親の収入が減る?学生アルバイトの年収が103万円を超えたときの対応策を知ろう!

生活費や学費の足しにするため、学生がアルバイトをするのは珍しいことではありません。しかし、アルバイトによる所得が103万円を超えると、学生自身にも納税する義務が出てくるばかりでなく、税金の扶養控除の対象外となって親の収入が減るおそれがあるので…

自宅の売却益を、3,000万円まで無税にする特例

フリーライター(元東京国税局職員)の小林義崇です。 前回の記事では、土地や建物といった不動産(以下「土地建物等」)を売却する際にかかる所得税についての原則的な計算方法を解説しました。 3つの要素で決まる、土地や建物を売却したときの所得税 土地…

3つの要素で決まる、土地や建物を売却したときの所得税

フリーライター(元東京国税局職員)の小林義崇です。 自宅を買い換えたい、実家が空き家になったから処分したいーー。このように、土地や建物を売却する必要に迫られたら、所得税についてあらかじめ考えておきたいところです。 そこで今回は、不動産の売却…

原稿料や講演料などの報酬は所得税(および復興特別所得税)を源泉徴収しなければならない?

源泉徴収とは、「個人や法人に対して報酬・料金等を支払う際、あらかじめ所得税や復興特別所得税を差し引いた額を支払う仕組み」のことです。多くの企業では、従業員に給与を支払う際、あらかじめ住民税(都道府県や市区町村に申告納税する税金)や社会保険…

源泉徴収が必要な報酬や料金には、どのようなものがあるのか?

従業員に対して給与を支払う際は、必ず源泉徴収をしなくてはなりません。また、フリーランスの人に業務を依頼した場合も、源泉徴収をしなくてはならないケースがあるのです。 源泉徴収が必要な報酬や料金にはどのようなものがあるのか、以下にまとめました。…

脱税は割に合わない?大きく変わった「過少申告加算税」と「重加算税」

フリーライターの小林義崇です。 税制改正は毎年行われているものですが、最近、大きな改正があったことをご存知でしょうか?誤って本来の税額より少なく申告してしまったときに課せられる「過少申告加算税」や、意図的に脱税をしたときに課せられる「重加算…

平成30年分から大きく変わる配偶者(特別)控除の仕組み

フリーライターの小林義崇です。 前回の記事では、相続税についてお伝えしましたが、今回は所得税のお話です。 財産が親から子等に移るだけなのに、なぜ税金がかかるのか? 相続税の代表的な2つの機能とは 所得税を抑える効果のある「所得控除」には、社会保…

配偶者控除の見直しにより、女性の社会進出は促進されるか?

平成29年度税制改正で焦点となっているのが、配偶者控除の見直しです。2016年8月末には配偶者控除を見直して、片働き世帯、共働き世帯ともに所得控除ができる新しい制度(夫婦控除)の創設が有力視されていましたが、最終的には見送りとなる公算が大きいよう…

源泉徴収票の発行の重要さとは?スムーズに発行するための方法

(最終更新: 2017年8月28日) 給与事務や確定申告に必要となる「源泉徴収票」。 世の中にはその重要性に気づかず、源泉徴収を発行しない会社もあるようです。その結果、従業員が「発行してくれない」と税務署やハローワークで嘆いている場合もあります。 今…

「法人成り」した個人事業主が確定申告で気をつけるべきポイント

「法人成り」って何ですか? 個人で事業をしてきた人が法人を設立することを「法人成り」といい、ゼロから法人を設立することとは区別しています。個人事業主が法人を設立すると、持っていた資産や商品を法人に引き継ぐ処理が必要になります。 では、なぜ「…

地主さん注目! 高すぎる所得税、住民税を減らすためのコツ

税理士という職業柄、不動産所得を有する個人事業主、いわゆる資産家さんの悩みで一番多く相談を受けるのが「税金が高すぎる」というお悩みです。一口に税金と言っても不動産所得を有する方にはいろいろな税金がかかります。そこでまずは資産家さんにかかっ…

会社員の給与の所得税、計算方法を分かりやすく解説します

収入のあるところ課税有りの言葉通り、給与からは所得税が引かれます。 日本の企業では、給与日は毎月1回のところがほとんどです。受け取る方も、給与日が近くなると何だかソワソワしてしまいます。さてその給与ですが、明細を見ると何だか色々引かれていま…

源泉徴収の「納期の特例」とは何か?

源泉徴収した所得税は毎月納付しないといけない?「納期の特例」とは何でしょうか。どういうケースに適用されるのでしょうか。 本来日本では、税金は自分で申告して自分で納める申告納税が基本です。しかし、各種手続きを簡素化するために所得税の源泉徴収と…

熊本地震に関する情報をまとめました

4月14日に発生した熊本地震で被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。 経営ハッカーでは、熊本地震に関する各種資料およびリンクをまとめました。 東証、熊本地震による被災企業の決算発表延期を容認 …

法人税と所得税の違いを税理士がわかりやすく解説

2月中旬から3月中旬までCM等でよく「確定申告」という言葉を聞くかと思いますが、この「確定申告」は個人の所得税の申告を指しています。個人の所得税は一般的に前年1月1日から12月31日までの所得を計算し、2月16日から3月15日までの間に申告する手続きとな…

源泉徴収漏れがあったとき、どうすればよい?

源泉徴収漏れがあったとき、どうすればよい? 新年度を境に、総務・経理・人事担当者が変わったり、新しい取引先が増えたりする会社も多いのではないでしょうか。今回は、人事面で変更があったときに起こりやすい、源泉徴収漏れについての話題です。 源泉徴…

所得税の納付期限についてわかりやすく解説

年が明けると、確定申告のシーズンが到来します。今回は、平成27年分所得税の納付期限と、もし過ぎてしまった場合の罰則や対策について分かりやすく解説していきます。 1)所得税の納付期限 平成27年分所得税の納付期限は以下の通りです。 ・現金納付 … 平成…

市販薬の購入で所得税が軽減される 厚生労働省と財務省が控除を検討

税制改正関連のニュースが多く報じられていますが、厚生労働省と財務省が新しい制度を検討しているようです。新制度は、市販薬の購入代金を所得税を課税される所得から控除する仕組みとなっています。 今回は、現在検討中の市販薬の購入に関する新制度を見て…

所得税の控除制度が見直し 若者世代の負担軽減へ

マイナンバーだけでなく、最近は様々な税金関連のニュースが増えてきています。そんな中でも特に大きい税制改正となりそうなのが、所得税の控除制度の見直しです。今回は、所得税の控除制度の見直しについてみていきましょう。 1)なぜ、所得税の控除見直し…

アルバイトの源泉徴収はどうなっている?年末調整・確定申告は必要か解説

アルバイトだから、パートだから、そんなに稼いでいないから、と税金には無関係と思っている方はいませんか?月々の稼ぎは少なくても、集中的に稼いで収入の多かった月はないでしょうか? そんな方は、年末調整や確定申告で税金の還付が受けられる可能性があ…

非居住者の源泉徴収をわかりやすく解説

グローバル化が進む昨今、日本のみならず、海外にてビジネスをしている、または海外との取引がある事業者の方も多いと思います。その際に問題となるのが源泉徴収です。非居住者の源泉徴収は、税務調査においても頻繁に指摘を受ける項目の一つです。本記事で…

給与にかかる所得税及び復興特別所得税の計算方法をわかりやすく解説

給与にかかる所得税及び復興特別所得税の額の計算 サラリーマンの皆さんは、自分の給与にかかる所得税がどのように計算されているかご存知でしょうか。会社からもらった源泉徴収票に記載されている源泉徴税額は、次の流れで計算されています。 今回は、所得…

マイナンバーで給与計算が変わる!変更点を税理士がわかりやすく解説

会社は、従業員等のマイナンバーを給与所得の源泉徴収票、雇用保険被保険者資格取得届、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届などに記載して、税務署や年金事務所といった行政機関に提出する必要があります。 したがって、会社は安全管理措置等を講じた…

個人事業主の源泉徴収をおさらい!対象から計算方法まで丁寧に解説

今まで会社勤めをしていた個人事業主やフリーランスの方が、一番最初に困る税金の一つが源泉徴収ではないでしょうか?今回は個人事業主やフリーランスの視点から、源泉徴収の気をつけたいポイントをおさらいしていきましょう。 [目次] 1) 個人事業主やフリー…

退職金の所得税と所得控除の計算方法をわかりやすく解説

1)退職金とは 退職によって勤務先より一時に受ける給与だけでなく、各種の社会保険制度に基づく一時金や適格退職年金契約に基づく退職一時金も退職手当に含まれます。(所得税法第30条、31条) 退職手当は、雇用等の勤務関係を基礎とした仕事の対価として支…

現役税理士が所得税と住民税の控除額の計算方法の違いをわかりやすく解説

皆さんは、所得税と住民税の計算方法の違いを意識して節税策を考えられていますでしょうか。所得税の節税は考えていても、住民税にまでは対策が行き届いていない場合も見受けられます。そこで、今回は特に両者の控除額の違いについて解説させていただきたい…

あまり知られていない、所得税を振替納税する方法|メリット・デメリットまとめ

振替納税という言葉を聞いたことはあるでしょうか?振替納税は所得税や個人事業者に係る消費税の納税について利用される制度です。今回は所得税に係る振替納税とはどのような納税制度か、そのメリットとデメリットについて解説したいと思います。 1)振替納…

国外への税金逃れが禁止に。7月1日から施行される「国外転出時課税制度」を徹底解説

「国外転出をする場合の譲渡所得等の特例」が2015年7月1日より適用されることとなりました。本来日本の税金は日本の居住者(住民)にしか課されません。 したがって、含み益をもった(値上がりした)株式などを持っている居住者が香港のようにキャピタルゲイン…

【完全版】5分で理解できる源泉徴収の仕組みと業務|経理・税務の基本知識

会社勤めや会社経営・個人事業をされている方なら経験されている「源泉徴収」。 給与や事業の税金に関する制度ですが、その仕組みや実際の手続き・注意点について把握するのはなかなか大変です。 今回は、源泉徴収の仕組みはもちろん、日々の手続きや実務上…

e-Tax操作で躓いたあなたへ 「給与所得者の源泉徴収票」入力方法!

2015年確定申告|不便なe-Tax操作でいきなりつまづきました。「給与所得者の源泉徴収票」入力方法! 既に確定申告を終わられた方も多いはず。しかし、まだ手がつけられていないという方も今週中にはスッキリしたいですよね。給与所得者でも、医療費控除や住…

【確定申告直前!】読んで役立つ税金の小話5選!

確定申告申告直前ですね… 2月16日からいよいよ確定申告がスタートします。 皆さん、確定申告に備えて、領収書やレシートを整理したりと忙しいかと思います。 そこで、今日は、本当にあった税金や経費に関する話をご紹介します。 どれも気軽に読める内容なの…

固定資産売却益の求め方と確定申告に必要な書類について

不動産などの固定資産を売却した際に生じる固定資産売却益についてまとめました [目次] ■1)固定資産売却益って何? ■2)固定資産売却益の計算式 ■3)固定資産売却益を確定申告する際に必要な書類 ■4)まとめ [sc:kakuteishinkoku_970_90 ] ■1)固定資産売…

確定申告|結婚・離婚で人生の岐路に立たされたあなたにかかる税金の話!

確定申告|結婚・離婚で人生の岐路に立たされたあなたにかかる税金の話 確定申告はあなたの人生の岐路にかかわる結婚や離婚もけっこう関係してきます。ちなみに、ここ最近(平成21年から平成26年)までの日本国内の結婚と離婚のデータを以下の図よりご覧くだ…

確定申告で企業年金の受給者が銀行に問い合わせる質問TOP5とその解説

退職後、はじめて確定申告する際知っておくべきことを、企業年金を中心にまとめました。 企業年金は退職後の生活が安定したものとなるように、退職金を年金として10年、20年などの希望する期間に受け取る制度で、企業年金制度のある企業で実施されています。…

【新年会の幹事必見!】確定申告で困らないために、飲み会の会計で知っておきたい4つのこと

その飲み会は経費で落とせる?落とせない? 上司に突然飲み会の幹事を任せられた!でも初めてのことで飲み会の会計が経費として計上できるのか、または会費をとって会計をすべきなのかわからないという人もいるのではないでしょうか?新卒社員ならともかく、…

通勤手当が知らぬ間の税制改正? 新幹線通勤もマイカー通勤も自転車通勤だって非課税に!

通勤手当が知らぬ間の税制改正?|新幹線通勤もマイカー通勤も自転車通勤だって非課税に! 勤務先から支給されている通勤手当の非課税限度額が、税制改正により引き上げられました。通勤距離が長いという方ほどお得な改正です。マイカー通勤だけでなく、新幹…

2月2日の法定調書と支払調書の提出期限前に記入方法を理解しよう!

提出期限前に法定調書と支払調書の記入方法を理解しよう! 毎年、申告期限までに余裕をもって申告ができるよう、12月の下旬には、税務署から企業へ、法定調書や支払調書の提出書類が送付されてきます。提出期限は、翌年の1月末。2014年度の申告の場合、1月31…

確定申告|太陽光発電などの発電設備も「固定資産税」の課税対象となる!?

太陽光発電などの発電設備も固定資産税になるのか 最近家庭用に太陽光パネルを取り付ける家庭も増えているかと思いますが、太陽光パネルなどの発電設備は固定資産税として計上できるものなのでしょうか。 目次|固定資産税と発電設備について ■1)固定資産税…

給与明細から見る、手取りの計算方法

給料がこんなに少なくなる、大きな理由 毎月楽しみな給料日。経理担当者から手渡される給与明細書はわくわくしますよね。でも、やっぱり額面と手取りの金額がかなり違うのは毎回ショックを受けてしまうものです。給与明細書の項目のうち、もっとも気になる稼…

請求書に源泉徴収を入れる理由。個人事業主やフリーランサー必見!

請求書に源泉徴収を入れて確定申告の計算を楽にしよう 請求書はビジネスにおいて非常に重要な役割をもっており、中には源泉徴収税や消費税額を含んだものもあります。請求書とは、商品やサービスの提供に対して、代金を支払ってもらうための書類です。請求書…

源泉所得税|源泉徴収の対象となる報酬や料金は多岐にわたっている?

源泉徴収の対象となる報酬・料金に含まれるものまとめ 年末になると年末調整や確定申告の時期となり、源泉所得税や還付金が気になる方も少なくないことでしょう。とはいえ、源泉所得税の意味が分からなくて、誰にも聞けなくて困っている方が多いのも事実です…

所得税の控除まとめ|たった1円の違いで税率も控除額も大幅変わる!?

なんとなく納めていませんか? 収入と控除から考える所得税 国の税収の大きな割合を占めるのが個人が納める所得税です。 消費税に比べれば日常的に考える機会は少ないかも知れませんが、収入から税金を支払うことで人生のワークスタイルとも大きく関わります…

【最新版】源泉徴収の書き方と注意点|意外なところでつまずきやすい源泉徴収作成

意外なところでつまずきやすい源泉徴収作成 年末になるとよく聞く源泉徴収票ですが、具体的にどうやって書くものなのか知らないことも多いようです。税金を会社が天引きして国に納めるという大事な制度です。会社に所属している全社員分の作成を経理が担当し…

確定申告|源泉徴収票を紛失した場合の手続きまとめ

確定申告に必要な源泉徴収票…なくしたらどうする? 年度中に転職をした方はもちろん、フリーランスやサラリーマンでも確定申告が必要な方は、源泉徴収票が必要になります。しかし、源泉徴収票は企業によってもらうタイミングが異なりますし、とても小さな紙…

確定申告書|なぜ収入金額等と所得金額の欄は違うのか?

収入・所得・課税される所得金額の違い いざ確定申告書に記入しようとして、似たような単語が並んでいて判断に迷うことも。 第一表には左側に収入金額等、所得金額、所得から差し引かれる金額と続き、右には課税される所得金額が記載されています。 事業主な…

確定申告|得する外貨預金の仕組みと税金の計算方法まとめ

外貨預金の仕組みと税金についてまとめました FXなどの投資も広がり外貨預金をしている方も少なくはないのではないでしょうか。外貨預金と外貨預金にかかる税金について紹介します。 目次|知っていると便利「外貨預金と税金について」 ■1)外貨預金の仕組み …

これは便利!必要経費の一覧表テンプレート【個人事業主・中小企業】

エクセルやワードを利用した必要経費の一覧表が使いやすい! 年末になると、年末調整や確定申告が恒例の行事となっていますが、個人事業主や中小企業の方にとっては、どんな費用が必要経費として所得税控除の対象となるかが気になるところでしょう。 時代の…

家賃補助活用かマイホーム購入か。うちの会社の「通勤2km圏内の家賃補助」の謎に迫る

家賃補助かマイホームか。通勤2km圏内の謎に迫る 会社から2km圏内に引越しをした場合、家賃補助が受けられるという会社も多いと思います。この通称「2kmルール」、実は慣例的に決まっているのではなく、税法上の意味もあるのです。今回はこの2kmルールに迫っ…

確定申告|市民税の具体的な計算方法まとめ

市民税の計算方法についてまとめてみました。 確定申告や年末調整によって決定するのは、所得税だけではありません。市民税の仕組みについてみていきましょう。 目次|市民税はこう決まる!こう払う! ■1)住民税の徴収方法 ■2)市民税の税額決定の仕組みとは ■…

確定申告|職場で源泉徴収票が出なかった場合の確定申告ってどうする?

源泉徴収票を発行してもらえなかった場合の手続きまとめ 給与所得者の場合、給与の支払い総額や天引きで徴収された所得税額、社会保険料を知るための手段として、源泉徴収票が必要です。確定申告の必須書類にもなっています。それでは、手元に源泉徴収票がな…