2019年05月29日(水)0ブックマーク

売上予算は経営の行方を左右する|目的・メリット・作成方法について

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

会社をうまく経営していく上で事業計画はとても重要です。良くするも悪くするも「事業計画」がカギを握ります。事業計画をしっかりしたものにするためにも、「予算」について考える必要があります。

予算計画は単に必要なコストを計算するだけではなく「目標」としての役割を担い、すべきこと・課題を見つける「手掛かり」になります。事業計画の土台となる部分でもあるため、この機会にしっかりと理解しておきましょう。

目次

    1.売上予算とは

    予算とは

    「予算」とは、利益目標を達成するために必要な売上や経費の目安をあらかじめ決めておくことです。大体このくらい売上があって、このくらいの額が経費として必要になるだろうと予想して線を引いた部分を「予算」として決めておきます。予算は会社の経営目標とも言え、会社の経営・発展に大きく関わるとても重要な役割を果たしています。

    売上予算とは

    「売上予算」とは、当期中に達成できるだろうと予想した売上高を指売上予算のメリットしています。これまでの商品・製品売上成績や変動を見て売上予算を算出します。

    また、販売目標を売上予算とする場合は、算出された数字よりも高いものが売上予算として設定されることもあります。

    2.売上予算を決める目的

    売上予算の目的

    「売上予算」は経営のかじ取り・見直しを目的として決められます。会社は「利益が出るといいな」といった甘い考えで経営していくものではありません。しっかりとした経営指針や目標がないと成り立ちません。

    売上予算は、「このくらい利益を出す」とあらかじめ決めておくことによって、どう進んでいけばいいかという道のりを示す役割を果たします。

    また、経営の見直しをする役割も担っており、実際に出てきた数字と作成した予算を比較することで、今後の課題や予算達成に向けての動きが決められるのです。

    売上予算のメリット

    あらかじめ売上予算を決めておくことで、取り組むべきことや向き合わなければいけない課題が浮き彫りになります。例えば、「予想の売上予算を達成するために」という観点を持っていれば、数字を意識しつつ今後の対策を考えることができるようになります。販売方法やサービス提供の仕方を考えるための良いきっかけにもなるでしょう。

    また、仮に売上予算を達成できなかった場合には、「どこがいけなかった」についても検討しやすくなります。短期のスパンで課題を見つけられると修正にもそれほど時間は要しません。

    3.売上予算の決定の手法

    売上予算決定の具体的な手順

    変動率

    会社を経営していく上で必要となる「利益」を算出します。会社にとって利益は必ず獲得しなければならないものであり、経営を左右する重要な役割を担っています。
    そのため、売上予算を決めるときには、まず利益を明確にさせておく必要があるのです。利益について考えず単に売上予算だけを決めた場合には、販売やサービス提供によって売上を上げたとしてもそれほど利益が出ないというケースも考えられます。売上を上げた分、同様に膨大なコストがかかってしまうことが原因です。
    コストの部分について考慮するためにも、まずは利益に焦点を当てる必要があります。経営をするにあたって必要になる利益に加え、「このくらい利益を出したい」という目標利益を考えておきましょう。

    経営上必要となる利益、目標とする利益を出した上で、コストの算出ステップへと進みます。人件費や経費など必ず要する費用を明確にし、削減可能な部分の費用を算出します。利益を出すためには、必ずコストがかかります。
    販売業であれば製造員や販売員にかかる人件費、製造のための電気代、商品宣伝のための広告費などさまざまな経費がかかります。必要コストを除いた範囲で削減できる部分を明らかにして無駄を省くことによって、より大きな利益が見込めるようになるのです。大きく各経費と削減できる費用について検討した後は、各部門に分けて同じようにコストの集計します。(この時点で大体の予想売上予算が把握できます。)

    本社で負担する分の費用を計算(配賦基準:直接人員比・粗利益比・売上比など)し、付加価値や過去の実績から導いた変動率を用いて計算すると売上高を計算することができます。

    売上予算決定の全体的な手順

    変動率

    売上予算を決めるにあたって、まずは経理部門において過去の実績・データを分析する必要があります。会社全体の実績・データと各部門での実績・データを確認します。
    また、分析の結果によって売上予算を決めていく大事な作業工程でもあるため、単年だけを見るのではなく複数年の実績を考慮し分析の精度を上げる必要があります。

    売上予算がある程度決まると、会社全体の目標とする利益を部門ごとの目標利益に振り分けます。部門が沢山あれば、当然利益にばらつきが出てきます。
    実績やデータ分析の際に各部門についても見ているため、得た分析結果を元に部門ごとに適切な利益・目標とする利益を配分します。

    各部門に目標利益が設定されると、部門ごとに利益を達成するための実行計画を立てていきます。確実に目標を達成させるために、月ごとの予測表を作っておきます。予測表とは一年を通して予算の計画をしたもので、基本は翌月の初め頃に月ごとの売上や仕入・経費等を記入していきます。
    記入した月に関しては実績となり、未記入の月は予測となります。年度の初めに予測の予算を記入しておき、実績が出た段階で予測予算を実績の数字へと変化させていきます。簡単に予測と実績が比較でき、課題や先の見通しを立てやすくなります。

    各部門では予算を達成するために、計画通り業務を遂行できるように取り組みます。月ごとに実績が出た段階で予測表に数字を記入します。予測表の管理を忘れないようにしましょう。

    一年を通して実際の利益が出た後には、目標を達成できているか・実行計画通りに進んだかについて確認します。(年単位も重要ですが、予測表を用いて月単位に利益を見て確認しておくことも重要です。)目標予算が達成できなかった場合には、今後の「課題」がどこにあるかを検討します。課題を出すだけで終わるのではなく、どのように解決するかという点までしっかりと考えておきましょう。
    例えば、売上が伸びなかったという場合にはSNSなどを使って客を呼び込む広告手段を増やしたり、コストがかかりすぎた場合には無駄な作業を検出して作業工程を省けないかどうかを検討したりします。予算を立てて満足してはいけないように、課題を見つけるだけで満足してはいけません。課題の解決策を見つけ出すことが重要になポイントになります。

    売上予算のまとめ

    売上予算によって経営の安定・課題や問題の早期発見につながり、発展のための大きな役割を担っています。ただし、単に売上予算を決めればいいという訳ではありません。決めた後が重要で、実際の利益や数字と比較してこそ成果を発揮します。

    実際の数字と予想した予算を照らし合わせ、たとえ目標を達成したとしても「無駄がないか」を検討し、今後の発展箇所について考えていくといいでしょう。あくまでも計画ではありますが、今後の経営に関わってくる事業計画の一つです。

    予算設定の流れを理解して、今後の発展のために役立てていきましょう。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • 経営・戦略07月20日経営ハッカー編集部

      企業価値とは?多様化するステークホルダーと企業価値向上の進め方

      0ブックマーク
    • 経営・戦略07月19日経営ハッカー編集部

      地元長野県でデザインの仕事を長く続けたいからこそ、勇気を持ってクラウド活用に踏み切りました——水野図案室合同会社

      0ブックマーク
    • 経営・戦略07月17日経営ハッカー編集部

      メディア運営の当事者が語る「メディアとM&Aのリアル」 パネルディスカッション

      1ブックマーク
    • 経営・戦略07月16日経営ハッカー編集部

      メディア運営の当事者が語る「メディアとM&Aのリアル」 株式会社じげん×株式会社ベクトル×株式会社イード

      1ブックマーク
    • 経営・戦略07月12日経営ハッカー編集部

      コスト削減とは?コスト削減は4つの視点で包括的に取り組むべき

      0ブックマーク
    関連記事一覧