現金出納帳 無料テンプレート


現金出納帳とは?

経理業務で使用する帳簿には、「主要簿」と「補助簿」の2種類に分かれています。主要簿が貸借対照表や損益計算書などの決算書をを作るために作成する帳簿であるのに対して、補助簿は、主要簿で網羅できないような、詳細な取引状態を記録するためのものです。

そのなかで、出納帳は「補助簿」に分類されます。入金伝票や出金伝票などの記録をもとに行い、日付、取引内容、借方、貸方、残高などを記入します。現金出納帳に記載した内容を、総勘定元帳に転記することになります。

ここでポイントとなるのは実際の残高と現金出納帳の残高を一致させておくことです。交通費や文房具など、少額の現金の移動ももれなく記載しておくようにしましょう。もし実残高と現金出納帳が異なる場合には、「現金過不足」、または「雑収入」「雑損失」で処理します。