知って得する!雇用促進税制の仕組み【制度の内容と適用範囲】

会社を運営するにあたって国に払う義務がある税金には様々な種類があります。その中でも主となる税金は法人税ではないでしょうか。そんな法人税を控除してくれる会社にとって優しい制度が実はあり、それが雇用促進税制という制度です。ここでは雇用促進税制…

別居している家族でも大丈夫?扶養控除のポイント

フリーライターの小林義崇です。 前回の記事では、夫や妻を扶養しているときに使える配偶者控除・配偶者特別控除について説明しました。これらの控除のほかにも、親族を扶養することで使える控除があります。それが扶養控除です。 平成30年分から大きく変わ…

平成30年分から大きく変わる配偶者(特別)控除の仕組み

フリーライターの小林義崇です。 前回の記事では、相続税についてお伝えしましたが、今回は所得税のお話です。 財産が親から子等に移るだけなのに、なぜ税金がかかるのか? 相続税の代表的な2つの機能とは 所得税を抑える効果のある「所得控除」には、社会保…

源泉所得税についてあなたは知っていますか?納期から意味合いについて紹介

ほとんどの会社で発生するのが「源泉所得税」です。所得税と何が違うの?と思う方もいるでしょう。そこで今回は、「源泉所得税」の意味から納期、さらに初めての人も分かる簡単な手続き方法も紹介します。 そもそも源泉所得税とは何か? 会社で預かっている…

配偶者控除の見直しにより、女性の社会進出は促進されるか?

平成29年度税制改正で焦点となっているのが、配偶者控除の見直しです。2016年8月末には配偶者控除を見直して、片働き世帯、共働き世帯ともに所得控除ができる新しい制度(夫婦控除)の創設が有力視されていましたが、最終的には見送りとなる公算が大きいよう…

「所轄市区町村長」とは?

給与所得者の扶養控除(異動)申告書を記入するときに、一番上の記入欄にある、所轄税務署長等の欄の「所轄市区町村長」について解説します。 従業員を雇い入れた時や、その年度の初めに、「平成○○年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しても…

配偶者控除が消えて「夫婦控除」が始まる? 経営者が気にしておくべきポイントとは

「近々、配偶者控除がなくなり、代わりに夫婦控除が導入されるかもしれない」という話題が、世間の関心を集めています。政府内において、現行の所得税の配偶者控除の見直しが検討されているためです。早ければ、2017年税制改正にて行われる模様です。そして…

年末調整では戻ってこない! サラリーマンの医療費控除は確定申告で

年末調整はおなじみでも、確定申告での医療費控除については良く知らないという方はいらっしゃいませんか。「制度は知っているけれど面倒だし」、「それほどお得でもなさそうだし」と思われるでしょうか。しかし、医療費控除の確定申告をしない方も、少しだ…

確定申告で知っておくと便利 ~こんなものまで?医療費控除に含むことができるもの~

確定申告書の「所得から差し引かれる金額」の欄には「医療費控除」という項目があります。これは、簡単に言うと、一定の医療費を負担した場合、所得税の計算から一定額を超えた分を控除しても良いですよというものです。 会計事務所で確定申告書のチェックを…

年末調整の金額が間違っていた場合の対処法

企業では10月から12月の時期にかけて、年末調整を行うことと思います。年末調整のやり方というのは企業によって若干変わるかもしれませんが、だいたいが社員に年末調整のための書類を記載してもらって会社側でチェックするという方式ではないでしょうか。 従…

使い勝手の良い勘定科目“社長借入金”は、相続税課税もあり得る諸刃の剣

会社が税務署に申告する際の決算書に、「借入金」という勘定科目が載る場合があります。会社が事業運営するにあたって、外部から調達したお金で返済義務がある債務です。相手先は銀行等の融資先が多いですが、経営者自らが会社にお金を貸している「社長借入…

「法人成り」した個人事業主が確定申告で気をつけるべきポイント

「法人成り」って何ですか? 個人で事業をしてきた人が法人を設立することを「法人成り」といい、ゼロから法人を設立することとは区別しています。個人事業主が法人を設立すると、持っていた資産や商品を法人に引き継ぐ処理が必要になります。 では、なぜ「…

個人事業主はお金が命!忘れがちな節税項目を一挙紹介!

個人事業主として大事なことは、なんといってもお金です。普段からずっと稼げる状態だったら良いのですが、月によっては稼げない時期もある場合がほとんどだと言えます。ただ稼げない場合があったとしても、お金をプールしておけば廃業することもないです。 …

主婦が扶養に入ったまま個人事業主になることは可能 ~税金と社会保険の扶養要件について~

ひとくちに経営者と言っても、事業規模はさまざまです。個人事業主として小規模な事業を行っている主婦もいることでしょう。「個人事業主になったら、夫の扶養から外れなくてはならないのか?」と心配している方も多いと思います。 結論から言うと、扶養に入…

会社員の給与の所得税、計算方法を分かりやすく解説します

収入のあるところ課税有りの言葉通り、給与からは所得税が引かれます。 日本の企業では、給与日は毎月1回のところがほとんどです。受け取る方も、給与日が近くなると何だかソワソワしてしまいます。さてその給与ですが、明細を見ると何だか色々引かれていま…

「扶養手当と扶養控除って何が違うの?」 2つの違いを税理士がわかりやすく説明

「扶養手当」と「扶養控除」、どちらも扶養に関する言葉であるのはわかりますが、中身まで正確に理解しているかというと、ちょっと自信がない……という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「扶養手当」と「扶養控除」の違いについて、税理士がわかりやす…

中小企業投資促進税制の「期間・対象設備・指定業種」を解説します

中小企業者にうれしい控除制度 中小企業投資促進税制は、一言で言うと「中小企業者などが機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、『取得価額の30%の特別控除』または『7%の税額控除』のどちらかを選択して適用できる制度」です。 特に、”生産性の…

通院のタクシー代は医療費控除の対象になるのか? | 確定申告の基礎知識

確定申告の中でも利用することが多いと言われている医療費控除。医療費控除の対象となる医療費は意外に細かく定義されていて、しっかりと理解されている方が少ないです。そこで今回は医療費控除の対象になる意外なものを含めて、医療費控除の対象となる医療…

生命保険の保険金を受け取った場合の医療費控除 | 確定申告の基礎知識

確定申告のときに、適用される方が多い医療費控除ですが、大きな病気や怪我の場合、生命保険などの保険金を受取って医療費に充当したということもあるかと思います。そのような場合、医療費控除はどのようになるのでしょうか。今回は生命保険の保険金を受け…

「夢のマイホーム」が近づく? マイナス金利により住宅ローンがお得に

2016年1月29日より、日本銀行はマイナス金利政策を導入しました。経済に大きな影響を与えることは間違いないですが、生活においてはどのような影響が出るのでしょうか? 今回は、マイナス金利の影響を住宅ローンに絞ってお伝えしようと思います。 1)マイナ…

ふるさと納税寄付額トップ 「宮崎県都城市」はなぜ人気?

2015年も人気が継続した「ふるさと納税」。身近に控除を受けられることや、お得に地方の自治体の名産品を獲得できることから、多くの人が制度を利用しています。2015年のふるさと納税では、宮崎県都城市の寄付額が35億円にも上り、寄付額のトップになったよ…

医療費控除の領収書はコピーでも大丈夫なのか | 確定申告の基礎知識

確定申告で利用する人が多い医療費控除。医療費控除は原則として医療費が10万円を超えた場合に適用されるものですから、領収書の管理もかなり面倒なのではないでしょうか? 今回は、医療費控除に用いる病院の領収書はコピーでも大丈夫なのか説明します。 参…

確定申告の所得税にかかる控除をわかりやすく解説

1)はじめに 個人所得税の確定申告シーズンがやってきました。所得税では政策的な見地から、数多くの所得控除や税額控除の制度が設けられています。配偶者控除や医療費控除といったものは馴染みがあると思いますが、中にはあまり知らないものもあると思いま…

住宅ローン控除の必要書類とその集め方

はじめに 確定申告の時期になってきました。事業をしている方、大家をしている方などは、一定の場合については確定申告をする必要がありますので、今から書類等の整理を慌ただしくやっているところではないでしょうか。 サラリーマンは基本的には年末調整で…

【確定申告】共働きの場合の医療費控除の上手な使い方とは

確定申告をする場合、多くの控除が適用される可能性があり、見逃さないようにチェックをしておく必要があります。特に身近なのが、医療費控除ではないでしょうか。今回は、近年のライフスタイルに合わせ、共働きの場合の医療費控除の上手な利用方法について…

来年の確定申告から医療費控除特例の対象になる「スイッチOTC医薬品」とは

確定申告の医療費控除は、毎年多くの人の関心ごとになりますが、2017年の確定申告より、特例が加わり、10万円を超えていなくても一定の条件を満たせば、所得が控除されるようになります。今回は、医療費控除の特例についてみていきましょう。 1)医療費控除…

ふるさと納税をした人は要注意? 確定申告の注意点

商品を選んで地方の自治体に寄附金を支払うふるさと納税。去年も多くの人がふるさと納税によってオトクに商品をゲットしたことだろうと思います。ふるさと納税をした場合の確定申告はどのように行えばよいのでしょうか? 今回はふるさと納税と確定申告の関係…

住民税の生命保険料控除についてわかりやすく解説

年末調整や確定申告で、所得税の生命保険料控除を受けている人は多いと思います。しかし、所得税だけでなく、住民税にも生命保険料控除があることをご存じでしょうか。今回は、住民税の生命保険料控除について、所得税との違いに焦点を当て、解説します。 1…

確定申告で交通費を控除してもらうには | 知っておくべき基礎知識

会社員の方で会社から負担してもらえない仕事上必要な支出は多々あると思います。それらの支出は、一定の条件を満たせば経費として認められます。確定申告をして所得控除を受けましょう。 これは、「給与所得者の特定支出控除」という制度になります。この制…

介護保険サービスも医療費控除の対象に | 確定申告の基礎知識

確定申告などで、医療費控除が利用できるということは、ご存じの方も多いかもしれませんが、医療費控除の対象に、介護保険のサービスも入っているということはあまり知られていないのではないでしょうか。今回は、対象となる介護保険サービスの種類や、どう…

市販薬の購入で所得税が軽減される 厚生労働省と財務省が控除を検討

税制改正関連のニュースが多く報じられていますが、厚生労働省と財務省が新しい制度を検討しているようです。新制度は、市販薬の購入代金を所得税を課税される所得から控除する仕組みとなっています。 今回は、現在検討中の市販薬の購入に関する新制度を見て…

「扶養家族」って誰のこと? 知っておくべき扶養家族の意味

「扶養家族」という言葉はよく耳にしますが、扶養家族が誰のことを指しているのか詳しくご存じでしょうか。また、会社にお勤めの方は会社に対して扶養家族の申告を行っていますが、何のために申告をしているのかご存知でしょうか? ここからは扶養家族の意味…

よく聞く「130万円」ってなに?扶養控除との関係性

11月頃は、経理に携わる方は年末調整に向けて、個人事業主の方は確定申告に向けて、徐々に慌ただしくなる時期かと思います。年末調整や所得税の確定申告において、ご家族につき「配偶者控除」・「扶養控除」を適用できるのかどうか迷っている人もいるのでは…

住民税の住宅ローン控除についてわかりやすく解説

マイホームの購入を後押ししてくれる制度の一つに、住宅ローン控除があります。年末調整でも住宅ローン控除を受けることができますが、住民税についても控除される場合があることをご存じでしょうか。今回は、住民税の住宅ローン控除について解説します。 1…

ふるさと納税の控除額についてわかりやすく解説

ここ数年よく耳にするようになった「ふるさと納税」。このふるさと納税をするメリットをご存知でしょうか?テレビでよく話題になっているように、その土地の特産物をもらうことを思い浮かべる方も多いと思います。実は、ふるさと納税のメリットはそれだけに…

年末調整における寡婦控除・寡夫控除の申告方法を解説

年末調整で寡婦控除・寡夫控除はきちんと行っていますか?あまり有名ではない控除なので、本来は寡婦・寡夫に該当するにもかかわらず、これまで控除を受けてこなかった人も多いかもしれません。今回は、この寡婦控除・寡夫控除について解説します。 1)寡婦…

火災保険は年末調整の控除の対象?知っておくべき基礎知識

火災や落雷、水濡れや盗難に備え、自宅に火災保険を掛けている人は多いと思います。この火災保険ですが、年末調整で控除の対象となるのでしょうか?今回は、火災保険を中心に、自宅や家財に対する保険料の控除制度について解説します。 1)火災保険は基本的…

保険料控除で節税を|意外と知られていない税金対策

所得税には色々な控除が有ります。給与から天引きされている社会保険料などは、年末調整の時に会社が自動的に控除の対象にしてくれます。しかし会社では把握しきれない、個人で契約し支払っている保険料は各人が会社に申告することで控除の対象となります。…

個人年金保険料控除の申請方法をわかりやすく解説

「個人年金保険料控除」とは生命保険料控除の一項目で、所得計算の際に所得の額から差し引くことができる控除項目です。つまり、個人年金保険料控除が適用される保険料を支払うことで、一定額を上限として、所得税額や住民税額が安くなります。 ここでは、個…

「103万円の壁」って何? 配偶者控除と配偶者特別控除

扶養控除とは違うの? お盆が過ぎたころから急に涼しくなり、気が付けば、今年も残り3か月余り。そろそろ年末の足音が聞こえ始めるこの時期は、「扶養に入るために…」と、バイトやパートの時間調整を考え始める時期でもあります。 一口に扶養とはいっても、…

寄附金の税金控除についてわかりやすく解説

寄附をしたら税金が安くなると聞いたけれど、どんな寄附でも対象になるの?寄附金はいくらでもいいの?その手続きはどうするの?と色々な疑問があると思います。今回は個人が寄附金を支出した場合の、税金の取扱いについて説明します。 1)所得控除(寄附金…

住民税とその基本的な計算について分かりやすく解説

住民税とは? 住民税といえば、給料が支払われる際に所得税の源泉徴収とともに特別徴収されている方が多いと思います。そのため、みなさんにとっても身近な税金と言えるのではないでしょうか? この住民税はどのように計算されているのかと言いますと、所得…

相続税の基礎控除を税理士がわかりやすく解説!

相続税の基礎控除とは? 相続税は、おおまかに言うと、相続によって取得した財産の評価額の合計額(債務等の金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の評価額を加算します)が基礎控除額を超える場合に、その超えた部分の金額に対して課税されます。 相続財…

生命保険料控除についてわかりやすく解説

「生命保険料控除」とは、払い込んだ生命保険料の金額に応じて、その年の所得から一定の金額が差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減される制度です。今回は生命保険料控除について、解説をしていこうと思います。 1)生命保険料控除により税金の負担が軽…

相続税の基礎控除と計算方法についてわかりやすく解説

はじめに 最近よく「相続税の基礎控除が引き下がったので、早めの相続対策をしましょう!」と言う広告を目にしませんか? 実はその通りなのです。平成27年1月1日以後に亡くなった人に対する相続税に関しては基礎控除が下がったので、今まで相続税の対象とな…

給与所得控除をわかりやすく解説

給与所得控除の計算の仕方と仕組みを知っておこう 「給与所得控除」は、給与収入を得ている人が所得税を計算する際に必要な項目です。給与所得控除とは何か、どんな背景があるか、どのように計算するのかを順番に見ていきましょう。 1)給与所得控除とは 給…

アルバイト・パートの扶養控除についてわかりやすく解説

所得税と扶養の範囲について 近年では、共働きの家庭も増え、専業主婦ではなく、パートやアルバイトで働く人も増えてきました。このような主婦の方がパートをするときに気になるのが、納税者の家族であれば、一定の所得が控除になる「扶養控除」です。今回は…

扶養控除と控除対象扶養親族を徹底解説

所得税計算における「扶養控除」を理解しよう 「扶養控除」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は。扶養控除とはどのようなものなのか、扶養控除は所得税にどう影響し、どうしたら所得税を抑えられるのか見ていくことにしましょ…

住民税の扶養控除をわかりやすく解説

「扶養控除」とは、ある納税者が親族を養っている場合に、その納税者の税金が安くなる税制上の仕組みのことをいいます。年末調整や確定申告の時期になると「扶養に入れる」「扶養から外れる」といった会話を聞くことがあるのではないでしょうか。ここでは、…

ふるさと納税で実は損していた?寄附金控除の計算方法をわかりやすく解説

あなたがした「ふるさと納税」。本当に得していますか? 好きな自治体に寄付をする「ふるさと納税」。お礼に自治体から特産品などが届き、しかもお店で買うよりもお得に手に入るということで注目されています。最近では、ふるさと納税に関する本が出版された…