法人税と所得税の違いを税理士がわかりやすく解説

2月中旬から3月中旬までCM等でよく「確定申告」という言葉を聞くかと思いますが、この「確定申告」は個人の所得税の申告を指しています。個人の所得税は一般的に前年1月1日から12月31日までの所得を計算し、2月16日から3月15日までの間に申告する手続きとな…

個人事業主と法人の違い | フリーランスの基礎知識

独立して一からスタートしようと考えた場合、働き方は大きく分けて、個人事業主になることと法人として登記を進めることの2種類になります。法人のほうが何となく信頼を得やすいというのは分かるかと思いますが、実はちょっとしたポイントでも個人事業主と法…

ベンチャーと中小企業の違いは?中小企業がベンチャーに学ぶこと

起業や新規事業、あるいは既存事業改革に携わる方々が、急成長志向を志向するベンチャーから学ぶことは多く、事業に対する一貫した座標軸を構築するための貴重な示唆を提供してくれます。 目次: 1)ベンチャーと中小企業の定義 2)ベンチャーと中小企業の違…

原本・謄本・抄本・正本・副本の正確な意味の違いをわかりやすく解説

それぞれの公的文書の正確な違いとは? 会計だけでなく様々な場面で使われる公的文書。みなさんはこのそれぞれの公的文書の正確な違いをお分かりでしょうか?今回はこれらの正確な違いをご説明します。 1)原本とは? 「原本」とはすべての文書で最初に作成…

マイナンバーの桁数は?法人番号と個人番号の違いを専門家が解説

いよいよ10月に全国民に通知されるマイナンバーですが、個人だけでなく、法人にも番号が振られることをご存知でしょうか? 個人に付番される個人番号が12桁であるのに対し、法人番号は13桁となっていますが、違いはそれだけではありません。以下ではまだあま…

所得税と源泉徴収の違いは?誤解しやすい税の基本を税理士が徹底解説

サラリーマンを経験した方は、給与額面と手取りが違う理由の1つとして、源泉徴収という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。「源泉」=「ものが生ずるもと」、「徴収」=「法規に基づいて、国家が税金を取り立てる」という意味ですが、所得税特有の…

住民税の普通徴収と特別徴収の違いって?税理士がわかりやすく解説

納税に関して、「所得税」は給料から源泉徴収して税務署へ納付していても、「住民税」は従業員自身がそれぞれで納めなければならない事業所を時々見かけます。 どうして給料から住民税が天引きされる会社と、そうでない会社が存在するのでしょうか? 今回は…

現役税理士が所得税と住民税の控除額の計算方法の違いをわかりやすく解説

皆さんは、所得税と住民税の計算方法の違いを意識して節税策を考えられていますでしょうか。所得税の節税は考えていても、住民税にまでは対策が行き届いていない場合も見受けられます。そこで、今回は特に両者の控除額の違いについて解説させていただきたい…

法人税・法人事業税・法人住民税の違いをわかりやすく解説|経理・税務の基本知識

法人税と法人事業税と法人住民税の違いって何? 法人を設立すると、必ず納めなければならないのが法人税。ところで、「法人事業税」「法人住民税」といった言葉を聞いたことはありませんか?実は、法人税には、「法人税(所得税)」「法人事業税」「法人住民…

固定資産と修繕費の違いをわかりやすく解説|経理・税務の基本知識

判定が難しい、固定資産と修繕費 資産を修理をした場合、固定資産とするか修繕費とするかは、なかなか判定が難しいです。両者の違いや気を付ける点をまとめてみました。 1)固定資産と修繕費 建物を改修した場合や車両を直した場合など、物を購入するのでは…

有形固定資産と無形固定資産の減価償却方法の違いをわかりやすく解説

資産の種類によって決められた減価償却ルールがある 固定資産を購入すると、貸借対照表に資産として一度計上し、減価償却という手続きをおこなうことになります。では減価償却とは何か、資産の種類ごとにどのような決まりがあるか、見ていきましょう。 1)な…

一括償却資産・少額減価償却資産・固定資産の違いを徹底解説|経理・税務の基本知識

固定資産処理で変わる会計・税務処理 事業用の固定資産(以後「固定資産」といいます)を購入した場合、金額によってどのように会計処理するかを選ぶことができます。貸借対照表、損益計算書、税金計算にどのように影響するかを以下で見ていきましょう。 1)…