精度の高い実地棚卸のために ~種類と手順&その重要性について~

そろそろ、9月決算企業の年度末の棚卸や、3月決算企業の半年ごとの棚卸が行われる時期が近づいてきています。 棚卸とは、在庫の数量を把握する作業のことをいいます。ここで、在庫とは、企業などが将来の生産や販売のために保有している資産のことで、原材料…

中小企業は電子帳簿を導入するべきなのか【電子帳簿保存法】

税法では帳簿等の国税関係書類の作成・保存義務が定められていますが、これらの書類は紙で保存することになっています。ですので、会計ソフトを使っていても、その保存データは税法上の書類とは認められず、出力して初めて税法上の書類になるため、紙での保…

freeeで新たな会計事務所のビジネスを確立する ~税務顧問の新しい形、経営の意思決定に役立つ会計へ【税理士法人福島会計様】~

freeeの認定アドバイザー(2つ星アドバイザー)である税理士法人福島会計様は、freeeを活用して一般的な税務申告と試算表の作成という業務はもちろんのこと、リアルタイム経営パートナーとして、顧問先がビジネスの拡大に向けて本質的に求めているニーズを経理…

健康保険とは何なのか、誰のためのどんなメリットがある制度かを解説

会社勤めの方にとって、健康保険はその他の社会保険制度と比較して一番馴染みのある制度ではないでしょうか。例えば、カゼをひいて病院で診察や治療を受けたときには健康保険の給付を受けて一部の窓口負担金で治療を受けています。 このように身近な社会保険…

テクノロジーで広がる飲食店経営の選択肢「西荻窪クラフトビール屋Project」(前編)

個人経営の飲食店が多く軒を連ねる西荻窪。そこにクラフトビールを気軽に楽しめるバー「西荻窪クラフトビール屋Project」があります。オープンしてから今年の8月で2年。 「この道を帰る人を大事にしたい」というオーナー陣や店長の思いのもと、夜な夜な人々…

使い勝手の良い勘定科目“社長借入金”は、相続税課税もあり得る諸刃の剣

会社が税務署に申告する際の決算書に、「借入金」という勘定科目が載る場合があります。会社が事業運営するにあたって、外部から調達したお金で返済義務がある債務です。相手先は銀行等の融資先が多いですが、経営者自らが会社にお金を貸している「社長借入…

個人事業主の事業継承における、節税対策と相続争い対策 ~親子間継承と第三者継承の違い~

昨今、中小企業の事業承継について多くの問題が叫ばれていますが、それは法人だけではなく、個人事業主についても同様です。 法人同様、親族間の承継だけではなく、第三者への事業承継も一般化しつつある今、それぞれについてどのような点に注意しなければな…

どの勘定科目で帳簿をつければいいかわからないから雑費にしてしまう……は間違いなのか?

日々の取引を帳簿付けするとき、どの勘定科目にしていいか迷うことがあります。 こんなとき、ついつい「雑費」にしてしまうことはないでしょうか。1取引あたりの金額は少なくても、1年間通じると結構な金額になります。ここでは、「雑費」について考えてい…

「法人成り」した個人事業主が確定申告で気をつけるべきポイント

「法人成り」って何ですか? 個人で事業をしてきた人が法人を設立することを「法人成り」といい、ゼロから法人を設立することとは区別しています。個人事業主が法人を設立すると、持っていた資産や商品を法人に引き継ぐ処理が必要になります。 では、なぜ「…

個人事業主はお金が命!忘れがちな節税項目を一挙紹介!

個人事業主として大事なことは、なんといってもお金です。普段からずっと稼げる状態だったら良いのですが、月によっては稼げない時期もある場合がほとんどだと言えます。ただ稼げない場合があったとしても、お金をプールしておけば廃業することもないです。 …

出張が多いなら「出張旅費規程」を作ろう。会社経営のための節税ワザ

起業して数年経つと、気になるのは税金です。事業も軌道に乗り、経営も安定、でも利益が出ると税金にその分持っていかれます。さまざまな節税策がありますが、リアルにキャッシュが出ていくものがほとんどです。資金繰りにいつも頭を悩ませている経営者にと…

戦力に優れた経理職とは!?採用時に気を付けるべきポイント紹介!

会社の中で経理職というと、どうしても地味で部署の中でもそこまで重要視していない方もいるかもしれません。しかし経理職というのはお金を中心に取り扱っているため、業務ミスによって取引先を失うこと、あるいは会社の経営方向が間違った方向にいくことも…

経理担当でも会社の業績に貢献できるのか?

経理のお仕事をされている方は、「経理って、何の仕事をしているの?」と聞かれたことがあるのではないでしょうか? 「会社の業績に経理は貢献できているのだろうか」と感じてしまうこともなきにしもあらずです。 「お仕事は何ですか?」と聞かれたときに、…

決算書の税抜経理方式と税込処理方式、どちらがおトク?

税務署や銀行などに提出する残高試算表や決算報告書の金額表示方法として、「税抜経理方式」と「税込経理方式」があります。残高試算表や決算報告書を税抜または税込で表示するということは、日々の仕訳をどちらかの方法で行うということです。 税抜経理方式…

経営者に簿記の知識は必須!資格取得のすすめ

経営者にとって欠かせないのが簿記の知識です。最近は便利な会計ソフトがあるため、簿記の知識がなくても帳簿を付けることは可能です。しかし簿記を少しでも勉強することによって、財務状態や経営状態がよく判るようになります。 特に日商簿記検定はレベルご…

起業の前に簿記を学ぶべき3つの理由

起業を決心した際、どうやって売上を上げるのか、というビジネス面にばかり目が行ってしまいます。売上がないと、自らの給料も出ないのでやむを得ない面がありますが、将来的な起業にまだ時間があるようなら、ぜひ簿記の勉強も行うべき。 簿記は企業の共通言…

個人事業主や小規模企業の経営者が“自分で”帳簿をつける意味

1.個人事業主や小規模企業の経理の現状 税理士事務所で勤務しており、税務申告をはじめ、経理指導、年金相談などに従事していたのですが、当時担当していたクライアントさんは個人事業主や中小企業が多く、そのほとんどが1人もしくは2、3人で運営されてい…

”勘定合って銭足らず”にならず、儲かる会社を作るために知っておくべきこと

儲かる会社と儲からない会社の差ってなんでしょう?世の中には儲かっている会社と儲かっていない会社が存在します。 では、ご自分が勤めている会社は、本当に儲かっているのか、実は儲かっていなくて赤字なのか、ご存知ですか?上場企業でもない限り、自分の…

【消費税】簡易課税制度とは具体的に何が“簡易”なのか?

今回は個人事業主や法人の経営者のとっては切っても切り離せない消費税について解説します。事業者であればどこかで耳にしたことがあると思いますが、消費税には簡易課税という計算方法があります。これは中小事業者に対して認められた特例計算であり、事業…

役員報酬の未払金に注意!定期同額給与を正しく知ろう

代表取締役などの役員に支払われる「役員報酬」。金額の決め方や処理方法をきちんと知っておけば節税にもつながりますが、知らないと逆に多くの税金を支払わなければならない可能性もあります。 例えば、「役員報酬の未払金を経費に計上すること」。会社の仕…

経理書類の保存期間と将来のe文書化に向けて、何はともあれ知っておきたいこと

「この言葉、いつから普通になった?」と一瞬考えることがあります。例えば、「データ(で) 送ります」というフレーズ。平成28年9月施行の税制改正で、e-文書化の規制が更に緩和されます。外出先から領収書などをスマホで写してデータで送れば、保存文書にで…

今さら聞けない!?伝票制と振替伝票の役割・違いを解説

伝票の仕組みについて 経理業務を行うにあたって、ほとんど会社で使用されている伝票。何気なく使っているものですね。でも実は、意味や仕組みがあやふや…という人もいるかと思います。 今回は伝票制や振替伝票についてご説明します。今さら人に聞けないと思…

決算書は何のために作られ、どんな種類があるのか

決算書は何のために作られるのでしょう。決算書の内容と種類について知りましょう。 経理の仕事と決算書とは切り離せない関係にあります。経理の仕事の総まとめともいえる決算書について、知っておきましょう。 目次: 決算書とは何で、どんな目的があるのか…

帳簿を制することは、経理業務を制する!?帳簿の種類と書き方の解説

帳簿を知ることが、経理業務の第一歩 会社の経理に携わるにあたって、はじめに知っておきたいことは、どのような帳簿があるのか、どのように処理すればよいかということです。会計・経理の流れがわかっていると、よりスムーズに業務にあたることができますね…

経理部の仕事の内容と流れを日次、月次、年次でまとめました

経理部の仕事はどんな流れになっているのでしょう。流れをつかめば、仕事はやりやすくなります。 会社の組織図などを見ますと、経理部は経営者と直接つながっている所が多いようです。会社の売り上げや仕入れ、経費などを取りまとめ、経営状態を知る為の数字…

改正電子帳簿保存法で、企業の書類保存プロセスはどう変わるのか?(後編)

改正された電子帳簿保存法について、freeeの認定アドバイザーであり、『平成28年度改正対応こうなる! 国税スキャナ・スマホ撮影保存』を出版された「佐久間税務会計事務所」の佐久間 裕幸先生に、2016年1月1日から「改正電子帳簿保存法」について詳しいお話…

改正電子帳簿保存法で、企業の書類保存プロセスはどう変わるのか?(中編)

改正された電子帳簿保存法について、freeeの認定アドバイザーであり、『平成28年度改正対応こうなる! 国税スキャナ・スマホ撮影保存』を出版された「佐久間税務会計事務所」の佐久間 裕幸先生に、2016年1月1日から「改正電子帳簿保存法」について詳しいお話…

freeeの考える会計の自動化について

初めて経理を担当するとき、何をして良いかわからずに悩む人は多いはずです。もしかすると、経理、会計、簿記をいっしょくたに考えたりはしないでしょうか?よくわからないまま書店で本を探したり、経理についてのHPを漁ってみても、簿記や会計や税金の小難…

会計の専門家が体験した儲けるために役立つ会計の勉強方法~マネジメントゲームのススメ・中編~

起業家に必要な会計の知識とは? 前編ではマネジメントゲームを通じて、会計が経営に果たす役割の半分を説明しました。しかし、起業家に必要な知識はこの中編です。これを知らずして経営を行っても、会社を存続させるのは難しいでしょう。 起業家の仕事は自…

会計の専門家が体験した儲けるために役立つ会計の勉強方法~マネジメントゲームのススメ・前編~

会計の勉強方法を知らないビジネスパーソン ロングセラー本『稲森和夫の実学~経営と会計~』に代表されるように、会計の重要性は幅広く認識されています。ところが、会計を本当に理解しているビジネスパーソンは少ないです。会計の知識で税理士との決定的な…

税理士選びと会計ソフト選び、どちらを先にすべき?

個人事業主(青色申告)・会社設立ともに、起業した場合には帳簿の作成が必要であり、税務・経営その他様々なサポートを税理士へ依頼する機会が増えていきます。 クラウドの時代において税理士を先に選ぶこと、会計ソフトを先に選ぶことのメリット・デメリット…

増税により、小規模事業者が消費税をプールできない時代がまもなく到来する

「消費税増税=軽減税率」が、改正の目玉であると大半の方が思っているのではないのでしょうか。消費者の消費行動に影響するからです。 事業者が軽減税率に目を奪われるのは仕方ありませんが、消費税増税によって平成33年度から取り入れられる「インボイス方…

エクセル経理の限界はどこにあるのか?その見極めポイントとタイミングを解説

経理の仕事は、現金管理、日々の売上や支払計上、売掛金や未払金の管理等、様々な数字を取り扱っています。そんな日々の数字を、会計ソフトの導入を検討しているものの、全てエクセルによって管理しているという会社もまだまだ多くあります。 しかし、やはり…

フリーランスがキャッシュフロー計算書を財務三表で最初に作るべき理由

フリーランスも事業家であると同時に、法人を設立していれば企業経営者だ。だとすれば当然、決算をするために、財務諸表を作らねばならない。 人によっては「税理士や会計士に任せきりにしている」なんてこともあるかもしれない。特にフリーランスとして事業…

公認会計士に、「ゴールデンウイーク」という言葉は(ほぼ)ない (税理士と公認会計士の違い ~後編~)

税理士と公認会計士、どちらもニュースや新聞で見聞きする職業ですが、普通に生きているとなかなか接点のない方々です。なんとなく、税理士は税金関係のお仕事であり、公認会計士は企業会計のお仕事だとはイメージできるものの、具体的な職業内容や専門領域…

税理士と公認会計士はどちらの試験が難しいですか? (税理士と公認会計士の違い ~前編~)

税理士と公認会計士、どちらもニュースや新聞で見聞きする職業ですが、普通に生きているとなかなか接点のない方々です。なんとなく、税理士は税金関係のお仕事であり、公認会計士は企業会計のお仕事だとはイメージできるものの、具体的な職業内容な専門領域…

監査とはいったい何か? 何をどんな目的のためにおこなう作業なのか?

「監査」という言葉は聞いたことはあっても、具体的に答えられない人の方が多いかもしれません。監査とは何か、なぜ監査をする必要があるのか、どんな作業をするのかなど、あなたは正しく答えられるでしょうか。今回はそんな「監査」について、ご説明します…

会社設立後の役員報酬の決め方のポイント

会社を設立した場合、個人事業とは違って経営者自身にも給料が支払われることになります。 経営者や役員に対する給料は、従業員と違って「役員報酬」として税法上特別な決め事があります。 今回は、役員報酬の月額支給を解説しながら、注意点すべき点をまと…

お客様から受け取った消費税を、お店の事業者はどのように扱うことができるのか?

皆さんがコンビニで買い物をしたり、レストランで食事をしたりするときに必ず払っている『消費税』。 この消費税を「消費税を納税せず、会社の売り上げとして計上してしまうことがある」と言うと、酷い話に聞こえるかもしれませんが、実はこれ、当たり前のよ…

外国人向けビジネスの消費税 ~Amazon輸出、Airbnb、免税店における違い

1.外国人向けビジネスにおける消費税 今年はじめにAirbnbが発表した2016年に訪れるべき地域で「大阪市中央区」がダントツの世界一となり、話題を集めました。2015年に同地域でAirbnbを利用した宿泊者数が前年比7,000%超の伸びを示したというインパクトの…

次の年度末に苦労しないために、個人事業主はどのように領収書を保管しておけば良いのか

3月の確定申告をされた皆さま、たいへんお疲れさまでした。確定申告を乗り切るのは、年にたった一度のこととはいえ、あまり気分が高揚する作業ではないですよね。 「やっと確定申告が終わった!これで来年まで考えなくて済む!」となってもよいのですが、こ…

個人事業主にも税務調査はやって来るのか? いつ調査を受けてもいいよう、日頃から準備しておくべきこと

税務調査の対象って法人だけじゃない?個人事業主にも来る? そもそも、税務署の組織は法人課税部門と個人課税部門にわかれています。同じ事業でも、「法人=法人税法」、「個人事業主=所得税法」と取り扱う税目がまったく違うからです。 つまり、税務署は「個…

社会福祉法人とは?設立要件から税金などの基本知識のまとめ その2

前回は社会福祉法人に関する基本知識のうち、設立要件を中心に説明しました。 今回はその続編として、「社会福祉法人の会計に関する基本知識」について説明します。 社会福祉法人の会計のルール 社会福祉法人の会計は、株式会社などの一般の営利法人とは違っ…

「扶養手当と扶養控除って何が違うの?」 2つの違いを税理士がわかりやすく説明

「扶養手当」と「扶養控除」、どちらも扶養に関する言葉であるのはわかりますが、中身まで正確に理解しているかというと、ちょっと自信がない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「扶養手当」と「扶養控除」の違いについて、税理士がわかりやす…

税理士がお薦めしたい節税法! 「小規模企業共済」をご存知ですか?

個人事業主や会社の役員のみなさんは、「小規模企業共済」に加入していますか? 小規模企業共済は、節税しながら将来の積立ができるだけではなく、いざというときの貸付を受けることもできる、大変メリットの大きい制度です。 税理士が最もお薦めする節税策…

製造業の経理の特徴、資金繰りのコツをわかりやすく解説

製造業における経理は、製造にかかるコストと製造以外の営業活動等にかかるコストを適正に区分し、どこまで正確な損益計算ができるかが課題となります。一般的に、資金繰りの適正化も適正な経理処理が前提になりますので、設備投資が多く原価管理が必要な製…

消費税の課税事業者の判定方法と届出書について、知っておくべきこと

開業から1~2年が経過し、事業が軌道に乗ってきたところで税務署から突然届く「消費税の届出のお尋ね」文書…。専門用語ばかりで内容がよく分からず、困ってしまうのが現実です。 「消費税の課税事業者」(つまり「消費税の納税義務がある事業者」のことです…

中小企業投資促進税制の「期間・対象設備・指定業種」を解説します

中小企業者にうれしい控除制度 中小企業投資促進税制は、一言で言うと「中小企業者などが機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、『取得価額の30%の特別控除』または『7%の税額控除』のどちらかを選択して適用できる制度」です。 特に、”生産性の…

不動産業の経理と資金繰りの特徴とポイント(その3:不動産仲介のケース)

3回にわけて不動産業の経理と資金繰りの特徴とポイントを解説していますが、前々回は「不動産売買」、前回は「不動産賃貸」に特化してご説明しました。 今回は「不動産業仲介」について説明します。 不動産仲介の経理処理等の特徴とポイント 不動産仲介業は…

不動産業の経理と資金繰りの特徴とポイント(その2:不動産賃貸のケース)

3回にわけて不動産業の経理と資金繰りの特徴とポイントを解説していますが、前回は「不動産売買」に特化してご説明しました。 今回は「不動産業賃貸」について説明します。 不動産賃貸の特徴とポイント 不動産賃貸は自己が所有する土地や建物を他者に貸し、…