原稿料や講演料などの報酬は所得税(および復興特別所得税)を源泉徴収しなければならない?

源泉徴収とは、「個人や法人に対して報酬・料金等を支払う際、あらかじめ所得税や復興特別所得税を差し引いた額を支払う仕組み」のことです。多くの企業では、従業員に給与を支払う際、あらかじめ住民税(都道府県や市区町村に申告納税する税金)や社会保険…

源泉所得税についてあなたは知っていますか?納期から意味合いについて紹介

ほとんどの会社で発生するのが「源泉所得税」です。所得税と何が違うの?と思う方もいるでしょう。そこで今回は、「源泉所得税」の意味から納期、さらに初めての人も分かる簡単な手続き方法も紹介します。 そもそも源泉所得税とは何か? 会社で預かっている…

マイナンバー制度導入で平成28年分の源泉徴収票が新様式に ~変更箇所を完全解説~

マイナンバー制度に伴い、平成28年分から源泉徴収の様式が変更されました。どの部分がどのように変更されたのか、またどのような点に注意すれば良いのかを解説します。 1.そもそも「源泉徴収票」とは? 個人事業主は別として、会社員であれば源泉徴収票とい…

健康保険とは何なのか、誰のためのどんなメリットがある制度かを解説

会社勤めの方にとって、健康保険はその他の社会保険制度と比較して一番馴染みのある制度ではないでしょうか。例えば、カゼをひいて病院で診察や治療を受けたときには健康保険の給付を受けて一部の窓口負担金で治療を受けています。 このように身近な社会保険…

「納期の特例」は万全ではない? 今さら聞けない「源泉所得税」の制度とは

7月10日は源泉所得税の納付日でした。毎月10日は原則として源泉所得税の納付日となっていますが、小規模の会社や個人事業主の方の場合、納期の特例の適用を受けていれば、7月10日と翌年1月20日の2回にわけて、預かった源泉所得税を納めてよいことになってい…

アルバイトの人の源泉徴収についてわかりやすく解説

アルバイトの人に支払う給与について、きちんと所得税及び復興特別所得税(所得税等)の源泉徴収を行っているでしょうか。「給与の支払額が少額だから、税金は関係ないだろう」と源泉徴収のことを考えていない方をよく見受けます。 しかしながら、給与の支払…

源泉徴収票の見方 | 年末調整時に知っておきたい知識

年末調整が行われると、皆さまのお手元に源泉徴収票が配られることと思います。 この源泉徴収票からどんな情報を読み取れるかご存知ですか? 給料に関係する内容のようだけど、それぞれの数字が何を表しているかは分からないという方も多いと思います。 源泉…

アルバイトの源泉徴収はどうなっている?年末調整・確定申告は必要か解説

アルバイトだから、パートだから、そんなに稼いでいないから、と税金には無関係と思っている方はいませんか?月々の稼ぎは少なくても、集中的に稼いで収入の多かった月はないでしょうか? そんな方は、年末調整や確定申告で税金の還付が受けられる可能性があ…

平成28年分 源泉徴収簿の書き方・作り方を分かりやすく解説

(最終更新: 2017年8月30日) 目次 源泉徴収簿とは 源泉徴収簿の書き方 1)甲欄・乙欄を選択し、源泉徴収簿に必要な情報を記入する 2)毎月の給与支払時に源泉徴収簿へ記入する 3)賞与支給時に源泉徴収簿へ記入する 4)源泉徴収簿での年末調整のしかた まと…

フリーランスの人が知っておきたい源泉徴収額の注意点

「源泉徴収」とは、主にフリーランス・個人事業・従業員の方へ報酬を払う際に一部を所得税として会社が天引きし、受取者の代わりに国へ納付するものです。この制度を義務付けることにより、国としては早く確実に税金を徴収することが可能になります。 フリー…

交通費は源泉徴収の対象?交通手段に分けて解説

皆さんの通勤のための交通費は給与の一部として、源泉徴収の対象となるのでしょうか?それとも、源泉徴収の対象外なのでしょうか?今回は、会社から支給される交通費と源泉徴収の関係についてご説明致します。 1)所得税の申告納付と源泉徴収制度 所得税は一…

株取引の源泉徴収はどうする?知っておくべき投資と会計の基礎知識

NISA(少額投資非課税制度)によって、株などへの投資が身近なものにありつつあるようです。NISAは、100万円までの投資に対する利益や配当に税金を課さない制度(非課税制度)ですが、NISA以外の投資において運用益が生じ、お金を得た場合、そのお金に対して…

退職所得の源泉徴収票の書き方

長年勤めあげた方に退職金が支給される会社がほとんどだと思われます。この退職金に対しても源泉徴収が必要となります。退職金を支払う機会が少なく、源泉徴収業務に慣れていない方に向けて、分かりやすく説明していきます。 1)退職所得とは 一般に退職所得…

非居住者の源泉徴収をわかりやすく解説

グローバル化が進む昨今、日本のみならず、海外にてビジネスをしている、または海外との取引がある事業者の方も多いと思います。その際に問題となるのが源泉徴収です。非居住者の源泉徴収は、税務調査においても頻繁に指摘を受ける項目の一つです。本記事で…

公的年金等の源泉徴収についてわかりやすく解説

公的年金等の源泉徴収の仕組みについて 「所得あるところに課税有り」が所得税の原則ですので、公的年金等にも所得税は課税されます。年金に課税される所得税には、給与所得とは違った計算の基準が設けられています。今回は公的年金等の源泉所得税を説明した…

マイナンバー導入後の扶養控除等(異動)申告書の変更点と書き方をわかりやすく解説

最近、マイナンバー制度が新聞等でも取り上げられるようになりました。サラリーマンが年末調整で提出する扶養控除等(異動)申告書の変更点や留意点について説明します。 <参考>年末調整に迷った時に読む、給与所得者の扶養控除等申告書の書き方 1)平成28年…

源泉所得税額の計算方法は?源泉所得税のキホンをわかりやすく解説します

みなさん、源泉所得税という言葉は聞いたことがある方も多いかと思います。しかし「なぜ給料からお金が差し引かれるのか?」「どのようにしてその金額が決められているのか?」などについてまでご存知の方はあまりいらっしゃらないと思います。 今回は、源泉…

所得税と源泉徴収の違いは?誤解しやすい税の基本を税理士が徹底解説

サラリーマンを経験した方は、給与額面と手取りが違う理由の1つとして、源泉徴収という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。「源泉」=「ものが生ずるもと」、「徴収」=「法規に基づいて、国家が税金を取り立てる」という意味ですが、所得税特有の…

【完全版】5分で理解できる源泉徴収の仕組みと業務|経理・税務の基本知識

会社勤めや会社経営・個人事業をされている方なら経験されている「源泉徴収」。 給与や事業の税金に関する制度ですが、その仕組みや実際の手続き・注意点について把握するのはなかなか大変です。 今回は、源泉徴収の仕組みはもちろん、日々の手続きや実務上…