2014-05-10から1日間の記事一覧

労働基準法の規定により支給される休業補償について

労働基準法の規定により支給される休業補償について ■労働基準法の規定により支給される休業補償について 休業中に支払われるものは休業手当と休業補償に分けられます。 休業手当とは、使用者の都合などによって休業した場合に支払われるものです。また、業…

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット ■扶養控除103万円のボーダーラインとは 扶養控除のボーダーラインである103万円とは配偶者の給与所得のことを指します。 給与所得者は経費として最低65万円が自動的に引かれるため、103万か…

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には?

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には? ■確定申告で配当金の所得税が戻る場合も 配当所得に対する所得税は、源泉徴収課税なので、基本的に確定申告の必要はありません。 ただ、全体の所得金額によっては、確定申告で配当所得の所得税が戻る場合が…

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話 ■合計所得金額で分かれる配偶者特別控除 配偶者控除は、配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合に受けられる控除です。 これに対して配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額が38万円を超え、かつ76万円…

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話 ■配偶者控除とは 所得税を算出する際に所得の総額から差し引く所得控除の一つです。一定の条件を満たした税法上の配偶者が対象になります。 この場合、内縁関係の人は対象になりません。 ■配偶者控除の条件と…

配偶者特別控除申告書|配偶者特別控除申告書は何のために必要なの?

配偶者特別控除申告書|配偶者特別控除申告書は何のために必要なの? ■配偶者特別控除申告書は何のために必要 配偶者特別控除申告書は、年末調整で配偶者特別控除を受ける場合に必要な書類になります。 ただし、税務署から配布される「給与所得者の保険料控…

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説 ■年調年税額とは 給与の支払いを受けている方は、月々の給与から収入に応じて源泉税として、一定額が給与から天引きされています。年末調整では、扶養控除をはじめ保険料などの一部を所得から控除することで年間の…

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう!

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう! ■特定株式投資信託とは 特定株式投資信託とは、国や会社のいわゆる借金である公債・社債ではない株式の特定証券投資信託のうち、信託財産が株式のみの、上場投資信託(ETF)などの上場しているものをいいま…

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは?

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは? ■銀行の定期預金の「給付補填金」の源泉徴収とは 給付補填金とは、銀行などの金融機関の定期預金で、預け入れた積立金と満期の日に受け取る給付金の差額をいいます。給付補填金は、預貯金の利息…

税額控除|税額の控除について全解説

税額控除|税額の控除について全解説 ■税額控除とは 算出された所得税額から一定金額が直接、控除されることを指します。 ■税額控除の例 ・配当所得がある場合。原則として、配当所得の金額の10%又は5%に相当する金額が控除されます。 ・政治活動や認定NPO法…

所得税|年末調整

所得税とは 個人の所得に対して課される税金のことをいいます。 [sc:yearend_header_728_90 ] 所得税の税率 <平成26年度まで> 課税される所得金額 税率 控除額 195万円以下 5% 0円 195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円 330万円を超え 695万円以下 20%…