自分の勤務先はブラック企業か否か? ~給与明細からチェックする方法を教えます~

自分の勤める会社がブラック企業だった…想像するだけで身の毛がよだちます。もし、給与明細から自分の勤務先がブラックかどうか判別する方法があったとしたら……知りたいと思いますよね? そこで、特定社会保険労務士の榊裕葵さんに「給与明細から勤務先がブ…

「長時間働く社員=がんばってる」って風潮、いまだにあるよね? - 残業代の仕組みについて、社会保険労務士さんにごっつ詳しく教えてもらった -

こんにちは。経営ハッカーの中山です。 長時間労働やサービス残業に端を発した「労働時間の管理」「残業代未払い」関連のニュースを見る機会が増えています。労働行政の監督・指導が強化され、是正勧告を受ける会社もあるようですが、サラリーマンの皆さまは…

ストックオプション及び株式報酬に関する整理

2016年6月、経営幹部の報酬として譲渡制限付株式が制度化され、株式報酬を導入する企業が増えてきたという新聞記事がありました。経営幹部への報酬で株式に関連するものといえば、ストックオプションもよく活用されています。 ストックオプションや株式報酬…

【決算時に想定外の税金を支払うことに?】 役員給与に関する税務と運用上の注意点

社長の給与は税務上の「費用になるもの」と「ならないもの」があります スタートアップ時の企業では、経営が安定するまで社長もしくは役員は当面無報酬で、社員にだけ給与を支払うというケースがあります。 大きな売上が上がったタイミングや、経営が安定し…

社会保険の算定基礎届を詳しく解説

定期昇給は昔話になりつつありますが、毎年社会保険料を正しく徴収するために、月額算定届の提出が求められています。どんなことに気を付ければ正しい保険料の算定になるでしょうか。 平成28年からマイナンバー制度が始まりました。それに伴って社会保険の各…

個人事業主が妻に払う専従者給与は、どのように決めるべきか?

既婚者の個人事業主の方は、「節税のために、妻に給与を払うことはできないだろうか?」と考えたことがあると思います。 専従者給与というのがそれに当たるわけですが、妻に給与を払うとして、「じゃあ、いくらならよいのか?」、「どのような基準でどう決め…

労働保険料を支払ったときの勘定科目は?

労働保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 労働保険料など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 他の社会保険料と異なり、会社が全額負担します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

社会保険料を支払ったときの勘定科目は?

社会保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 健康保険料など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 従業員が負担すべき部分は、預り金で処理します。 厚生年金や健康保険は会社と従業員で折半、雇用保険は会社が全…

厚生年金保険料を支払ったときの勘定科目は?

厚生年金保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 厚生年金保険料など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 従業員が負担すべき部分は、預り金で処理します。 厚生年金や健康保険は会社と従業員で折半、雇用保険は…

雇用保険料を支払ったときの勘定科目は?

雇用保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 雇用保険料など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 他の社会保険料と異なり、会社が全額負担します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

健康保険料を支払ったときの勘定科目は?

健康保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 健康保険料など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 従業員が負担すべき部分は、預り金で処理します。 厚生年金や健康保険は会社と従業員で折半、雇用保険は会社が全…

残業手当を支払ったときの勘定科目は?

残業手当を支払ったときは「給料手当」になる 正社員に対する残業手当の支払いは、給料手当になります。 パートやアルバイトなど臨時的な雇用の従業員の場合は、雑給で処理します。

給料を支払ったときの勘定科目は?

給料を支払ったときは「給料手当」になる 正社員に対する給料の支払いは、給料手当になります。 残業代や通勤交通費、諸手当も対象になります。

預り金 | 従業員が負担すべき社会保険料の勘定科目とは

従業員が負担すべき社会保険料は「預り金」になる 厚生年金や健康保険など従業員が負担すべき社会保険料は、預り金になります。 会社が負担すべき部分は、法定福利費で処理します。 厚生年金や健康保険は会社と従業員で折半、雇用保険は会社が全額負担となり…

法定福利費 | 会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの勘定科目とは

会社が負担すべき社会保険料を支払ったときは「法定福利費」になる 厚生年金や健康保険、雇用保険など会社が負担すべき社会保険料を支払ったときの支出は、法定福利費になります。 従業員が負担すべき部分は、預り金で処理します。 厚生年金や健康保険は会社…

退職金 | 退職時に慰労金を支払ったときの勘定科目とは

退職時に慰労金を支払ったときは「退職金」になる 従業員や役員が退職したとき、その過去の勤務に対して一時に支払われる慰労金や企業年金の支出は、退職金になります。 退職金の算出方法は、退職金規定などによって計算されます。 実際の会計業務で、使用す…

賞与 | ボーナスを支払ったときの勘定科目とは

ボーナスを支払ったときは「賞与」になる 夏や冬などにボーナスを支払ったときの支出は、賞与になります。 役員に対するボーナスは役員賞与で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

役員報酬 | 取締役などに報酬を支払ったときの勘定科目とは

取締役や監査役に給与を支払ったときは「役員報酬」になる 取締役や監査役などに報酬を支払ったときの支出は、役員報酬になります。 高額な社宅家賃などの現物給与なども含みます。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。

雑給 | パートやアルバイトに給与を支払ったときの勘定科目とは

パートやアルバイトに給与を支払ったときは「雑給」になる パートやアルバイトなど臨時的雇用をしている従業員に給与を支払ったときの支出は、雑給になります。 残業代や通勤交通費、諸手当なども含みます。 ただし、正社員への給与は給料手当、派遣社員など…

給料手当 | 正社員に給与を支払ったときの勘定科目とは

正社員に給与を支払ったときは「給料手当」になる 正社員などに給与を支払ったときの支出は、給料手当になります。 残業代や通勤交通費、諸手当なども含みます。 ただし、賞与は賞与勘定、正社員以外への給与は雑給、派遣社員などは業務委託費などで処理しま…

給与に関する勘定科目一覧

社員やアルバイトなどの給与に関する勘定科目一覧 社員やアルバイトなどの給与は以下の勘定科目で処理します。 給与は会社が直接雇用している場合であり、人材派遣や業務委託は除きます。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくある給与に関する…