2014-02-24から1日間の記事一覧

退職給付引当金繰入| 退職金の積立の勘定科目とは

退職金を積み立てたときの勘定科目は「退職給付引当金」 従業員に支払う退職金を積み立てたときの勘定科目は退職給付引当金を使います。

手形売却損 | 手形を売却したときの勘定科目とは

手形を売却したときの勘定科目は手形売却損 受取手形を売却したときに、額面と売却価格の差を手形売却損として処理します。

売上割引 | 売掛金を割り引いたときの勘定科目とは

売掛金を割り引いたときの勘定科目は「売上割引」 売掛金が早く入金され、減額した場合は、その分を売上割引を使って処理します。

割引料 | 手形を割り引いたときの手数料の勘定科目とは

手形を割り引いたときの手数料の勘定科目は「割引料」 手形を割り引いたときに銀行などに支払う手数料は、割引料の勘定科目を使います。

貸倒引当金繰入額 |回収不能な売上債権の見積額の勘定科目とは

回収不能な売上債権の見積額には「貸倒引当金繰入額」 受取手形・売掛金などの売上債権や貸付金など債権の回収不能を見積もり計上する場合は、「貸倒引当金繰入額」を使います。

販売手数料 | 代理店等に支払う手数料の勘定科目とは

代理店等に支払う手数料の勘定科目は「販売手数料」 商品やサービスを販売する際にかかる手数料は、販売手数料の勘定科目を使います。

販売促進費 | 販売促進を行った時の勘定科目とは

販売促進を行った時の勘定科目は「販売促進費」 販売促進に使ったお金は、販売促進費の勘定科目を使います。

支払報酬 | 専門家に報酬を支払ったときの勘定科目とは

専門家に報酬を支払ったときの勘定科目は「支払報酬」 弁護士、司法書士、公認会計士、税理士などの専門家へ支払った報酬は「支払報酬」を使います。

寄付金 | 寄付をしたときの勘定科目とは

寄付をしたときの勘定科目は「寄付金」 寄付をしたときの勘定科目は、寄付金になります。 寄付とは、無償で、金銭や物品等を供与することをいいます。 個人の場合は、経費として計上せず、所得控除として申告します。

繰延資産償却費 | 繰延資産を決算時に償却するときの勘定科目とは

繰延資産を決算時に償却するときの勘定科目は「繰延資産償却費」 繰延資産を決算時に償却し、費用にするときの勘定科目は、繰延資産償却費になります。 繰延資産は、創立費、開業費、開発費、株式交付費、社債発行費があります。

有価証券売却益・損 | 有価証券を売却したときの勘定科目とは

有価証券を売却したときの勘定科目は「有価証券売却益・損」 有価証券を売却したときの勘定科目は、有価証券売却益・損です。 売却した価格が簿価を上回れば有価証券売却益を使い、下回れば有価証券売却損を使います。

有価証券評価益・損 | 有価証券の評価替を行ったときの勘定科目とは

有価証券の評価替を行ったときの勘定科目は「有価証券評価益(損)」 保有している有価証券の評価替を期末においておこなった場合は、有価証券評価益(損)を用いて会計処理します。 評価額が、簿価を上回った場合は有価証券評価益を使い、下回った場合は、…

繰越利益剰余金 | 株主総会で処分内容を決定する利益の勘定科目とは

株主総会で処分内容を決定する利益の勘定科目は「繰越利益剰余金」 株主総会で処分内容を決定する利益の勘定科目は、繰越利益剰余金です。 株主総会で、株主配当、役員賞与、利益準備金などに処分の方法が決定します。 その上で留保すると決定された額は繰越…

利益準備金 | 株式配当をするときに積み立てなくてはいけない勘定科目とは

株式配当をするときに積み立てなくてはいけない勘定科目とは「利益準備金」になる 株主に対して剰余金の配当を行う場合、利益準備金と資本準備金の合計額で資本金の1/4を超えるまで、配当の10分の1以上を積み立てならないと定められています。 この積み立て…

資本準備金 | 株主から払い込まれた金額のうち資本金に組み入れられなかった部分の勘定科目とは

株主から払い込まれた金額のうち資本金に組み入れられなかった部分の勘定科目は「資本準備金」になる 株主(出資者)から払い込まれた金額のうち、資本金に組み入れられなかった部分は、資本準備金という勘定科目になります。 資本準備金にできる金額は会社…