【投資家の確定申告】株に関する税金の計算方法と記入方法完全ガイド

【投資家の確定申告】株に関する税金の計算方法と記入方法完全ガイド 今回は株を購入した方が確定申告ですべきことについて、株に関する税金の計算方法と記入方法のご紹介します。 [目次] ■1)株初心者の為の基本的情報&株に関する税金の計算方法 ■2)…

あなたは大丈夫?副業で確定申告をする際に気をつけなければならない3つのポイント

あなたは大丈夫?副業で確定申告をする際に気をつけなければならない3つのポイント 経営ハッカーでは、現在の確定申告期に合わせ、申告にまつわる様々な情報をお届けしています。今回は、「副業」にフォーカスした申告内容をお届けします。副業と言うとどん…

e-Tax操作で躓いたあなたへ 「給与所得者の源泉徴収票」入力方法!

2015年確定申告|不便なe-Tax操作でいきなりつまづきました。「給与所得者の源泉徴収票」入力方法! 既に確定申告を終わられた方も多いはず。しかし、まだ手がつけられていないという方も今週中にはスッキリしたいですよね。給与所得者でも、医療費控除や住…

確定申告|還付手続きを受ける方がミスしやすい3つのチェックポイント

会社員の確定申告|給与明細を提出したのに添付不備!? 最近話題の「ふるさと納税による寄付金控除」や、「医療費控除」を受けるためには、会社員であっても確定申告を行う必要があります。その際、所得を証明するために給与明細を提出したにも関わらず、還…

通勤手当が知らぬ間の税制改正? 新幹線通勤もマイカー通勤も自転車通勤だって非課税に!

通勤手当が知らぬ間の税制改正?|新幹線通勤もマイカー通勤も自転車通勤だって非課税に! 勤務先から支給されている通勤手当の非課税限度額が、税制改正により引き上げられました。通勤距離が長いという方ほどお得な改正です。マイカー通勤だけでなく、新幹…

2月2日の法定調書と支払調書の提出期限前に記入方法を理解しよう!

提出期限前に法定調書と支払調書の記入方法を理解しよう! 毎年、申告期限までに余裕をもって申告ができるよう、12月の下旬には、税務署から企業へ、法定調書や支払調書の提出書類が送付されてきます。提出期限は、翌年の1月末。2014年度の申告の場合、1月31…

今だから学んでおくべき賞与に携わる保険料の計算方法まとめ

大切な社会保障を受けるための保険料は賞与にも 賞与にも社会保険料が発生し、会社が源泉徴収をして納付します。社会保険は医療や介護、失業などを手当てするための大切な社会保障です。ただ、毎月の給与から源泉徴収される際、会社と折半で社会保険料を支払…

年末調整|給与以外に報酬の収入がある時は確定申告をどうやればいいの?

給与所得以外に、報酬の収入がある方に向けた確定申告のやり方をまとめました。 会社から支払われる給与所得の他に、ライティングやデザインなどで報酬としての収入も得ている方は、会社での年末調整の他に、確定申告が必要となる場合もあります。税の納めす…

年末調整で記入漏れした人に贈る30事例&確定申告で取り戻す方法

年末調整で多い記入漏れ事例と確定申告で取り戻す方法をまとめました。 年に一回の年末調整は記入例を忘れがちですが、「昨年と同じように」とよく調べずに書いて提出してしまうと損をしているかもしれません。書類記入には配偶者控除や扶養控除など、毎年変…

給与明細から見る、手取りの計算方法

給料がこんなに少なくなる、大きな理由 毎月楽しみな給料日。経理担当者から手渡される給与明細書はわくわくしますよね。でも、やっぱり額面と手取りの金額がかなり違うのは毎回ショックを受けてしまうものです。給与明細書の項目のうち、もっとも気になる稼…

源泉所得税|源泉徴収の対象となる報酬や料金は多岐にわたっている?

源泉徴収の対象となる報酬・料金に含まれるものまとめ 年末になると年末調整や確定申告の時期となり、源泉所得税や還付金が気になる方も少なくないことでしょう。とはいえ、源泉所得税の意味が分からなくて、誰にも聞けなくて困っている方が多いのも事実です…

確定申告|転職しても困らない!雇用形態別の確定申告

雇用形態別の転職者の確定申告の事例をまとめました サラリーマンだから確定申告とは無縁だと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、転職をした場合、確定申告が必要なこともあります。 [目次] ■1)年内に正社員から正社員に転職した場合 ■2)転職で…

フリーライターから正社員に転職した場合の確定申告手続きまとめ

転職で変わる確定申告まとめ フリーライターから正社員になる方や、独立してフリーランスになる方など、転職をすることで、今までの申告方法との相違点を確認しておくことが必要です。申告に必要な書類や申告方法などの知識を事前に知っておくことで、スムー…

マイナンバー制度導入に向けて準備しておきたい4つのこと

ついにマイナンバー制度導入!国民も準備をしておこう 1968年に「各省庁統一個人コード」の導入を佐藤内閣が頓挫して以来、40年以上の時を経てようやく日本にも導入されるに至った国民総背番号制「マイナンバー制度」。国民の全ての情報を1つのコードをもと…

確定申告書|なぜ収入金額等と所得金額の欄は違うのか?

収入・所得・課税される所得金額の違い いざ確定申告書に記入しようとして、似たような単語が並んでいて判断に迷うことも。 第一表には左側に収入金額等、所得金額、所得から差し引かれる金額と続き、右には課税される所得金額が記載されています。 事業主な…

役員賞与をうっかり支給したらどうなる?税の素朴な疑問まとめ

役員賞与には思わぬ税金がかかってしまう! 役員賞与をうっかりと支給してしまうと、税金の面で思わぬ問題が起きてしまうことがあります。会社が従業員に対して支給する賞与や、会社の役員に対して支給される報酬や退職金であれば、会社の費用として認められ…

決算賞与で節税しても良い?悪い?支給要件に関する総まとめ

間違った節税対策は、会社の資金繰りを悪くする? 決算賞与という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。決算賞与は、決算までに賞与を出すことを決定し、賞与として利益を放出して損金として計上する節税方法のことです。 決算を直前にして予想以上に利益が…

確定申告|市民税の具体的な計算方法まとめ

市民税の計算方法についてまとめてみました。 確定申告や年末調整によって決定するのは、所得税だけではありません。市民税の仕組みについてみていきましょう。 目次|市民税はこう決まる!こう払う! ■1)住民税の徴収方法 ■2)市民税の税額決定の仕組みとは ■…

確定申告|職場で源泉徴収票が出なかった場合の確定申告ってどうする?

源泉徴収票を発行してもらえなかった場合の手続きまとめ 給与所得者の場合、給与の支払い総額や天引きで徴収された所得税額、社会保険料を知るための手段として、源泉徴収票が必要です。確定申告の必須書類にもなっています。それでは、手元に源泉徴収票がな…

【賞与とは】賞与を支給する際に、社会保険計算で注意すべき3つの事

賞与の支給にも社会保険の計算が必要になる! 賞与とは何でしょうか。賞与とは、会社などが毎月の給料とは別に、夏季や年末などに従業員に対して支給する金銭のことです。賞与を支給する際には、社会保険などを計算をする必要があり、いくつかの注意すべきポ…

源泉徴収票の見方|個人事業主もサラリーマンもイチから学ぶ税金の話

源泉徴収票は4つの金額の見方がポイントになる! 年末になると、給料明細と一緒に小さな紙を受け取ったなら、それが源泉聴取票かもしれません。源泉徴収票って書かれてあると、これって何だろうと思ったことはありませんか。源泉徴収票の見方が分からなくて…

年末調整|今年の年末調整が来年の住民税を決定する?給与明細から納税を知ろう

自分の納めている税金を知るにはまず給与明細書から 日本に住所がある限りついて回るのが住民税です。県単位と市町村単位の2種類があり、それぞれ納税者が毎年納付する義務があります。本来であれば、納税者自身が役所に納めるのが筋ですが、サラリーマンで…

源泉徴収|報酬が天引き!?フリーランスの源泉税って取り戻せますか?

ついついスルーしがちなフリーランスの源泉徴収を知ろう サラリーマン時代、給与をもらっている間は勝手に天引きされているしくみが源泉徴収です。フリーランスで働き始めてから源泉徴収とはさよならできると思っていたのに源泉徴収されていることは意外に多…

【あの新人は?年末調整の対象者?】わかりやすい年末調整の対象者まとめ

年末調整の対象者はおわかりですか? 皆さんは、年末調整の対象者について正確にご存知でしょうか。例えば「あの新人は年末調整が必要なのだろうか」と年末調整の対象について迷う場合などもありますよね。ところが、年末調整の対象者を調べようと思って国税庁…

年末調整|小規模企業共済等掛金控除の仕方解説!

年末調整|小規模企業共済等掛金控除の仕方解説! 次の掛け金を支払った場合、その支払った全額が所得から控除されます。 ■小規模企業共済法の共済契約に基づく掛金 ■確定拠出年金法の企業型年金加入者掛金又は個人型年金加入者掛け金 ■心身障害者扶養共済制…

年末調整後すべきこと|給与の追加払いや扶養親族の異動があったら?

どうしたらいいの?12/31に子どもが産まれた場合の年末調整 年末調整は、12月最後の給与支払い時に行なうものとされています。たとえば、12月10日が賞与支給日で、12月25日が給与支払日だった場合は、12月25日の給与支払い時に年末調整をおこなうことになり…

年末調整|所得税徴収高計算書の書き方に困らない記入例3選

年末調整にあわてない源泉納付書の書き方 年末が近づくと頭の痛いのが年末調整の源泉徴収処理です。源泉徴収でまとめた所得税をきちんと納税するためには所得税徴収高計算書をもれなく記入しなければいけません。暮れの忙しい時期に困らないための所得税徴収…

年末調整|配偶者特別控除申告書の専業主婦厳選6パターン

配偶者が専業主婦である場合の配偶者特別控除申告書の徹底解説 毎年11月頃から、サラリーマンの皆様に配布される年末調整の緑の紙。保険料は証明書類通りに記載すれば問題ありませんが、扶養しているパートナーの所得に関しては、いまいち把握していない人が…

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書とは?概要と書き方まとめ

年末調整に必要な書類の一つである「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」。 そもそも扶養控除等(異動)申告書とは?という基本的な知識から扶養控除等(異動)申告書の書き方まで、ご紹介します。提出の〆切になって間近に慌てないように、余裕を持って…

年末調整時に必要!保険料控除申告書の書き方まとめ

年末調整時に必要!保険料控除申告書の書き方まとめ (平成28年(2016年)12月6日更新) 給与所得者(サラリーマンなど)なら、このシーズン(11月~12月)になると「年末調整」をしなければなりません。年末調整とは、会社が毎月の給与から源泉徴収し納めた…

過納額の請求及び受領に関する委任状 | 過納額を税務署から還付する場合

給与の支払者が還付できない場合に、税務署へ権限を委譲するための書類 年末調整によって計算した年税額よりも、預かっていた源泉徴収税額が多い場合には、12月の給与の支払い時に、その過納額を本人に還付します。しかし、給与の支払者が次のような理由で還…

家族への給与で節税ができる!?専従者給与の節税効果とは

専従者給与は、所定の手続きを行うことで家族へ支払った給与を経費にできるというものです。 家族の方へも仕事を割り振ったり、役割分担したりして、適切な額の給与を支払いましょう。 ただし、この制度はメリットばかりではありませんので、活用する際には…

扶養控除│最低生活費を保障するための制度

扶養控除は最低生活費を保障するために設けられた制度 納税者に所得税法上の控除対象扶養親族となる人がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。 扶養控除は最低生活費を保障するために設けられている制度です。なお…

源泉徴収票│給与の支払者が給与所得者と税務署に交付する書類

給与の支払者が給与所得者と税務署に交付する書類が源泉徴収票 給与等の支払を行う者は給与所得者と税務署に対して、1年間の給与支払額や源泉徴収した所得税額等の金額を証明する書類として源泉徴収票を作成し交付しなければなりません。 給与等の支払者が給…

基礎控除│誰でも条件なく38万円所得から引くことができる

条件等は一切なく誰でも所得から38万円控除できる 基礎控除は、収入等に一切関係なく、全ての方に認められた所得控除の一つです。 全ての人が無条件で基礎控除の適用を受けられますので、サラリーマンの方も自営業の方もこの点について区別は一切ありません…

家内労働者等│特例で65万円の必要経費計上が認められている

家内労働者等は特例で必要経費65万円の計上が認められている 原則として、事業所得又は雑所得の金額は、総収入金額から実際に使用した必要経費を差し引いて計算するという決まりになっています。しかし、家内労働者等の場合であれば、必要経費として65万円ま…

新しく従業員を雇ったときの手続きまとめ!給与支払いから社会保険まで

「従業員を雇うと、給与の支払いや各種社会保険に関する様々な手続きに追われてしまう…」 新しく従業員を雇うと手続きが大変… 今日は、新しく従業員を雇ったときの手続きをまとめました。 提出しなくては行けない書類と、その提出先をしっかり把握して、手続…

給与事務者必見!所得税の源泉徴収の計算方法丸わかり!

所得税の源泉徴収のやり方ってどうなってたっけ? 所得税の源泉徴収って複雑… 従業員を雇っていれば、所得税の源泉徴収をし、所得税を代わりに納付しなくてはいけません。 今日は、毎月行わなくてはいけない所得税の源泉徴収の計算方法をまとめました。 そも…

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット

扶養控除|103万円のボーダーラインで変わるメリット・デメリット ■扶養控除103万円のボーダーラインとは 扶養控除のボーダーラインである103万円とは配偶者の給与所得のことを指します。 給与所得者は経費として最低65万円が自動的に引かれるため、103万か…

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には?

配当所得|配当金にかかる税金を取り戻す為には? ■確定申告で配当金の所得税が戻る場合も 配当所得に対する所得税は、源泉徴収課税なので、基本的に確定申告の必要はありません。 ただ、全体の所得金額によっては、確定申告で配当所得の所得税が戻る場合が…

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話

配偶者特別控除|特別がつくと何が違うの?控除の話 ■合計所得金額で分かれる配偶者特別控除 配偶者控除は、配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合に受けられる控除です。 これに対して配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額が38万円を超え、かつ76万円…

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話

配偶者控除|年末調整前に知れば得する控除の話 ■配偶者控除とは 所得税を算出する際に所得の総額から差し引く所得控除の一つです。一定の条件を満たした税法上の配偶者が対象になります。 この場合、内縁関係の人は対象になりません。 ■配偶者控除の条件と…

配偶者特別控除申告書|配偶者特別控除申告書は何のために必要なの?

配偶者特別控除申告書|配偶者特別控除申告書は何のために必要なの? ■配偶者特別控除申告書は何のために必要 配偶者特別控除申告書は、年末調整で配偶者特別控除を受ける場合に必要な書類になります。 ただし、税務署から配布される「給与所得者の保険料控…

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説

年調年税額|年調年税額ってなに?用語解説 ■年調年税額とは 給与の支払いを受けている方は、月々の給与から収入に応じて源泉税として、一定額が給与から天引きされています。年末調整では、扶養控除をはじめ保険料などの一部を所得から控除することで年間の…

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう!

特定株式投資信託の収益の分配|税制を理解しよう! ■特定株式投資信託とは 特定株式投資信託とは、国や会社のいわゆる借金である公債・社債ではない株式の特定証券投資信託のうち、信託財産が株式のみの、上場投資信託(ETF)などの上場しているものをいいま…

適格退職年金契約|退職金用語解説!

適格退職年金契約|退職金用語解説! ■適格退職年金契約とは 適格退職年金契約とは、企業年金として締結した信託契約や生命保険契約、生命共済契約で、法人税法で規定された必要な要件を満たし、国税庁長官の承認を受けた契約をいいます。事業主が負担する掛…

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは?

定期積金の給付補填金|銀行の定期積金の「給付補填金」とは? ■銀行の定期預金の「給付補填金」の源泉徴収とは 給付補填金とは、銀行などの金融機関の定期預金で、預け入れた積立金と満期の日に受け取る給付金の差額をいいます。給付補填金は、預貯金の利息…

給与の締め日・支払日を決める際に知っておきたい2つのこと

給与の締め日・支払日は適当に決めていい? ビジネスをはじめて、従業員を雇い始めたら、給与の締め日・支払日を決める必要があります。 しかし、適当に決めるのではなく、2つのことに注意しておきましょう。 そもそも締め日・支払日とは? 締め日とは、給…