繰延資産償却費 | 繰延資産を決算時に償却するときの勘定科目とは

繰延資産を決算時に償却するときの勘定科目は「繰延資産償却費」 繰延資産を決算時に償却し、費用にするときの勘定科目は、繰延資産償却費になります。 繰延資産は、創立費、開業費、開発費、株式交付費、社債発行費があります。

有価証券売却益・損 | 有価証券を売却したときの勘定科目とは

有価証券を売却したときの勘定科目は「有価証券売却益・損」 有価証券を売却したときの勘定科目は、有価証券売却益・損です。 売却した価格が簿価を上回れば有価証券売却益を使い、下回れば有価証券売却損を使います。

中間法人税を支払ったときの勘定科目は?

中間法人税を支払ったときは「仮払金」になる 中間法人税など金額が未確定の場合に、一時的に使用する仮の勘定科目は仮払金で処理します。 決算時に金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実際の会計業務で、使用する頻度は…

中間消費税を支払ったときの勘定科目は?

中間消費税を支払ったときは「仮払金」になる 中間消費税など金額が未確定の場合に、一時的に使用する仮の勘定科目は仮払金で処理します。 決算時に金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実際の会計業務で、使用する頻度は…

中間住民税を支払ったときの勘定科目は?

中間住民税を支払ったときは「仮払金」になる 中間住民税など金額が未確定の場合に、一時的に使用する仮の勘定科目は仮払金で処理します。 決算時に金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実際の会計業務で、使用する頻度は…

中間事業税を支払ったときの勘定科目は?

中間事業税を支払ったときは「仮払金」になる 中間事業税など金額が未確定の場合に、一時的に使用する仮の勘定科目は仮払金で処理します。 決算時に金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実際の会計業務で、使用する頻度は…

立替経費(個人)を支払ったときの勘定科目は?

立替経費(個人)を支払ったときは「未払金」になる 個人としての私の立替経費を事業資金として支払った場合に未払金で処理します。 本来の事業に対する支払の場合は、買掛金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

生活費を支払ったときの勘定科目は?

生活費を支払ったときは「事業主貸」になる 個人事業主の経理において、生活費を事業資金から使用した場合に事業主貸で処理します。 反対に、個人のお金を個人事業主のお金として使用した場合には、事業主借で処理します。 事業主貸は個人事業主の場合に使用…

国民年金を支払ったときの勘定科目は?

国民年金を支払ったときは「事業主貸」になる 個人事業主の経理において、国民年金を事業資金から使用した場合に事業主貸で処理します。 反対に、個人のお金を個人事業主のお金として使用した場合には、事業主借で処理します。 事業主貸は個人事業主の場合に…

立替経費(個人)を支払ったときの勘定科目は?

立替経費(個人)を支払ったときは「事業主借」になる 個人事業主の経理において、個人としての私のお金を事業資金として使用した場合に事業主借で処理します。 反対に、個人事業主のお金を個人のお金として使用した場合には、事業主貸で処理します。 事業主…

仮受金 | 相手勘定科目や金額が未確定の場合に現金を受け入れた場合の勘定科目とは

相手勘定科目や金額が未確定の場合に現金を受け入れたときの勘定科目は「仮受金」になる 現金を受け入れたとき、相手勘定科目や金額が未確定の場合に一時的に使用する仮の勘定科目は仮受金で処理します。 相手勘定科目や金額が確定したら、本来の勘定科目へ…

仮払金 | 相手勘定科目や金額が未確定の場合に使用する仮の勘定科目とは

相手勘定科目や金額が未確定の場合に使用する勘定科目は「仮払金」になる 相手勘定科目や金額が未確定の場合に一時的に使用する仮の勘定科目は仮払金で処理します。 相手勘定科目や金額が確定したら、本来の勘定科目へ振り替えるなど精算処理を行います。 実…

仮払税金 | 法人税など概算で納付する税金の勘定科目とは

法人税など中間で概算納付する税金は「仮払税金」になる 法人税や事業税など、前年の実績などに応じて中間で概算納付する税金は仮払税金で処理します。 決算時には、確定した税額から中間納付した金額を差し引いて納税します。 その際、中間納付した金額が確…

未払金 | 本来の営業活動以外の取引から生じた金銭債務の勘定科目とは

本来の営業活動以外の取引から生じた金銭債務は「未払金」になる 有価証券や固定資産の購入など、本来の営業活動以外の取引から生じた金銭債務は未払金で処理します。 反対に、本来の営業活動の取引から生じた金銭債務は、買掛金で処理します。 実際の会計業…

未収金 | 本来の営業活動以外の取引から生じた未回収金額の勘定科目とは

本来の営業活動以外の取引から生じた未回収金額は「未収金」になる 有価証券や固定資産の売却など、本来の営業活動以外の取引から生じた未回収金額は未収金で処理します。 反対に、本来の営業活動の取引から生じた未回収金額は、売掛金で処理します。 未収入…

事業主貸 | 事業資金を個人としてのお金として使用したときの勘定科目とは

事業資金を個人としてのお金として使用したときは「事業主貸」になる 個人事業主の経理において、事業資金を個人としてのお金として使用した場合に事業主貸で処理します。 反対に、個人としての私のお金を事業資金として使用した場合には、事業主借で処理し…

事業主借 | 個人としてのお金を事業資金として使用したときの勘定科目とは

個人としてのお金を事業資金として使用したときは「事業主借」になる 個人事業主の経理において、個人としての私のお金を事業資金として使用した場合に事業主借で処理します。 反対に、個人事業主のお金を個人のお金として使用した場合には、事業主貸で処理…

その他勘定科目一覧

未払金や仮払金などその他の勘定科目一覧 未払金や仮払金などその他項目は以下の勘定科目で処理します。 仮払金・仮受金、未払金・未収金は内訳や残高が確認できるよう摘要や補助科目で管理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくあるそ…