2019年05月29日(水)0ブックマーク

経費予算管理で利益率を向上|目的・メリット・手法とは

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

企業の運営コストを算出する際に重要になるのが経費予算。しかし、企業によっては明確さに欠けることも多く、意外に曖昧に計算していることも。どんなことに経費を使っているのかを把握することができれば、利益率を上げることも可能になります。

売上予算と比べて軽視されがちな経費予算ですが、本来はどちらの予算も組み合わせることが大切なのです。「無駄を省いて利益率を伸ばしたい」と思っている方は、経費予算に注目してみてください。

目次

    1.経費予算とは

    「経費予算」とは、販売費、人件費、営業費など、売上とは直接関係ない費用のことを言います。

    予算とは

    「予算」とは、企業が成長する上で欠かすことのできない指標です。長期、中期、短期で予算を予め設定することで、売上目標や利益目標などを算出することができます。予算を決めることで、「できること」と「できない」ことが見えてくるとも言えます。

    予算は「目標を数値化したもの」で、売上、費用、投資など各分野において数字を明確にすることでビジョンがイメージしやすくなります。

    企業の第一目標は「売上をアップさせる」ことでしょう。そのため、予算は年々上がる傾向にあります。経営者にとっては最も重要なものとも言える数値であり、一社員の立場から見てもモチベーション維持に繋がっています。

    経費予算とは

    「経費予算」とは、企業を運営するために必要な予算を表します。この予算は売上とは直接関わっていないところがポイントになっています。オフィスのレンタル料や、光熱費はもちろん、出張費やリサーチにかかった費用なども含まれています。

    事前に「どのくらいの金額を経費として使えるのか?」という点が計算できていなければ、目標を立てることはできません。予め経費として使える金額が見えているからこそ、アクションを起こしやすくなります。

    経費予算は売上に直接関わる予算ではありません。しかし、売上をアップさせていく上では深く関わっているお金とも言えるでしょう。

    2.経費予算を決める目的

    経費予算を決めるには、企業によって様々な目的やメリットがあります。時間のかかる予算算出をする目的とは何でしょうか?ここでは、具体的な目的やメリットを紹介していきます。

    経費予算の目的

    経費予算を立てることによる目的の1つに「目標設定」があります。企業には必ず目標が必要です。しかし、単純に「今季中に売上○○万達成!」と掲げても、目標を達成するためにいくら使っていいのか分からなければいけません。

    明確に経費予算を設定することで、結果や実績などと予算のバランスを比較することもできます。ライバル企業が予算を公開しているなら「予算面で他社とどのように差をつけるのか?」などの議論もしやすくなるでしょう。

    経費予算を把握することで、目標に対して問題なく進めているのかを判断する材料になります。「改善策を考えるべきなのか?」を考える際に、現実的な指針をとることができるので、ブレが少ない経営をすることができます。

    経費予算のメリット

    経費予算を細かく把握することができると、企業の利益率をアップさせることができます。単純に「無駄遣いされている部分はないか?」という点はもちろん、企業の根本的なミスを改善できるようなポイントまで様々な固定費を見直すことができます。

    利益率を高めていくことができると、様々なリスクを最小限にすることができ、企業の力も強くしていくことができます。経費をなるべく少なくして良質なサービスやプロダクトを開発することができれば、売上は次第にアップしていくはずです。

    経費予算は売上予算を導き出すためにも重宝します。事前に経費を厳密に決めておくからこそ「この予算の中でベストを尽くすにはどうするべきか?」という課題を作ることができるのです。

    お金をかければプロモーションや商品開発はいくらでも行えます。しかし、固定費を見つめ直してコストを削減しつつ予算を組み直すことができれば、少ない予算の中でも企業を運営していくことができます。

    3.経費予算の決定の手法

    経費予算を決定する際の流れは以下のようになっています。

    • 企業運営に関わる経費を洗い出す
    • 売上や利益目標を分析しながら改善点を見つける
    • ビジョンや目標なども考慮して経費額を決定する

    まずは企業を運営する上でかかっている経費を洗い出していきます。この作業で毎月固定費がかかっているにも関わらず、リストアップするのを忘れてしまうと、経費の詳細を把握することができず曖昧な計算で終わってしまいます。

    経費には複数の種類があります。オフィスの賃料や光熱費、各種事務用品、新入社員の教育費など、固定でかかっている経費は意外にも多いものです。ここでは、経費と呼べるものをしっかりリストアップしていくように心がけましょう。

    地代家賃 オフィスの家賃や土地代
    水道光熱費 オフィスで使用する水道光熱費
    通信費 インターネットの通信量
    事務用品費 業務に関わる事務用品費
    消耗品費 切手トイレットペーパーなどの消耗品代
    開発機器費 製品開発に使用する機械代
    旅費交通費 社員の出張費や交通費
    教育研修費 社員教育に関する経費
    福利厚生費 社員の福利厚生費
    採用関係費 面接など人材採用に関する経費
    顧問報酬 顧問を担任する社員への報酬
    交際費 得意先との接待費用
    会議費 社内で行われた会議の費用
    荷造運賃費 製品の発送費
    支払手数料 各種支払に関する手数料
    保険料 社員全員の保険料
    租税公課 必要経費と認められている税金

    次に売上目標や利益目標を分析しながら、経費の見直しをしていきます。「削減できる点はないか?」「逆に増やさなければならないものはないか?」改善点を探ってみてください。企業の方はこのポイントで会議を開き、各部署の担当者と話し合うと良いでしょう。

    売上目標や利益目標に対して、最短でゴールに達するには、経費も見つめていく必要があります。過去の経費を見つめ直してみた時に「使いすぎたな…」ということは多くの企業でありがちなこと。ここでは、目標と過去のデータを照らし合わせて経費を決めていきます。売上目標は変動しがちなので、経費も多少変動することでしょう。

    最後に経費予算を決定していきます。経費の洗い出し、改善点の見直しを経た数字を見ながら、実際に予算を決めていきます。企業にとってのビジョンや目標を考慮した時に最適な経費予算を決定するには、少々時間がかかります。

    経費は次の売上目標をより利益率の高いものにするために、コストを削減する1つの要素になっています。時にはゴールに対して「ちょっと切り詰めすぎかな?」と感じることもあるはず。しかし、企業としてどんどん成長していくためには、一時の苦痛も仕方のないことです。

    決定した経費予算は、確認しやすくするためにグラフなどにまとめておくと良いでしょう。グラフを作って保存しておけば、過去のデータを参照したい時に非常に役立ちます。グラフは以下のものを参考にしてみてください。

    グラフ

    まとめ

    今回は、企業にとって必ず知っておくべき「経費予算」について紹介しました。どんな業界であっても、毎月の固定費はかかっています。売上に直結しない経費はなるべく削減するべきと言えるでしょう。

    より高い売上目標や利益目標を達成するなら、経費予算の中に改善点を見出すべきです。コストを削減することで、無駄のない会社運営が可能になります。これは、フリーランスであっても同じことが言えます。

    見えなくなりがちの経費予算を明確にすることは、様々なメリットがあることをお伝えしました。今まで無視しがちだった場合は、最低限のコストで最大のパフォーマンスができるように、経費予算をしっかり見つめてみてください。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • 経営・戦略10月10日経営ハッカー編集部

      中小企業のホールディングス化のメリット・デメリットとは?

      0ブックマーク
    • 経営・戦略09月24日経営ハッカー編集部

      「5W2H」は「Why」から始める。社員に教えたい段取り力の身につけ方

      1ブックマーク
    • 経営・戦略09月23日経営ハッカー編集部

      NPSとは?業績を向上させる顧客ロイヤリティと従業員エンゲージメントの関係は?

      1ブックマーク
    • 経営・戦略09月18日経営ハッカー編集部

      ムーンショットとは?ムーンショット経営でイノベーションを生み出す

      1ブックマーク
    • 経営・戦略09月17日ITmedia

      手間をかけずにすぐできる働き方改革、利用が本格化する「DaaS」の魅力とは

      0ブックマーク
    関連記事一覧