固定資産税を滞納したらどうなるの? 滞納した場合の延滞金と対処法まとめ

5月になり、そろそろ土地や家屋を所有している方のもとには、市町村から固定資産税の納税通知書が送られてくる時期ではないでしょうか。 固定資産税は毎年4回に分けて支払うので、ついうっかり納付期限までに納付するのを忘れてしまう方も多いです。今回は、…

マンション購入後にかかる固定資産税をわかりやすく解説してみた

マンションを購入すると、毎年固定資産税という税金がかかります。 ただ、固定資産税をきちんと理解している人はそう多くはないと思います。 固定資産税の仕組みを知っておくと、無駄な税金を支払うことが無くなります。 そこで今回は、固定資産税の課税の仕…

固定資産税っていくらかかるの?計算方法を徹底解説|計算例3選つき

固定資産税の計算方法とは? あなたは固定資産税を納めたことがありますか? 土地や家屋を購入することによって発生する固定資産税ですが、どのように計算されているのでしょうか。 今回は、固定資産税の計算方法について具体的な例を出しながら解説していき…

中小企業が資金繰りで悩まないリース取引とは?

リース取引を有効活用しよう!資金繰りを立てやすくする方法 中小企業の方は設備費用のやりくりのために、リース取引を活用したいとお考えではないでしょうか。設備投資のために、金融機関から借り入れを行いたくても、借入が出来ないなんていうう場合もある…

固定資産売却益の求め方と確定申告に必要な書類について

不動産などの固定資産を売却した際に生じる固定資産売却益についてまとめました [目次] ■1)固定資産売却益って何? ■2)固定資産売却益の計算式 ■3)固定資産売却益を確定申告する際に必要な書類 ■4)まとめ [sc:kakuteishinkoku_970_90 ] ■1)固定資産売…

太陽光発電を利用するブロガーを考察!どんなデメリットがあるの?

エネルギーを自社で生み出す太陽光発電の意外な盲点 東日本大震災以降、エネルギーをどう確保するかが個人事業や中小企業レベルそしてでも議論されるようになりました。そのなかでもとくに注目を集めているのが太陽光発電です。 ソーラーパネルを自社ビルや…

減価償却の基礎知識【定額法と定率法】

減価償却の基礎知識【定額法と定率法】 建物や備品、車両などの固定資産は、使っているうちにその価値が年々減少していきます。その価値の減少分を費用計上していくのが「減価償却」です。 たとえば、ある会社が3億円のオフィスビルを建設したとします。もし…

敷金を支払ったときの勘定科目は?

敷金を支払ったときは「無形資産」になる 賃貸契約の際、将来解約時に返還されなる資金(敷金)を支払った場合の勘定科目は無形資産で処理します。

礼金を支払ったときの勘定科目は?

礼金を支払ったときは「権利金」になる 賃貸契約の際、将来解約時に返還されない資金(礼金)を支払った場合の勘定科目は権利金で処理します。 そして、資産計上した権利金は、賃貸期間、または5年間で償却します。 ただし、支出する金額が20万円未満の少額…

自動車を支払ったときの勘定科目は?

自動車を支払ったときは「車両運搬具」になる 社用車などの自動車を取得した場合の勘定科目は車両運搬具で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

トラックを支払ったときの勘定科目は?

トラックを支払ったときは「車両運搬具」になる トラックなどの自動車を取得した場合の勘定科目は車両運搬具で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

オートバイを支払ったときの勘定科目は?

オートバイを支払ったときは「車両運搬具」になる オートバイなどの自動車を取得した場合の勘定科目は車両運搬具で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

無形資産 | 権利などを取得した場合の勘定科目とは

権利などを取得した場合の勘定科目は「無形資産」になる 敷金や営業権などの権利を取得した場合の勘定科目は無形資産で処理します。 よくある無形資産一覧 電話加入権 施設利用権 工業所有権 特許権 実用新案権 商標権 意匠権 営業権 借地権 など

権利金 | 賃貸借契約の際、解約時に返還されない資金を支払った場合の勘定科目とは

将来解約時に返還されない資金(礼金)を支払った場合の勘定科目は「権利金」になる 賃貸契約の際、将来解約時に返還されない資金(礼金)を支払った場合の勘定科目は権利金で処理します。 そして、資産計上した権利金は、賃貸期間、または5年間で償却しま…

保険積立金 | 解約時などに受け取れる積立部分がある保険料を支払った場合の勘定科目とは

解約時などに受け取れる積立部分がある保険料を支払った場合の勘定科目は「保険積立金」になる 逓増定期保険など解約時に受け取れる積立部分がある保険の保険料を支払った場合の勘定科目は保険積立金で処理します。 一般に、保険には、死亡等により受け取る…

固定資産除去損 | 固定資産を除却したとき、損が出た場合の勘定科目とは

固定資産を除却したとき、損が出た場合の勘定科目は「固定資産除去損」になる 機械や社用車などの固定資産を除却したとき、損が出た場合の勘定科目は固定資産除去損で処理します。 除却とは、買い替えや耐用年数の到来によって、従来の固定資産を固定資産台…

固定資産売却損 | 固定資産を売却したとき、損が出た場合の勘定科目とは

固定資産を売却したとき、損が出た場合の勘定科目は「固定資産売却損」になる 機械や社用車などの固定資産を売却したとき、損が出た場合の勘定科目は固定資産売却損で処理します。 固定資産売却損の算出方法は、 売却金額 - 売却時の帳簿残高(取得価額 - …

固定資産売却益 | 固定資産を売却したとき、利益が出た場合の勘定科目とは

固定資産を売却したとき、利益が出た場合の勘定科目は「固定資産売却益」になる 機械や社用車、建物、土地などの固定資産を売却したとき、利益が出た場合の勘定科目は固定資産売却益で処理します。 計算方法 固定資産売却益の算出方法は、 売却金額 - 売却…

敷金・保証金 | 賃貸借契約に基づき解約時に返還される資金を支出した場合の勘定科目とは

賃貸借契約に基づき解約時に返還される資金を支出したときの勘定科目は「敷金・保証金」になる 賃貸借契約に基づき、解約時に返還される資金を支払った場合の勘定科目は敷金・保証金で処理します。 原則として解約時に全額返還されますが、損害等があれば一…

借地権 | 建物及び構築物の所有を目的とする権利を取得した場合の勘定科目とは

建物及び構築物の所有を目的とする権利を取得したときの勘定科目は「借地権」になる 建物及び構築物の所有を目的とする地上権及び賃借権を取得した場合の勘定科目は借地権で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 借地権の取得価額に含め…

ソフトウェア | コンピュータプログラムなどを取得した場合の勘定科目とは

業務で使用するソフトウェアを取得したときの勘定科目は「ソフトウェア」になる コンピュータプログラムなど業務で使用するソフトウェアを取得した場合の勘定科目はソフトウェアで処理します。 開発にかかるシステム仕様書なども含めますが、いわゆるコンテ…

特許権 | 特許を取得した場合の勘定科目とは

特許を取得したときの勘定科目は「特許権」になる 特許法に基づいて登録された発明を、独占的・排他的に行使できる権利を取得した場合の勘定科目は特許権で処理します。 開発にかかるシステム仕様書なども含めますが、いわゆるコンテンツは含めません。 実際…

土地 | 事業のために土地を取得した場合の勘定科目とは

事業のために土地を取得したときの勘定科目は「土地」になる 事務所や店舗、工場などの事業のために土地を取得した場合の勘定科目は土地で処理します。 未使用の土地も含めます。 また、投資や販売目的の土地は販売用不動産、投資その他の資産などで処理しま…

一括償却資産 | 取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得した場合の勘定科目とは

取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得したときの勘定科目は「一括償却資産」になる 取得価額が10万円以上20万円未満の資産を取得した場合の勘定科目は一括償却資産で処理します。 これは、税法上、取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産につ…

工具器具備品 | 工場や事務所などで使用する備品を取得した場合の勘定科目とは

工場や事務所などで使用する備品を取得したときの勘定科目は「工具器具備品」になる 工場などで使用する工具、事務所などで使用する器具や備品を取得した場合の勘定科目は工具器具備品で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計…

車両運搬具 | 社用車などの自動車を取得した場合の勘定科目とは

自動車を取得したときの勘定科目は「車両運搬具」になる 社用車などの自動車を取得した場合の勘定科目は車両運搬具で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある車両運搬具一覧 自動車(…

機械装置 | 工場で使用する機械などを取得した場合の勘定科目とは

機械などを取得したときの勘定科目は「機械装置」になる 工場で使用する機械など営業の目的のため使用しているものを取得した場合の勘定科目は機械装置で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです…

構築物 | 看板や塀などを取得した場合の勘定科目とは

看板や塀を取得したときの勘定科目は「構築物」になる 看板や塀などの、建物と建物附属設備以外の土地の上に定着した建造物、土木設備、工作物の勘定科目は構築物で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度…

建物付属設備 | エアコンやエレベータなどを取得した場合の勘定科目とは

付属設備を取得したときの勘定科目は「建物付属設備」になる 空調設備やエレベータなどの付属設備を取得した場合の勘定科目は建物付属設備で処理します。 取得にかかった諸費用などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある…

建物 | 事務所や店舗などの建物を取得した場合の勘定科目とは

建物を取得したときの勘定科目は「建物」になる 事務所や店舗などの建物を取得した場合の勘定科目は建物で処理します。 取得にかかった登記費用や仲介手数料などの金額も含めます。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある建物一覧 事務所・営…

固定資産に関する勘定科目一覧

建物や車両運搬具など固定資産に関する勘定科目一覧 建物や車両運搬具など固定資産は以下の勘定科目で処理します。 少額の場合は経費として処理します。 固定資産で処理する場合は、固定資産台帳を作成し、毎年減価償却しながら経費として計上することになり…