脱税は割に合わない?大きく変わった「過少申告加算税」と「重加算税」

フリーライターの小林義崇です。 税制改正は毎年行われているものですが、最近、大きな改正があったことをご存知でしょうか?誤って本来の税額より少なく申告してしまったときに課せられる「過少申告加算税」や、意図的に脱税をしたときに課せられる「重加算…

会社を譲りたい人は相続税が大事!計算方法について詳しく知ろう!

やがては会社や遺産を家族に引き継ぎたいと考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、それをするまでにはいろいろと準備をすることがあります。なかでも、相続税の問題は遺産を引き継いだ人にふりかかることも。そこで今回は、相続税の意味合いから…

越境EC事業者必見!Amazonやe-bayの販売手数料に含まれる消費税の取扱い~まとめ~

平成27年10月1日より、「国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直し」がなされ、改正消費税法が施行されました。当該改正により、Amazon・e-bay等の海外プラットホームを利用して輸出販売をしている事業者(セラー)は、海外プラットホームから請求さ…

”住民税”に関する、経営ハッカーでシェアの多かった記事まとめ

住民税とは、地方自治体(都道府県・市区町村)が行政サービスを行うために住民から徴収する税金のことです。 サラリーマンと個人事業主の流れをざっくり紹介すると、こんなかんじ。 <サラリーマンの場合> 1-3月 勤め先の会社から、市区町村役場へ給与支払…

商品券も損金算入できるの?損金算入・不算入の予備知識

商品券も損金算入できるの?損金算入・不算入の予備知識 企業イベントなどで貰える商品券。宣伝のためとはいえ、タダで商品券も貰えるのは受け取る側としてはうれしいものです。では、企業側は商品券をどのような費用として計上しているのでしょうか? [目…

損金不算入!?交際費など無申告や過少申告したらどうなるの?

納税ペナルティー!?交際費など無申告や過少申告したらどうなるの? 毎年納めている税金ですが、交際費など、もし納め忘れなどがあった場合どうなるのでしょうか? 加算税は、期限内に申告を行わなかったり、過少に申告を行ったことに対するペナルティーとし…

決算時に、納付すべき法人税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき法人税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき法人税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき都道府県民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税…

決算時に、納付すべき住民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき住民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき住民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

決算時に、納付すべき市民税が確定した場合の勘定科目は?

決算時に、納付すべき市民税が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき市民税が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 また、法人税、住民税、事業税なども法人税、住民税及び事業税で処理します。

仮受消費税 | 売上時などに消費税を受け取ったときの勘定科目とは

売上時などに消費税を受け取ったときの勘定科目は「仮受消費税」になる 税抜処理方式を採用している場合、売上時などに消費税を受け取ったときは仮受消費税で処理します。 なお、税込処理方式を採用している場合には使用しません。

仮払消費税 | 仕入時などに消費税を支払ったときの勘定科目とは

仕入時などに消費税を支払ったときの勘定科目は「仮払消費税」になる 税抜処理方式を採用している場合、仕入時などに消費税を支払ったときは仮払消費税で処理します。 なお、税込処理方式を採用している場合には使用しません。

法人税、住民税及び事業税 | 決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき税金が確定した場合の勘定科目は「法人税、住民税及び事業税」になる 決算時に、納付すべき税金が確定した場合は法人税、住民税及び事業税で処理します。 なお、法人税、住民税及び事業税を総称した勘定科目である法人税等を使用する場…

未払法人税等 | 決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合の勘定科目は「未払法人税等」になる 決算時に、納付すべき法人税をまだ支払っていない場合は未払法人税等で処理します。 なお、法人税の還付を受けることになるときには、未収法人税等を使用して処理を…

未払消費税等 | 決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目とは

決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合の勘定科目は「未払消費税等」になる 決算時に、納付すべき消費税をまだ支払っていない場合は未払消費税等で処理します。 決算において、税抜方式を採用している場合、仮受消費税の金額の方が仮払消費税…

税金に関する勘定科目一覧

税金に関する勘定科目一覧 税金に関する項目は以下の勘定科目で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある税金に関する勘定科目一覧 未払消費税等 未払法人税等 法人税、住民税及び事業税 仮払消費税 仮受消費税 など