一覧 給料・賃金の未払額で支払期日未到来のもの 家賃…

未収収益 | 当期にサービスなどを提供しているが、まだ料金を受け取っていない場合の勘定科目とは

当期にサービスなどを提供しているが、まだ料金を受け取っていない場合の勘定科目は「未収収益」になる すでにサービスなどを提供しているが、まだ料金を受け取っていない場合は未収収益で処理します。 よくある未収収益一覧 貸付金利息の未収額 家賃・地代…

前受収益 | 料金を受け取っているが、当期にサービスなどをまだ提供していない場合の勘定科目とは

料金を受け取っているが、当期にサービスなどをまだ提供していない場合の勘定科目は「前受収益」になる すでに料金を受け取っているが、当期にサービスなどをまだ提供していない場合は前受収益で処理します。 よくある前受収益一覧 未経過の受取利息 未経過…

長期前払費用 | 決算期の翌日から1年を超えて費用化される前払費用の勘定科目とは

決算期の翌日から1年を超えて費用化される前払費用の勘定科目は「長期前払費用」になる すでに料金を支払っているが、当期にサービスなどをまだ受けていない前払費用のうち、 決算期の翌日から1年を超えて費用化されるものは長期前払費用で処理します。 よ…

前払費用 | 支払っているが、当期にサービスなどをまだ受けていない場合の勘定科目とは

支払っているが、当期にサービスなどをまだ受けていない場合の勘定科目は「前払費用」になる すでに料金を支払っているが、当期にサービスなどをまだ受けていない場合は前払費用で処理します。 よくある前払費用一覧 前払いの生命保険料、損害保険料、火災保…

貸倒引当金 | 売掛金など、将来の債権回収不能に備える勘定科目とは

将来の債権回収不能に備える勘定科目は「貸倒引当金」になる 売掛金など、将来の債権回収不能に備える場合は、貸倒引当金で処理します。 決算期末(決算日)に、受取手形、売掛金、貸付金などの将来の金銭債権の貸倒れに備え、 来期以降における債権回収不能…

貸倒引当金戻入益 | 当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より小さい場合の勘定科目とは

当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より小さい場合の勘定科目は「貸倒引当金戻入益」になる 当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より小さい場合は貸倒引当金戻入益で処理します。 決算時の貸倒引当金の設定の際、前期に設定した貸倒引当金が残っている場合…

貸倒引当金繰入額 | 当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合の勘定科目とは

当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合の勘定科目は「貸倒引当金繰入額」になる 当期に設定すべき貸倒引当金が前期末より大きい場合は貸倒引当金繰入額で処理します。 決算時の貸倒引当金の設定の際、前期に設定した貸倒引当金が残っている場合…

貸倒損失 | 当期の売掛金が回収不能になったときの勘定科目とは

当期の売掛金が回収不能になったときの勘定科目は「貸倒損失」になる 当期の売掛金などの債権が回収不能になったときは貸倒損失で処理します。 ただし、債権が回収できないからといって、どのような場合でも貸倒損失に計上できるわけではありません。 法人税…

開業費償却 | 営業開始までに支払った開業費を費用化する勘定科目とは

開業費を費用化する勘定科目は「開業費償却」になる 営業開始までに支払った開業費を費用化するときは開業費償却で処理します。 この場合には、開業(営業開始)のときから5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却をしなければなりません。…

創立費償却 | 会社の設立登記までに支払った創立費を費用化する勘定科目とは

創立費を費用化する勘定科目は「創立費償却」になる 会社の設立登記までに支払った創立費を費用化するときは創立費償却で処理します。 この場合には、会社の設立のときから5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却をしなければなりません。…

減価償却累計額 | 減価償却費を固定資産から直接控除しないための勘定科目とは

減価償却費を固定資産から直接控除しないための勘定科目は「減価償却累計額」になる 減価償却費を固定資産から直接控除しないときは減価償却累計額で処理します。 減価償却費を直接固定資産から控除する方法は直接法と呼ばれ、 減価償却費を累積させて表示(…

減価償却費 | 固定資産などを費用化する勘定科目とは

固定資産などを費用化する勘定科目は「減価償却費」になる 建物や車両運搬具などの固定資産を費用化するときは減価償却費で処理します。 固定資産(正確には償却資産)の取得価額を耐用年数に応じて費用化する会計処理です。 減価償却費とは、その各期間に計…

商品券を支払ったときの勘定科目は?

[目次] ・商品券とは ・商品券の勘定科目の仕分けについて ・商品券を発行した場合の会計処理について ・商品券とは 商品券とは、お金そのものではなく、正確には将来的に一定の商品を引き渡すことを約束した書面とも言えるでしょう。 最近では、百貨店や…

貯蔵品 | 未使用の切手などの勘定科目とは

未使用の切手などの勘定科目は「貯蔵品」になる 決算時に、未使用の切手などがあるときは貯蔵品で処理します。 少額の場合は、経費の勘定科目で処理しても構わないとされています。

商品 | 販売することを目的として、外部の取引先から仕入れた物の勘定科目とは

販売することを目的として、外部の取引先から仕入れた物の勘定科目は「商品」になる 販売することを目的として、外部の取引先から仕入れた物ときは商品で処理します。 分記法(商品勘定分記法)で、商品の売買取引を仕訳するのに、商品勘定を用います。

期末商品棚卸高 | 来期に繰り越す在庫商品の勘定科目とは

在庫商品を来期へ繰り越すときの勘定科目は「期末商品棚卸高」になる 在庫商品を来期へ繰り越すときは期末商品棚卸高で処理します。 期末商品棚卸高は、期首商品棚卸高とともに、3分法による記帳を前提とした場合に 売上原価の算出のために必要となる決算整…

期首商品棚卸高 | 前期から繰り越された在庫商品の勘定科目とは

在庫商品を前期から繰り越したときの勘定科目は「期首商品棚卸高」になる 在庫商品を前期から繰り越したときは期首商品棚卸高で処理します。 期首商品棚卸高は、期末商品棚卸高とともに、3分法による記帳を前提とした場合に 売上原価の算出のために必要とな…

家事消費等 | 個人事業主が商品を自分で使った場合の勘定科目とは

個人事業主が商品を自分で使ったときの勘定科目は「家事消費等」になる 個人事業主が商品を自分で使用したときの金額は家事消費等で処理します。 他にも、自宅兼事務所で水道光熱費などの自宅分を家事消費で処理します。

税金に関する勘定科目一覧

税金に関する勘定科目一覧 税金に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある税金に関する勘定科目一覧 未払消費税等 未払法人税等 法人税、住民税及び事業税 仮払消費税 仮受消費税 など

経過勘定項目に関する勘定科目一覧

経過勘定項目に関する勘定科目一覧 経過勘定項目に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある経過勘定項目に関する勘定科目一覧 前払費用 長期前払費用 前受収益 未収収益 未払費用 など

貸倒に関する勘定科目一覧

貸倒に関する勘定科目一覧 貸倒に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある貸倒に関する勘定科目一覧 貸倒損失 貸倒引当金繰入額 貸倒引当金戻入益 貸倒引当金 など

減価償却に関する勘定科目一覧

減価償却に関する勘定科目一覧 減価償却に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある減価償却に関する勘定科目一覧 減価償却費 減価償却累計額 創立費償却 開業費償却 など

売上原価・棚卸に関する勘定科目一覧

売上原価・棚卸に関する勘定科目一覧 売上原価や棚卸に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある資本金や雑収入に関する勘定科目一覧 家事消費等 期首商品棚卸高 期末商品棚卸高 商品 貯蔵品 など

元入金 | 個人事業主が事業開始時にお金を払込んだときの勘定科目とは

個人事業主が事業開始時にお金を払込んだときの勘定科目は「元入金」になる 個人事業主が事業開始時にお金を払込んだときの金額は元入金で処理します。 元入金は、会社の資本金と異なり、毎年その金額が変わることに注意が必要です。 次年度の元入金=今年度…

資本金 | 会社設立時や増資時にお金を払込んだときの勘定科目とは

会社設立時や増資時にお金を払込んだときの勘定科目は「資本金」になる 株主(出資者)による会社設立時や増資時の資金を払込んだ(出資)ときの金額のうち、 会社法で定められた法定資本の額は資本金で処理します。 出資するものは現金だけではなく、 パソ…

雑損失 | 臨時的に損失が発生したときに使う勘定科目とは

営業外費用で他の勘定科目に属さないときの勘定科目は「雑損失」になる 営業外費用で他の勘定科目に属さないとき、独立した勘定科目をとるほどの金額でない場合は雑損失で処理します。 会社の場合、法人税申告書の勘定科目内訳明細書の一つに、 「雑益、雑損…