知って得する!雇用促進税制の仕組み【制度の内容と適用範囲】

会社を運営するにあたって国に払う義務がある税金には様々な種類があります。その中でも主となる税金は法人税ではないでしょうか。そんな法人税を控除してくれる会社にとって優しい制度が実はあり、それが雇用促進税制という制度です。ここでは雇用促進税制…

【節税対策】自宅を事務所にする前に、考えておきたい税金への影響

フリーライターの小林義崇です。 最近はフリーランスの仕事や副業をされる方も増えています。ここで、迷ってしまうことのひとつに、「自宅で仕事をすべきか、外に事務所を借りるべきか」というものがあるでしょう。 自宅を仕事場にすると、一部の光熱費や家…

一人っ子は損?相続人が増えるほど、相続税は低くなる

フリーライターの小林義崇です。 前回の記事では、昨今、相続税がかかる人が増えているということについてお伝えしました。 財産が親から子等に移るだけなのに、なぜ税金がかかるのか? 相続税の代表的な2つの機能とは 相続税は、亡くなった方が残された遺産…

財産が親から子等に移るだけなのに、なぜ税金がかかるのか? 相続税の代表的な2つの機能とは

フリーライターの小林義崇です。 ライターとなるまで、約13年間を東京国税局の職員として勤務し、主に”相続税”に関わる仕事をしてきました。 第1回目となる今回の記事では、相続税がどういう仕組みなのか、そもそも、なぜ課されるのか?といった点について、…

資金繰りを改善する方法

毎月支払日が近づくとあたふたしていませんか? 自転車操業からの脱出方法は無いのでしょうか。支払いが滞ると、企業の信用問題です。なぜ資金繰りが厳しいのかの原因を考え、潤沢な資金が無くてもできる資金繰りの方法を探ってみましょう。 勘定合って銭足…

確定申告で知っておくと便利 ~こんなものまで?医療費控除に含むことができるもの~

確定申告書の「所得から差し引かれる金額」の欄には「医療費控除」という項目があります。これは、簡単に言うと、一定の医療費を負担した場合、所得税の計算から一定額を超えた分を控除しても良いですよというものです。 会計事務所で確定申告書のチェックを…

使い勝手の良い勘定科目“社長借入金”は、相続税課税もあり得る諸刃の剣

会社が税務署に申告する際の決算書に、「借入金」という勘定科目が載る場合があります。会社が事業運営するにあたって、外部から調達したお金で返済義務がある債務です。相手先は銀行等の融資先が多いですが、経営者自らが会社にお金を貸している「社長借入…

個人事業主の事業継承における、節税対策と相続争い対策 ~親子間継承と第三者継承の違い~

昨今、中小企業の事業承継について多くの問題が叫ばれていますが、それは法人だけではなく、個人事業主についても同様です。 法人同様、親族間の承継だけではなく、第三者への事業承継も一般化しつつある今、それぞれについてどのような点に注意しなければな…

「法人成り」した個人事業主が確定申告で気をつけるべきポイント

「法人成り」って何ですか? 個人で事業をしてきた人が法人を設立することを「法人成り」といい、ゼロから法人を設立することとは区別しています。個人事業主が法人を設立すると、持っていた資産や商品を法人に引き継ぐ処理が必要になります。 では、なぜ「…

個人事業主はお金が命!忘れがちな節税項目を一挙紹介!

個人事業主として大事なことは、なんといってもお金です。普段からずっと稼げる状態だったら良いのですが、月によっては稼げない時期もある場合がほとんどだと言えます。ただ稼げない場合があったとしても、お金をプールしておけば廃業することもないです。 …

出張が多いなら「出張旅費規程」を作ろう。会社経営のための節税ワザ

起業して数年経つと、気になるのは税金です。事業も軌道に乗り、経営も安定、でも利益が出ると税金にその分持っていかれます。さまざまな節税策がありますが、リアルにキャッシュが出ていくものがほとんどです。資金繰りにいつも頭を悩ませている経営者にと…

年末調整で苦労しないために、日ごろからできる節税のTIPS&ノウハウ

「年末調整」と聞くと、経理の方は「ああ忙しい季節になったな…」と感じ、従業員さんからすると「今年はどれだけ税金が戻るのかな?」とワクワクする季節かもしれません。 立場によって感じ方が違う「年末調整」ですが、今回は「年末調整のために、日ごろか…

ふるさと納税で節税するための解説

ふるさと納税をご存知ですか? ふるさと納税制度。ニュースで聞いたことはあるけれど、実は詳しくは知らない…という方も多いのではないでしょうか? 今回は、ふるさと納税による節税について紹介しますので、ぜひ節税の参考にしてください。 1)ふるさと納税…

役員報酬の未払金に注意!定期同額給与を正しく知ろう

代表取締役などの役員に支払われる「役員報酬」。金額の決め方や処理方法をきちんと知っておけば節税にもつながりますが、知らないと逆に多くの税金を支払わなければならない可能性もあります。 例えば、「役員報酬の未払金を経費に計上すること」。会社の仕…

税理士がお薦めしたい節税法! 「小規模企業共済」をご存知ですか?

個人事業主や会社の役員のみなさんは、「小規模企業共済」に加入していますか? 小規模企業共済は、節税しながら将来の積立ができるだけではなく、いざというときの貸付を受けることもできる、大変メリットの大きい制度です。 税理士が最もお薦めする節税策…

中小企業投資促進税制の「期間・対象設備・指定業種」を解説します

中小企業者にうれしい控除制度 中小企業投資促進税制は、一言で言うと「中小企業者などが機械装置等の対象設備を取得や製作等をした場合に、『取得価額の30%の特別控除』または『7%の税額控除』のどちらかを選択して適用できる制度」です。 特に、”生産性の…

会社設立をしたときの決算日の決め方 | 起業したときに知っておきたいこと

会社を設立するときに決めるのが決算日です。年度の区切りということもあり、3月を決算月、31日を決算日にするケースが多いようですが、実は決算日はしっかりと戦略を持って決めたほうがよいものです。今回は、会社設立をしたときの決算日の決め方について紹…

サラリーマンでもできる2つの節税対策

サラリーマンの場合、確定申告をしなくても会社が年末調整をしてくれるので、節税なんて考えたことないという方も多いかもしれません。しかしサラリーマンでも、きちんと確定申告をした方が、節税になるケースもあります。 たとえば、年末調整では控除されな…

税金の払い過ぎでは?海外で払った税金を取り戻そう

最近の証券会社における外国株式取扱い強化などにより、海外への株式投資が容易になっています。特に米国企業は、なじみのある企業が多く、かつ株主重視のゆえの高い配当利回りを実現している企業も多いので、投資先としては魅力的です。私も外資系企業に勤…

消費税の免税をフル活用|会社の節税対策

はじめに その課税期間の基準期間における税抜課税売上高が1,000万円以下の事業者は、消費税の納税の義務が免除されます。この免税制度の仕組みを上手に使うことで、節税できる場合があります。ここでは、消費税の免税制度を活用した株式会社(法人)の節税…

ふるさと納税の控除額についてわかりやすく解説

ここ数年よく耳にするようになった「ふるさと納税」。このふるさと納税をするメリットをご存知でしょうか?テレビでよく話題になっているように、その土地の特産物をもらうことを思い浮かべる方も多いと思います。実は、ふるさと納税のメリットはそれだけに…

国税庁が通達「タワーマンションを使った過度な節税はNG」

国税庁は、タワーマンションの購入による相続税の節税に関して、課税を強化する通達を各国税局に出しました。今回は、このタワーマンションを使った節税のメカニズムと、なぜ課税が強化されたのかその経緯を紹介します。 1)タワーマンションを使って節税の…

所得税が戻ってくる!その他の税金も安くできる裏技!

確定申告とはそもそも何か? 確定申告をすると税金が戻ってくるというイメージを皆さんお持ちだと思いますが、そもそもそれはなぜでしょうか?ご存じだと思いますが、少しだけおさらいです。 税金は収入(もうけ)が多い人ほど多く払うのが原則ですが、個人…

保険料控除で節税を|意外と知られていない税金対策

所得税には色々な控除が有ります。給与から天引きされている社会保険料などは、年末調整の時に会社が自動的に控除の対象にしてくれます。しかし会社では把握しきれない、個人で契約し支払っている保険料は各人が会社に申告することで控除の対象となります。…

個人年金保険料控除の申請方法をわかりやすく解説

「個人年金保険料控除」とは生命保険料控除の一項目で、所得計算の際に所得の額から差し引くことができる控除項目です。つまり、個人年金保険料控除が適用される保険料を支払うことで、一定額を上限として、所得税額や住民税額が安くなります。 ここでは、個…

寄附金の税金控除についてわかりやすく解説

寄附をしたら税金が安くなると聞いたけれど、どんな寄附でも対象になるの?寄附金はいくらでもいいの?その手続きはどうするの?と色々な疑問があると思います。今回は個人が寄附金を支出した場合の、税金の取扱いについて説明します。 1)所得控除(寄附金…

知らなきゃ損する相続税の節税方法を税理士が解説

平成27年1月より相続税の基礎控除が縮小されたことにより、相続税が増税となりました。このニュースは、各メディアでもよく取り上げられており、ご自分の相続に漠然とした不安をお持ちの方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、相続税の…

住民税とその基本的な計算について分かりやすく解説

住民税とは? 住民税といえば、給料が支払われる際に所得税の源泉徴収とともに特別徴収されている方が多いと思います。そのため、みなさんにとっても身近な税金と言えるのではないでしょうか? この住民税はどのように計算されているのかと言いますと、所得…

節税になる小規模共済のメリットとデメリット | 損しないためのポイント

個人事業主や小規模企業の経営者が多く加入している「小規模共済」について、メリットとデメリットをまとめました。小規模共済には大きな節税効果だけでなく、意外な活用法もあります。ただし、加入するタイミングやその後の掛金変更などによっては大きく損…

ふるさと納税で実は損していた?寄附金控除の計算方法をわかりやすく解説

あなたがした「ふるさと納税」。本当に得していますか? 好きな自治体に寄付をする「ふるさと納税」。お礼に自治体から特産品などが届き、しかもお店で買うよりもお得に手に入るということで注目されています。最近では、ふるさと納税に関する本が出版された…

個人事業主の節税対策!節税本には載っていないポイントを税理士が解説

個人事業主の節税を指南する書籍は巷に溢れていますが、今ひとつピンとこない。そのような経験はないでしょうか?一口に個人事業主の節税といっても、状況は人それぞれです。 総論のような解説をすると、どうしてもピンボケが生じてしまいがちになります。そ…

医療費控除の対象となる医療費、ならない医療費Q&A25選

風邪で病院に行った場合、もちろんその治療費は医療費控除の対象となりますが、それではドラッグストアで風邪薬を購入した場合、その費用は医療費控除の対象となるのでしょうか? 今回は意外と難しい、医療費控除の対象となる医療費と、対象にならない医療費…

医療費控除で住民税と所得税が安く!お得な医療費控除を徹底解説します

医療費控除をすると、住民税や所得税が安くなるのをご存知でしたか?医療費控除という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、今回は医療費控除の仕組みと、医療費控除で住民税と所得税がどれだけ安くなるのか見て行きましょう。 1)医療費控除とは 医…

個人事業主の所得税、計算方法と仕組みをわかりやすく解説します

個人事業主(フリーランス)が日本で事業を行う場合、その事業から得た所得金額に応じて、所得税が課せられます。これらの所得金額や所得税額を確定させる手続きが、所得税の確定申告と呼ばています。個人事業主は原則として、確定申告が必要です。今回は事…

個人事業主とフリーランスが退職金を得る方法は?節税効果も解説!

個人事業主とフリーランスは定年がなく、長く働ける魅力はあっても、退職金制度がないことに不安を感じたことはありませんか?あきらめる必要はありません。今回は、個人事業主とフリーランスが自分で準備できる退職金についてご紹介したいと思います。 1)…

"夫婦控除"は本当に夫婦の働き方を変えるの?配偶者控除廃止の影響とは

現在、政府は「配偶者控除」に代えて、夫婦を対象とした新たな控除、通称「夫婦控除」の導入を検討しています。この改正により、夫婦の働き方は本当に変わるのでしょうか? 1)現在の配偶者控除とは 現在、所得税法は、配偶者控除という控除を認めています。…

贈与税の税率は?非課税になるお得な贈与方法を計算例付きで解説

贈与には税金がかかります。平成27年1月1日より改正された内容を含め、どのような場合にどのくらいの贈与税がかかるのかご存じですか? 今回は複雑な贈与税をわかりやすく解説していきます。 1)贈与税とは? 贈与税とは、相続時を除いて、個人が個人から金…

住民税の高い都市、安い都市|都市によって差はあるの?

住民税は、地方公共団体が提供する行政サービスや福祉に対する対価として、住民が負担する税金を指し、地方自治を支える基幹税として位置づけられています。今回はこの住民税の高い都市や低い都市あるのか、検証していきます。 1) そもそも住民税とは 住民税…

還付申告の時期は?税理士が教える消費税の還付申告で必ず確認すべき6つのこと

消費税は商品やサービスを消費する最終消費者が負担します。しかし、消費財の納付については、納税義務者である事業者が消費者から預かった消費税額から、事業者が支払った消費税額を差し引いた残りの金額について、国に納付します。 しかし、支払った消費税…

税理士が語る法人成りのメリット・デメリットを活かした節税方法まとめ

個人事業と法人成りはどちらがお得? 個人事業者の方は、法人成りについて一度は考えたことがあると思います。また、これから起業をしようと考えている方は、個人事業者になるか、法人設立するかで悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。 そこで今回は、…

一括償却資産・少額減価償却資産・固定資産の違いを徹底解説|経理・税務の基本知識

固定資産処理で変わる会計・税務処理 事業用の固定資産(以後「固定資産」といいます)を購入した場合、金額によってどのように会計処理するかを選ぶことができます。貸借対照表、損益計算書、税金計算にどのように影響するかを以下で見ていきましょう。 1)…

固定資産税を最大限節税するために抑えておきたい3つのチェックポイント

固定資産税、払い過ぎていませんか? 年に一度課税される固定資産税。一定のルールに基づいて課税されるものですが、節税する方法はいくつかあります。そこで今回はその方法を含め、3つのチェックポイントを紹介します。 [sc:houjinkesai_header_728_90 ] 1…

【経営者必見】法人税を節税する3つの方法とその手順まとめ

法人税の節税方法としては、損金の増額が有名です。損金を増やすことは無駄な出費を増やすことではありません。今は損金になっていないものを損金扱いできるように工夫する、いずれ必要なものを前倒しで支払いをするというように出費自体を増やすわけではあ…

収入印紙をお得に購入できる購入場所と注意点まとめ

収入印紙の役割とは? 収入印紙について簡単におさらいしてみましょう。 作成した文書が金銭のやり取りに関わるものであれば、税金の徴収の対象となります。 その税金を納めたという証拠として、収入印紙を購入し文書に貼付することで、文書に対する納税が済…

「節税対策」になる!? フリーレントについて知っておきたい6つのこと

フリーレントのメリットは物件の貸し手側にしかない!? 北陸新幹線の開業で北陸エリアは都内の企業の本社移転や支店開業などで活気づいていますね。これまで東京から金沢間は3時間50分かかったのですが、約1時間20分短縮され2時間28分になりました。氷見の…

構造改革特区や総合特区と何が違うの?アベノミクス成長戦略「国家戦略特区」とは?

国家戦略特区と特区の違い、指定された各地区の特徴についてまとめてみました。 <画像:「2015年3月内閣官房資料」より> 安倍政権が掲げる経済政策、アベノミクスの3本の矢が「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」、そして柱とされている「民間投資を喚…

【2015年3月エコカー減税終了】4月から新エコカー減税スタート!社用車を安く買うための方法まとめ

新エコカー減税を利用して社用車を安く買うためには? 2015年3月まで適応される予定のエコカー減税ですが、適応期間がもうすぐ終了してしまいます。この機会にエコカーの購入を検討する企業・会社が多くいます。そこで、新たに2015年4月より改正される新エコ…

あなたは大丈夫?副業で確定申告をする際に気をつけなければならない3つのポイント

あなたは大丈夫?副業で確定申告をする際に気をつけなければならない3つのポイント 経営ハッカーでは、現在の確定申告期に合わせ、申告にまつわる様々な情報をお届けしています。今回は、「副業」にフォーカスした申告内容をお届けします。副業と言うとどん…

確定申告の住宅ローン控除のやり方完全ガイド

確定申告の住宅ローン控除のやり方完全ガイド 確定申告は順調でしょうか? 2015年の確定申告も3月16日までですので、還付される可能性のある税金なのに、確定申告期限を過ぎてしまい延滞料金を支払う事のないようにしましょう。 延滞料金についてはこちらの…

青色申告している事業者なら今年のうちにやっておきたい設備投資|生産性向上設備投資促進税制

青色申告している事業者なら今年のうちにやっておきたい設備投資|生産性向上設備投資促進税制 2014年度の税制改正大綱により、「生産性向上設備投資促進税制」が創設されたのをご存じですか? 確定申告時に、青色申告を行っている法人や個人を対象にした制度…