【資金繰り】 わかりにくいからといって、借入金の金利に無頓着ではありませんか?

借り入れをする時について回る金利。金利を知っていると知らないでは、大きな違いが・・。「金利は〇%です」といった数字、文字が小さいので見逃していませんか?塵も積もれば何とかです。慎重に検討しましょう。 1) 金利と利息はどう違うのか 銀行などの…

資金繰りを改善する方法

毎月支払日が近づくとあたふたしていませんか? 自転車操業からの脱出方法は無いのでしょうか。支払いが滞ると、企業の信用問題です。なぜ資金繰りが厳しいのかの原因を考え、潤沢な資金が無くてもできる資金繰りの方法を探ってみましょう。 勘定合って銭足…

有価証券評価益・損 | 有価証券の評価替を行ったときの勘定科目とは

有価証券の評価替を行ったときの勘定科目は「有価証券評価益(損)」 保有している有価証券の評価替を期末においておこなった場合は、有価証券評価益(損)を用いて会計処理します。 評価額が、簿価を上回った場合は有価証券評価益を使い、下回った場合は、…

長期貸付金 | 返済期間1年超の貸付金の勘定科目とは

返済期間1年超の貸付金は「長期貸付金」になる 決算日の翌日から起算して1年超に支払期限の到来する貸付金は、長期貸付金になります。 なお、返済期限が1年以下のものは短期貸付金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。

短期貸付金 | 返済期間1年未満の貸付金の勘定科目とは

返済期間1年未満の貸付金は「短期貸付金」になる 決算日の翌日から起算して1年以内に支払期限の到来する貸付金は、短期貸付金になります。 なお、返済期限が1年を超えるものは長期貸付金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくあ…

長期借入金 | 返済期間1年超の借入金の勘定科目とは

返済期間1年超の借入金は「長期借入金」になる 決算日の翌日から起算して1年超に支払期限の到来する借入金は、長期借入金になります。 なお、返済期限が1年以内のものは短期借入金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は低めです。 よくある借入…

短期借入金 | 返済期間1年未満の借入金の勘定科目とは

返済期間1年未満の借入金は「短期借入金」になる 決算日の翌日から起算して1年以内に支払期限の到来する借入金は、短期借入金になります。 なお、返済期限が1年を超えるものは長期借入金で処理します。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。 よくあ…

立替金 | 会社が立て替えて支払った場合の勘定科目とは

会社が立て替えて支払ったお金は「立替金」になる 会社が、従業員や役員、取引先等のために立て替えて支払ったお金は、立替金になります。 後日、返済される予定なので資産勘定になります。 給与で従業員が負担すべき社会保険料の支払いなどで使用します。

定期預金 | 金融機関で開設した定期預金口座の勘定科目とは

金融機関の定期預金口座は「定期預金」になる 金融機関で開設した定期預金口座は、定期預金になります。 一般的には、満期まで払い出しができません。 普通預金よりも金利が高いのが特徴です。 3カ月・6カ月・1年~10年など、満期までの期間が長いほど…

普通預金 | 金融機関の普通口座の勘定科目とは

金融機関の普通口座・総合口座は「普通預金」になる 金融機関で開設した普通口座、総合口座は、普通預金になります。 比較的簡単に開設でき、預入金利がつくのが特徴です。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです。

当座預金 | 小切手の勘定科目とは

小切手は「当座預金」になる 金融機関と当座預金契約を締結して開設した口座は、当座預金になります。 当座預金の場合、金利は無利息となりますが、預金保険制度で全額保護されます。 預金を引き出す場合は小切手を使用します。 実際の会計業務で、使用する…

現金 | 金庫やレジ金などの勘定科目とは

金庫内のお金やレジ金などは「現金」になる 金庫内やレジのお金などは、現金になります。 一般的には、盗難や紛失のおそれがあるため、会社では必要最低限の現金を保管して、支払は振込などで行います。 しかし、日常的な少額の支払いのため、ある程度の現金…

資金の増減に関する勘定科目一覧

現金や普通預金など資金の増減に関する勘定科目一覧 現金や普通預金など会社の資金の増減は以下の勘定科目で処理します。 複数の普通預金口座がある場合などは、補助科目で分け、推移や残高が分かるようにします。 実際の会計業務で、使用する頻度は高めです…