固定資産売却益の求め方と確定申告に必要な書類について

不動産などの固定資産を売却した際に生じる固定資産売却益についてまとめました [目次] ■1)固定資産売却益って何? ■2)固定資産売却益の計算式 ■3)固定資産売却益を確定申告する際に必要な書類 ■4)まとめ [sc:kakuteishinkoku_970_90 ] ■1)固定資産売…

消費税問題で700億円つぎ込む国家|そんなことより消費税アップ前に改めて知りたい交通費の請求の仕方

消費税アップ前に改めて知りたい、交通費の請求の仕方 請求書を作成する際、自分が立て替えた電車の運賃やバス料金をどういう風に記入すればいいか悩んでしまいますよね。とくに消費税を掛けるべきなのかどうかはわかりづらいところです。 旅行会社にチケッ…

交際費はどこまで損金になるの?法人税の税務調整まとめ

交際費はどこまで損金になるの?法人税の税務調整まとめ 「飲食費は一人あたり5000円まで」と上司や経理部の人に言われたことがあると思います。これは、一定の条件を満たせば1人あたり5000円以下の飲食費は交際費から除外して会議費などにしてよいとなって…

損益計算書の書き方に見る利益を5段階に分ける得する理由!

会社の財務状況や経営成績などを表す書類として財務諸表というものがあります。大学で会計を学んだり、簿記の勉強をしたりした人であれば聞いたことがあると思います。財務諸表にはいくつもの書類がありますが、専門家以外の人であれば「貸借対照表(B/S)」…

退職給付引当金繰入| 退職金の積立の勘定科目とは

退職金を積み立てたときの勘定科目は「退職給付引当金」 従業員に支払う退職金を積み立てたときの勘定科目は退職給付引当金を使います。

手形売却損 | 手形を売却したときの勘定科目とは

手形を売却したときの勘定科目は手形売却損 受取手形を売却したときに、額面と売却価格の差を手形売却損として処理します。

割引料 | 手形を割り引いたときの手数料の勘定科目とは

手形を割り引いたときの手数料の勘定科目は「割引料」 手形を割り引いたときに銀行などに支払う手数料は、割引料の勘定科目を使います。

貸倒引当金繰入額 |回収不能な売上債権の見積額の勘定科目とは

回収不能な売上債権の見積額には「貸倒引当金繰入額」 受取手形・売掛金などの売上債権や貸付金など債権の回収不能を見積もり計上する場合は、「貸倒引当金繰入額」を使います。

販売手数料 | 代理店等に支払う手数料の勘定科目とは

代理店等に支払う手数料の勘定科目は「販売手数料」 商品やサービスを販売する際にかかる手数料は、販売手数料の勘定科目を使います。

販売促進費 | 販売促進を行った時の勘定科目とは

販売促進を行った時の勘定科目は「販売促進費」 販売促進に使ったお金は、販売促進費の勘定科目を使います。

寄付金 | 寄付をしたときの勘定科目とは

寄付をしたときの勘定科目は「寄付金」 寄付をしたときの勘定科目は、寄付金になります。 寄付とは、無償で、金銭や物品等を供与することをいいます。 個人の場合は、経費として計上せず、所得控除として申告します。

研修費等を支払ったときの勘定科目は?

研修費などを支払ったときは「採用教育費」になる 従業員に対する研修費などの支払いは、採用教育費になります。 セミナーや研修会などの参加費に加え、テキストなども対象になります。

人材派遣を支払ったときの勘定科目は?

人材派遣を支払ったときは「外注費」になる 人材派遣の支払いは、外注費になります。 給与手当などと区別する理由は、会社が直接雇用しているかどうかです。 人材派遣は、人材派遣会社に登録のある人に対して業務を依頼しているため、外注費で処理します。

委託料を支払ったときの勘定科目は?

委託料を支払ったときは「外注費」になる 会社の業務などをアウトソーシングする場合の委託料の支払いは、外注費になります。 本来、自社でするべき業務を委託する場合で、 給与計算などの計算事務やホームページ更新作業などのアウトソーシングがあります。

レンタル料を支払ったときの勘定科目は?

レンタル料を支払ったときは「リース料」になる 機械や車両などレンタル料の支払いは、リース料になります。 また、賃借料で処理することもあります。

レンタルサーバ代を支払ったときの勘定科目は?

レンタルサーバ代を支払ったときは「リース料」になる 通信事業者などのホスティングサービスとしてレンタルサーバ代を支払ったときは、リース料になります。 通信にかかる費用として通信費などで処理することもあります。

リースを支払ったときの勘定科目は?

リースを支払ったときは「リース料」になる 機械や車両などリースの支払いは、リース料になります。 他の賃借物件を区別するための勘定科目ですが、賃借料を使っても問題ありません。

カード年会費を支払ったときの勘定科目は?

カード年会費を支払ったときは「諸会費」になる クレジットカードの年会費の支払いは、諸会費になります。 ただし、会費の内訳や内容によっては異なる勘定科目を使う場合があるので注意が必要です。 諸会費で処理しない注意すべき会費 従業員用のスポーツク…

新聞購読料を支払ったときの勘定科目は?

新聞購読料を支払ったときは「新聞図書費」になる 日刊紙など新聞購読料の支払いは、新聞図書費になります。 業界紙など週刊紙、月刊誌なども同様です。

書籍・雑誌を支払ったときの勘定科目は?

<目次> ・そもそも新聞図書費とは ・新聞図書費という科目を設ける意味とは ・新聞図書費に仕分けする具体的な経費とは ・雑費、交際費、福利厚生費などと新聞図書費の違いとは? ・新聞図書費の会計上のポイントについて ・新聞図書費の税務上における注…

仲介手数料を支払ったときの勘定科目は?

仲介手数料を支払ったときは「支払手数料」になる 不動産会社への仲介手数料の支払いは、支払手数料になります。 ただし、不動産購入の場合には、土地や建物の取得価額に含めます。

手数料を支払ったときの勘定科目は?

手数料を支払ったときは「支払手数料」になる 金融機関での振込手数料や専門家への報酬などの支払いは、支払手数料になります。 ただし、金額が少額の振込手数料は雑費で処理する場合もあります。

会員費を支払ったときの勘定科目は?

会員費を支払ったときは「支払手数料」になる 会員費など会員費の支払いは、支払手数料になります。 また、諸会費で処理することもあります。 課税処理ですが、原則として、消費税の対象外となりますが、 以下については対価性があるため、課税仕入れとなり…

引越代を支払ったときの勘定科目は?

引越代を支払ったときは「支払手数料」になる 従業員や事務所など引越代の支払いは、支払手数料になります。 また、荷造運賃などで処理する場合もあります。

店舗家賃を支払ったときの勘定科目は?

店舗家賃を支払ったときは「地代家賃」になる 店舗など家賃、共益費の支払いは、地代家賃になります。 ただし、共益費のうち、電気代等の明細が分かる部分は、水道光熱費で処理します。

駐車場代を支払ったときの勘定科目は?

駐車場代を支払ったときは「地代家賃」になる 月極駐車場など駐車場代の支払いは、地代家賃になります。 コインパーキングなどの駐車場代は、旅費交通費で処理します。

事務所家賃を支払ったときの勘定科目は?

事務所家賃を支払ったときは「地代家賃」になる 事務所家賃や店舗などの家賃、共益費の支払いは、地代家賃になります。 ただし、共益費のうち、電気代等の明細が分かる部分は、水道光熱費で処理します。

慶弔費を支払ったときの勘定科目は?

慶弔費を支払ったときは「福利厚生費」になる 従業員や役員などのために支払う、お祝いや不幸などに要する費用のことをいい、 祝い金(結婚祝、出産祝)、見舞金、香典等の慶弔金、祝品、花輪の費用などが該当します。 「社会通念上相当と認められるもの」以…

飲食代を支払ったときの勘定科目は?

飲食代を支払ったときは「福利厚生費」になる 忘年会や歓迎会、送別会など飲食代の支払いは、福利厚生費になります。 ただし、自己都合による不参加者に費用相当額を支給する場合には参加者・不参加者ともに給与課税となります。 会社の必要による不参加者の…

慰労会を支払ったときの勘定科目は?

慰労会を支払ったときは「福利厚生費」になる 忘年会や歓迎会、送別会など慰労会の支払いは、福利厚生費になります。 ただし、自己都合による不参加者に費用相当額を支給する場合には参加者・不参加者ともに給与課税となります。 会社の必要による不参加者の…

レクリエーションを支払ったときの勘定科目は?

レクリエーションを支払ったときは「福利厚生費」になる 従業員の運動会や忘年会、慰安旅行などレクリエーションの支払いは、福利厚生費になります。 ただし、自己都合による不参加者に費用相当額を支給する場合には参加者・不参加者ともに給与課税となりま…

名刺代を支払ったときの勘定科目は?

名刺代を支払ったときは「消耗品費」になる 従業員や役員などの名刺代の支払いは、消耗品費になります。 また、不特定多数に配ったり、デザイン会社に依頼して作ったりした場合は、 広告宣伝費で処理する場合もあります。

文房具を支払ったときの勘定科目は?

文房具を支払ったときは「消耗品費」になる ボールペンや鉛筆、ノートなどの支払いは、消耗品費になります。 また、事務用品費で処理することもあります。 よくある文房具一覧 ボールペン、鉛筆 ノート ホッチキス はさみ ものさし など

日用雑貨を支払ったときの勘定科目は?

日用雑貨を支払ったときは「消耗品費」になる ティッシュペーパーなど日用雑貨の支払いは、消耗品費になります。 よくある日用雑貨一覧 ティッシュペーパー 印鑑 お花 電球 湯呑 電球 など

電子機器を支払ったときの勘定科目は?

電子機器を支払ったときは「消耗品費」になる パソコンなど電子機器の支払いは、消耗品費になります。 金額が大きく資産計上が必要な場合は、工具器具備品や機械装置で処理します。

自転車を支払ったときの勘定科目は?

自転車を支払ったときは「消耗品費」になる 事務所などで使用する自転車の支払いは、消耗品費になります。 また、自転車の付属品なども同様に消耗品費で処理します。 点検や整備は修繕費で処理します。

事務用品を支払ったときの勘定科目は?

事務用品を支払ったときは「消耗品費」になる デスク周りの事務用品などの支払いは、消耗品費になります。 また、事務用品費で処理することもあります。

事務機器を支払ったときの勘定科目は?

事務機器を支払ったときは「消耗品費」になる プリンターやラミネーター、電話機など事務機器の支払いは、消耗品費になります。 また、事務用品費で処理することもあります。

梱包資材を支払ったときの勘定科目は?

梱包資材を支払ったときは「消耗品費」になる 梱包資材の支払いは、消耗品費になります。 また、荷造運賃で処理する場合もあります。

パソコンソフトを支払ったときの勘定科目は?

パソコンソフトを支払ったときは「消耗品費」になる パソコンソフトの支払いは、消耗品費になります。 ただし、金額が大きく資産計上が必要な場合は、ソフトウェアで処理します。

パソコンを支払ったときの勘定科目は?

パソコンを支払ったときは「消耗品費」になる パソコンなどの事務機器の支払いは、消耗品費になります。 ただし、金額が大きく資産計上が必要な場合は工具器具備品で処理します。

コンピュータプログラムを支払ったときの勘定科目は?

コンピュータプログラムを支払ったときは「消耗品費」になる コンピュータプログラムやシステムなどの支払いは、消耗品費になります。 金額が大きく資産計上が必要な場合は、ソフトウェアで処理します。

ゴミ袋を支払ったときの勘定科目は?

ゴミ袋を支払ったときは「消耗品費」になる 事務所や工場などのゴミ袋の支払いは、消耗品費になります。

インクカートリッジを支払ったときの勘定科目は?

インクカートリッジなどを支払ったときは「消耗品費」になる プリンタのインクカートリッジなどの支払いは、消耗品費になります。 金額が大きく重要な場合は事務用品費で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。

保守料を支払ったときの勘定科目は?

保守料を支払ったときは「修繕費」になる 機械などの保守料の支払いは、修繕費になります。

点検整備費を支払ったときの勘定科目は?

点検整備費を支払ったときは「修繕費」になる 機械や建物、社用車などの点検整備費の支払いは、修繕費になります。 ただし、高性能な部品に交換した場合や、新たな部品を取りつけた場合は、 修理ではなく改良になりますので、注意が必要です。 改良に該当し…

修理費を支払ったときの勘定科目は?

修理費を支払ったときは「修繕費」になる 機械や建物、社用車など修理費の支払いは、修繕費になります。 ただし、高性能な部品に交換した場合や、新たな部品を取りつけた場合は、 修理ではなく改良になりますので、注意が必要です。 改良に該当した場合は、 …

損害保険料を支払ったときの勘定科目は?

損害保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料、損害保険料」になる 事務所や工場、社用車などの阻害保険料の支払いは、保険料、支払保険料、損害保険料になります。

生命保険料を支払ったときの勘定科目は?

生命保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料」になる 役員や従業員などの生命保険料の支払いは、保険料、支払保険料になります。 保険契約の内容によっては、給与や保険積立金などで処理する場合もあります。

傷害保険料を支払ったときの勘定科目は?

傷害保険料を支払ったときは「保険料、支払保険料、損害保険料」になる 従業員のケガなどに備える傷害保険料の支払いは、保険料、支払保険料、損害保険料になります。