経営者1年目に読む税務と会計|税務の考え方と会計の考え方の違いを学ぶ

税務と会計は決定的に違うもの 個人事業主にしろ事業承継にしろ経営者になると、まず理解しておかなければならないのは会社のお金のことです。会計はそのお金のことを理解するのにもってこいなのですが、同時にこれを理解するのはかなり難しくもあります。こ…

確定申告|副業で20万円以上稼いだら、確定申告しなくちゃいけないの?

副業で確定申告が義務となる基準とは サラリーマンとして得る給料だけでは家計が厳しかったり、趣味に費やすお金が欲しかったりなどの理由で、副業としてアルバイトやフリーランスでの仕事をしていることがあります。この場合、副収入に関しての税金はどうな…

青色申告で65万円控除|消費税増税前に不動産所得を得た人とこれから目論む方必見!

不動産所得のある方は必見! アパートやマンションの賃貸経営をされている方。賃貸料などの不動産所得にも税金がかかることをご存知でしょうか。そうしたお話をご存知の方は「青色申告制度」の「65万円控除」を積極的に活用しようと思われている方も多いは…

サラリーマンの確定申告|雑所得が20万以上と20万以下の違いを教えて

サラリーマンの確定申告で、雑所得が20万円以上と20万円以下の違いの場合をまとめてみました。 不況や賃金アップ抑制のあおりを受け、副業をするサラリーマンが増えてきました。副業で得た収入は年末調整に反映されないために、自分で確定申告する必要があり…

相続と年末調整の関係は?税金の仕組みを勉強しよう!

相続と年末調整は関係ない!? 「年末調整は会社が確定申告をしてくれて、そのとき納めすぎたお金が返ってくるもので、もし相続をして自分で確定申告をすれば、年末調整は必要ない」。こんな風に考えてはいませんか。これは大きな間違いです。このような勘違…

譲渡所得について|マンションの売却をした後に確定申告する場合

マンション売却と確定申告についてまとめました 不動産投資をしていたマンションを売却する。買い替えや新築を建てたので売却するなどといった場合、収入が発生します。このような収入がある場合は、確定申告が必要となります。今回はマンション売却に関する…

市民税非課税って何?市民税非課税をわかりやすく解説

社会問題でも取り上げられる市民税非課税のポイント 世帯によっては市民税が非課税の場合もあります。主に所得金額や市町村によって課税なのか非課税なのかの線引きが異なりますが、生活保護受給者の急増を受けてにわかに関心が高まってきたワードの一つです…

確定申告基礎知識|株の配当金を確定申告する方法まとめ

株の配当金の確定申告をすべきかどうかについてまとめてみました。 基本的に、配当金はあらかじめ所得税や住民税が天引き(源泉徴収)されてから、株主に支払われます。この源泉徴収された税金をそのままにすべきか、確定申告すべきかについて考えていきまし…

租税公課とは?|どのサイトよりも詳しくてやさしい税の話

租税公課について、該当する科目、該当しない科目 具体的に解説します! 「租税公課」とは、どうも税金に関係しているらしい。でも具体的にはどういう意味なのかはよくわからない。…という方も多いかもしれません。租税公課とは?何が該当するの?確定申告の…

確定申告|高額療養費の申請方法と支給される人の対象まとめ

高額な医療費を支払った方の確定申告の際の必要な書類についてまとめてみました。 入院や手術などで、一定の自己負担限度額を超えた場合に適用することができる高額療養費制度。この制度を利用すれば、あとで限度額を超えた金額を払い戻しすることができます…

相続税増税に向けてできる節税対策と注意点まとめ

平成27年から相続税が増税!今から出来る対策を立てよう! 税制改正により、平成27年1月1日から相続税が増税されます。さらに、最近の日本は少子高齢化が進んでおり、今後、相続税が課されることになる人は増加する見込みになります。そこで、今回は相続税増…

総合課税の税率|所得税の税率と計算方法について

所得税の税率と計算方法についてまとめてみました。 確定申告や年末調整の時期になると意識するのが「所得税」です。思ったより税金が戻ってきたり、戻ってこなかったり。では、所得税はどうやって計算するのかについてまとめてみました。 [目次] ■1)総合…

確定申告に見るアベノミクス|国税庁のデータからアベノミクスと株式等の譲渡所得の関係を追う!

先日、衆議院が解散されました。今回の総選挙では「アベノミクス」が争点となるものと見られます。2012年12月26日の第2次安倍内閣の誕生から政権の経済政策として掲げられてきた同政策。これについては賛否両論ですが、12月14日の投開票によってその是非が明…

確定申告|消耗用品と雑費の違いを解説します

混同しやすい消耗品費と雑費の違いを学ぼう! 確定申告で迷いやすい費目に、消耗品費と雑費があります。どちらにすべきなのか、そのポイントを押さえましょう。 [目次] ■1)消耗品費にできる二つの条件とは ■2)雑費として計上できるものとは ■3)10万以上…

学生やフリーターの確定申告|バイト代で引かれた税金はどうなるの?

バイト代から天引きされた税金を確定申告で取り戻すには 学生やフリーターのバイト代はきちんと年末調整されていますか? 通常、会社員同様に会社が年末調整をしてくれて、払いすぎた税金は還付されますが、年末調整されなかった場合は、払いすぎた税金は戻…

白色申告|事業所得300万以下の場合、記帳の義務はありますか?

税制変更は頻繁にあるものと考えましょう 今回のテーマは、白色申告においてもし事業所得が300万以下だった場合に記帳の義務があるかどうかということですが、皆さんはおわかりになるでしょうか。 正解については勿論解説致しますが、こうした質問が生じるこ…

太陽光発電を利用するブロガーを考察!どんなデメリットがあるの?

エネルギーを自社で生み出す太陽光発電の意外な盲点 東日本大震災以降、エネルギーをどう確保するかが個人事業や中小企業レベルそしてでも議論されるようになりました。そのなかでもとくに注目を集めているのが太陽光発電です。 ソーラーパネルを自社ビルや…

青色申告|開業して税金の控除を受けたいなら「所得税の青色申告承認申請書」を提出しよう!

申請が面倒!?実際は全く難しくない青色申告承認申請書 青色申告のデメリットに「申請が面倒」「複式簿記が難しい」ということがよく挙げられます。しかし、複式簿記は別としても、青色申告の申請は実は全然面倒 でもなんでもないのです。以下では具体的に…

年末調整の時期到来!あなたは○万円得をする?絶対に確認しておきたい3つのこと

そもそも年末調整って何?なんで年末調整しなきゃいけないの? こんにちは、freeeの経営ハッカー編集部です。 最近、会社から年末調整の書類を渡されている方も多いと思います。 しかし、この紙に記載することで自分にどんなメリットがあるか理解して記載し…

個人に対して源泉徴収が必要となる報酬・料金を支払う場合の注意点まとめ

個人に対して源泉徴収が必要となる報酬等を支払う場合に何が必要か? 個人で事業をされている方も、会社を経営されている方も経理担当者の方も、対価として個人に報酬等をお支払する場合には源泉徴収しなければならないということを覚えておかなければなりま…

引っ越しをした際、年末調整に関する書類記載で注意したい変更点まとめ

この前引っ越したけど年末調整のときに記載する住所って引っ越し前のでもいいの? こんにちは、freeeの経営ハッカー編集部です。 まず上記の質問に答えると、答えは「No」です。 正確に言えばグレーに近い「Yes」なのですが、様々なリスクヘッジのため、今回…

去年と今年の年末調整って何か違うの?損をしないために知っておくべき2つの変更点

去年と今年の年末調整って何か違うの? 今年も年末調整の時期がやってきました。 年末調整は、毎年毎年、若干ですが変更点があります。 ところで皆さんは、今年の年末調整の変更点はご存知でしょうか。 去年と同じようにやると、無駄な損をしてしまう可能性…

源泉徴収票の見方|個人事業主もサラリーマンもイチから学ぶ税金の話

源泉徴収票は4つの金額の見方がポイントになる! 年末になると、給料明細と一緒に小さな紙を受け取ったなら、それが源泉聴取票かもしれません。源泉徴収票って書かれてあると、これって何だろうと思ったことはありませんか。源泉徴収票の見方が分からなくて…

年末調整|シャチハタを印鑑として認められる場合と認められない場合

年末調整時に使える印鑑とは? 皆さんは、年末調整の記載について正確な知識をお持ちでしょうか。例えば、会社員であれば年末に近づくと年末調整表が配られます。提出書類で記載ミスをしてしまった。こんな時あなたならどうしますか?基本的には間違えてしま…

年末調整|今年の年末調整が来年の住民税を決定する?給与明細から納税を知ろう

自分の納めている税金を知るにはまず給与明細書から 日本に住所がある限りついて回るのが住民税です。県単位と市町村単位の2種類があり、それぞれ納税者が毎年納付する義務があります。本来であれば、納税者自身が役所に納めるのが筋ですが、サラリーマンで…

源泉徴収|報酬が天引き!?フリーランスの源泉税って取り戻せますか?

ついついスルーしがちなフリーランスの源泉徴収を知ろう サラリーマン時代、給与をもらっている間は勝手に天引きされているしくみが源泉徴収です。フリーランスで働き始めてから源泉徴収とはさよならできると思っていたのに源泉徴収されていることは意外に多…

年末調整|年末調整で過不足額の計算に困らない計算例3選

年末調整|年末調整で過不足額の計算に困らない計算例3選 年末調整を行った結果、 ・すでに給料から天引きされている源泉所得税の合計額>年末調整で計算した年税額 →納め過ぎていた源泉所得税が還付されます。 ・すでに給料から天引きされている源泉所得税…

年末調整|所得税徴収高計算書の書き方に困らない記入例3選

年末調整にあわてない源泉納付書の書き方 年末が近づくと頭の痛いのが年末調整の源泉徴収処理です。源泉徴収でまとめた所得税をきちんと納税するためには所得税徴収高計算書をもれなく記入しなければいけません。暮れの忙しい時期に困らないための所得税徴収…

年末調整で過納額の還付と不足額の徴収が生じた場合の対応まとめ

年末調整におけるもっとも重要な事務手続き 1年間納めてきた所得税をまとめたものと、本年中の給与所得に対する年調年税額の差額を調整する、年末調整事務のクライマックスともいえる作業です。 毎月の給与明細の控除欄にある「所得税」は、あくまでも概算の…

配偶者特別控除額を源泉徴収票へ記入する際のチェックポイント3つ

配偶者特別控除額の概要と注意点 配偶者特別控除は「独身の人よりも配偶者がいたほうが生活が大変なはず」という考え方のもと設けられた、所得税額控除の制度です。 しかしこの控除制度、有名ではあるものの、正しい解釈がわからなかったりします。 というの…

寡婦(寡夫)控除 | 年末調整

本年の途中で寡婦(夫)になったら 本年の途中で所得者本人が寡婦または寡夫に該当することとなった場合は、所得控除の対象になりますので、年末調整において「扶養控除等(異動)申告書」に記載する必要があります。 寡婦とは 寡婦とは、受給者本人(女性)…

遺族の受ける恩給や年金 | 合計所得金額に含まれない所得

控除対象者の判定に含まれない所得 年末調整で各種控除の申請を行う書類のひとつに「扶養控除等(異動)申告書」があります。「扶養控除等(異動)申告書」は、各家庭の配偶者や扶養家族などの所得を把握するための書類です。 控除対象配偶者や扶養親族、障…

家内労働者等│特例で65万円の必要経費計上が認められている

家内労働者等は特例で必要経費65万円の計上が認められている 原則として、事業所得又は雑所得の金額は、総収入金額から実際に使用した必要経費を差し引いて計算するという決まりになっています。しかし、家内労働者等の場合であれば、必要経費として65万円ま…

年末調整過納額還付請求書(兼残存過納額明細書)|年末調整

年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書とは 源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額の還付請求をする際の手続きの際に必要な書類です。 年末調整過納額の還付請求をするための条件 ①解散、休業等により給与等の支払者でなくなった、又は徴収す…

災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律|年末調整

災害減免法とは その年に、所災害によって住宅や家財に損害を被った時、所得税の軽減免除が受けられることをいいます。 受けるための条件として、損害金額がその時価の2分の1以上で、かつ、災害にあった年の所得金額の合計額が1000万円以下で、かつ、その災…

社債的受益権|年末調整

社債的受益権とは 特定目的信託の受益権として、あらかじめ定められた金額の分配を受ける種類の受益権のことをいいます。 海外投資家などが受ける特定目的信託が発行する社債的受益権の配当は、非課税となっています。 <年末調整に関するすべての疑問を解決…

老人控除対象配偶者|所得税や住民税はそれぞれいくら?

老人控除対象配偶者|所得税や住民税はそれぞれいくら? ■老人控除配偶者とは 扶養控除は子供ばかりではなく、おじいちゃんや、おばあちゃんも対象になるんです。 老人控除配偶者とは以下すべてに該当する人のことを指します。 ・年末調整をする人と生計が同…

利子所得|税金対策と節税対策まとめ

利子所得|税金対策と節税対策まとめ ■利子所得とは 利子所得は銀行などの預貯金に対しての利子の他、公債や社債の利子として得た所得のことを指します。また、利子所得は源泉徴収される前の金額のことです。 ■利子所得は申告する必要があるのか 利子所得は…

不動産所得|不動産の所得がある人の申告方法まとめ

不動産所得|不動産の所得がある人の申告方法まとめ ■不動産所得があれば確定申告を 不動産所得とは、土地やアパート等の不動産、航空機や20トン以上の船舶の貸し付けによって生じる所得のことです。総収入から必要経費を差し引いた額が不動産所得金額となり…

復興特別所得税|所得がある人は知っておくべき増税について

復興特別所得税|所得がある人は知っておくべき増税について ■復興特別所得税について 復興特別所得税は、東日本大震災の復興財源確保のため、2011年12月の特別措置法で創設されました。 2013年から2037年まで実施されます。 この期間については、所得税に、…

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には?

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には? ■確定申告で配当金の所得税が戻る場合も 配当所得に対する所得税は、源泉徴収課税なので、基本的に確定申告の必要はありません。 ただ、全体の所得金額によっては、確定申告で配当所得の所得税が戻る場合が…

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話 ■合計所得金額で分かれる配偶者特別控除 配偶者控除は、配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合に受けられる控除です。 これに対して配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額が38万円を超え、かつ76万円…

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話 ■配偶者控除とは 所得税を算出する際に所得の総額から差し引く所得控除の一つです。一定の条件を満たした税法上の配偶者が対象になります。 この場合、内縁関係の人は対象になりません。 ■配偶者控除の条件と…

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説 ■年調年税額とは 給与の支払いを受けている方は、月々の給与から収入に応じて源泉税として、一定額が給与から天引きされています。年末調整では、扶養控除をはじめ保険料などの一部を所得から控除することで年間の…

特定投資法人の投資口の配当等|配当所得について

特定投資法人の投資口の配当等|配当所得について ■特定投資法人とは 特定投資法人とは、投資口と言う独自の単位で投資家を募る投資法人の中でも公募・オープンエンド型の要件に該当する投資法人のことを指します。 ■特定投資法人の配当所得について 特定投…

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう!

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう! ■特定株式投資信託とは 特定株式投資信託とは、国や会社のいわゆる借金である公債・社債ではない株式の特定証券投資信託のうち、信託財産が株式のみの、上場投資信託(ETF)などの上場しているものをいいま…

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは?

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは? ■銀行の定期預金の「給付補填金」の源泉徴収とは 給付補填金とは、銀行などの金融機関の定期預金で、預け入れた積立金と満期の日に受け取る給付金の差額をいいます。給付補填金は、預貯金の利息…

退職所得|退職金にかかる源泉徴収税額の速算表はこちら!

退職所得|退職金にかかる源泉徴収税額の速算表はこちら! ■退職所得とは 退職金から退職所得控除を引いて2で割ったものが退職所得となり、給与所得など他の所得とは別に所得税の計算をします。 退職所得=(退職金-退職所得控除額)×1/2 退職所得控除額は…

その他の所得|その他の所得ってなにがあるの?所得の種類まとめ

その他の所得|その他の所得ってなにがあるの?所得の種類まとめ ■その他の所得の種類 その他の所得には、次に挙げる所得があります。 ・譲渡所得 資産を譲渡したことで得る所得を指します。対象となる資産は、土地や借地権、建物等の不動産、株式や公社債等…

総収入金額|収入金額との違いと、総収入金額の意味とは

総収入金額|収入金額との違いと、総収入金額の意味とは ■収入金額とは 収入金額とは、収入から必要経費などを引く前の収入の合計額をいいます。給与所得者では1年間の給与等の総額を指し、給与所得控除を引く前の額です。 ■総収入金額と収入金額の違い 総収…