【会社の上手なたたみ方】やらかしがちなミスは?タイミングの見極めは?シリアルアントレプレナーに再起のコツを聞いてきた

起業や開業の「スタート時点」のコツやノウハウはコンテンツとしてわりとネット上にまとまっていますが、その逆の会社をたたむ「クローズ(倒産とか譲渡とか整理)」の情報はあまりないものです。が、起業時に気になるのは、むしろこのへんの実情ではないでしょうか。

「会社を潰すことになったとき、タイミングをどう見極めればいいのか?」
「再起不能にならず、再起をかけるために決してやってはいけないことは?」

ということについて、シリアルアントレプレナーのTさんに取材させてもらいました。Tさんは40代(男性)で現在も会社経営者。新卒で入った会社を3ヶ月で辞め、これまで7社の会社を立ち上げたり閉じたりしてきた方です。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529103118j:plain

<お断り>
Tさんにはけっこうエグイお話しを赤裸々にしていただいたため、匿名表記にしています。あと、事実関係を曲げない範囲で多少脚色してあります。あらかじめご了承ください。ただし、ノンフィクションなので基本的な内容はすべて事実です。


20代、輸入先からの仕入れと販売に明け暮れた会社経営

―― 最初につくった会社ではどんなビジネスをされていたんですか。

Tさん:物販です。いろんな商材の輸入販売ですね。スタートは2000年なので18年前。まだ20代前半です。

―― すでに輸入ビジネスのノウハウを持っていた?それとも別のキッカケがあったとか?

Tさん:知人から話が回ってきました。もともと「起業したい」って周囲に吹聴していたので、周りも「Tは起業したいのか」と認識して声をかけてくれる。そういうご縁ですね。大学の同級生からの紹介みたいなところからです。

―― 「これがやりたい」と決めていたわけではない、と。

Tさん:ですね。なんとなく「輸入の仕事がしたいな」と考えていたくらいです。最初の輸入物販は3年くらいやりました。その頃、当時進出してた国で見かけたとある商品が日本でも売れるんじゃないかと思ったんです。ちょうど日本でヤフオクが流行りだした時期で、ためしに出品したらボコボコ売れました。ただ、扱っていた商材が有限資源でどんどん枯渇してしまって、さらに需要があると知った他の業者も手を出して、買取価格が上がってしまいました。

―― ということは、あまり長続きはせず?

Tさん:為替の問題とかで、あまりおいしくなくなってきました。で、別の商材のほうがビジネスになるんじゃないかってシフトチェンジして、徐々に違うビジネスにスイッチしていきました。

―― 別会社を設立したんですか?

Tさん:ええ、新しい商材を専門で扱う別の会社を立てて、パートナーと世界の展示会を回りだしたんです。今でこそ個人の輸入ビジネスは当たり前になりましたけど、当時は日本でバイヤーというと大手さんしかいなかった。彼らは1商品1000ロットみたいな大口で買う。でも、数個単位で売ってくれる業者さんも世界にはいて、そういうとこを根気よく探して、買ってコンテナに詰めて日本に送って、ヤフオクで売る…みたいなことをやりだしました。

―― 個人相手に売ってくれるもんですか?

Tさん:海外では若いとナメられるので、売ってくれなかったりもしますよ。大手さんが来ているところにいきなり名もない20代のバイヤーが数人で来てオーダーしても、「こいつら、本当に金を払えるのか」って疑われます。だから、そこは現ナマでバーンと払わないとダメ。大手さんは信用取引ができるけど、僕らは現金商売で立ち回るわけ。

―― なるほど…。

Tさん:いろんな国を回りましたね…インドネシア、インド、デンマーク、中国…まぁ中国は当時安かったので中国に倉庫をつくって、香港に会社を立てて取引しつつ、日本の会社に売るみたいなこともやりまして。

―― 会社の規模はどれくらいだったんですか。

Tさん:社員6、7人でやっていました。ヤフオクで売るビジネスで年商3億程度ですね。粗利がめちゃくちゃ高かったのでかなり儲かりましたね。

―― 当時は20代後半なので、同年代とか同期とかに比べて、比較にならないくらいの収入があったんじゃないですか。

Tさん:仕入れにどんどん使ったので、どうですかね(笑)。ベンチャーキャピタルとかがない時代だったし、銀行も若い人たちに投資・融資しようという土壌はなかったですね。だから自分たちで資金を作るしかなかった。どんどん仕入れて、どんどん売ろうって感じで働いてました。ヒルズに住むとか、そういう感じではなかったですね。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529103502j:plain

会社をうまくたためる経営者、ズルズルと決断を先延ばす経営者の差

―― 出費も多いけど、ビジネスはうまく回ってた。でも、会社が潰れたんですか?それとも潰した?

Tさん:どっちになるのかな。まあ、法律手続きはやっているので「潰れた」ですね。日本に店舗も出したけどネットで真似する業者が増えて、参入障壁が低くなってきたタイミングでヤフオクの粗利益も落ちてしまいまして。

―― だんだん厳しくなってきたわけですね。

Tさん:僕らはすでにそこそこの会社規模になっていて、固定費が発生する。最終的に上場企業のグループ会社になる目的で2008年位まで経営して、とある東証一部上場企業からお金を借りてそこのグループ会社になる……と目論んでいたんですけど、リーマンショックで本丸が炎上してもう駄目だ~となって潰れたかんじです。

―― その時点での会社の規模はどれくらいでした?

Tさん:年商で6億~7億円くらいです。

―― 海外に工場建設とか、手を広げたぶん失うものも大きいじゃないですか。それでも、ちゃんと再起を遂げていますよね。会社をたたむコツみたいのってありますか?

Tさん:撤退タイミングの見極めが大事かなと。再起できる人は事業に執着しない。損切りがうまいですよ。失敗した社長の話もたくさん聞きますが、最後までしがみつくとハードランディングしちゃう。上手な人は「事業を好きでやってる」とは言いいますけど、ちゃんとそろばん勘定ができているかと。

―― 撤退ラインをあらかじめ引いているんですか。

Tさん:だと思います。商売の赤字が……たとえばネイルサロンのお店をやっているとして、いま3カ月目で赤字だけど、もう半年やって軌道に乗らなければクローズしよう、とか。

―― そこから先、ひょっとすると上向くかもしれないけど…。

Tさん:でも潔く切っちゃう。潰れかけの会社の再生支援ビジネスを2年ほどやった時期がありまして、その経験で言うとズルズルと意思決定を先延ばしして損切れない社長さんもいました。もうやめたほうがいいといくら訴えても決断できない。で、お金どはんどん減って行き詰まる…。

―― 事業がかわいいというか、愛着があるんでしょうね。

Tさん:土壇場で水戸黄門が来て助けてくれる、大どんでん返しが待っている…みたいな、一発逆転を期待している感じではありました。何かにすがればうまくいくみたいな思考停止に近い状態は赤信号。こうなるともうダメ。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529103646j:plain

優先順位を決め、払うべきものをキッチリ払い、逃げなければ再起は可能

―― 過去に何社も作ったり潰してらっしゃいますけど、過去から何を学ばれました?

Tさん:撤退コストが安いビジネスをやること。参入コストの低さよりも、どんな状況になっても撤退がしやすいってことが大事。

―― 撤退ラインを決めるだけでなく、撤退しやすい事業をする…と。

Tさん:「債権者に対してお金が払えなくなること」が倒産なわけですが、撤退が早い人はにっちもさっちもいかなくなる前に事業停止→解散します。財産が残っているうちにたたむわけですね。リストラするときって退職金を払わないといけないので、まとまった額が必要なんですよ。これが払えないと夜逃げしか道がない。退職金を払える段階で撤退か否かを見極めて行動しないといけないんです。

破産手続きにのってしまうと、一番強いもののひとつが税金で、憎たらしいけど強いんです。債権の中では税金をまず払わねばなりません。支払いが1,000あるけど残高が500しかない。そうなると誰かに500泣いてもらうことになるわけなんですけど、税金は先なんです。税金は強いし、破産しても残る。

―― 国は取りっぱぐれないのか~。

Tさん:ただ、国とは交渉ができますけどね。分割払いができたりとか。

―― 極悪ではないと。

Tさん:そうです。1,000の中で500払う順番と誰を泣かせるかを決める。この誰を泣かせるかを決めることによって、次の再起が決まる。たとえば、従業員に給料を払わないと夜逃げですよね。これは最悪。やってしまうと再起はそうとう難しい。

―― めっちゃ恨まれるでしょうし…。

Tさん:その業界で失敗しても、また同じ業界に戻ってくる人って多いです。業界に顔向けできるようにするために、仕入れ先の人たち、お取引先さんにはちゃんと謝ってしっかり払う。この「謝る」のがつらくて逃げちゃう人が一定数いる。

―― 謝らず、支払いもしない?

Tさん:そう、弱い人は逃げちゃうんです。恥ずかしいことですけど、相談、交渉する。かっこつけないということですよね。男性はかっこつけたがりますけど…。お金が理由で自殺する人もいます。その点、女性のほうがリアリスト。女性はめっちゃ喋るじゃないですか。「つらいわあ」とかなんとかって。男は耐えてしまう。耐えるのが美徳&武士みたいな雰囲気ありますよね。

―― なるほど。

仲間や取引先には絶対、払うべきものは払う。税金は交渉する。僕の場合は会社を分割して、同じ業界内で変な風評被害を立てられたくなかったので、仕入れ先さんにもちゃんと誠意を持った対応をしました。泣かせるのは…親族とか。友人などに対して、ちょっとずつ弁済するとか。個人的なつながりのものは、泣いてもらうというか、謝って延ばしてもらうとか。あとは、銀行から金を借りないと思っていたら、銀行と交渉するとか。次から、もう銀行から金を借りないと思っているから。どのみち借りられないですけどね。

―― 学んだのは、そのあたりということですね。

Tさん:優先順位を大切にする。逃げない。問題が知恵の輪みたいに絡み合っているように見えるんですけど、一つずつ冷静にほぐして、支払い先の順番、優先順位を決めて整理していく。整理には多少の余力が必要なので、早めに撤退する。組織規模の大小はあまり関係ないので、そういう意味ではフリーランスでも同じかなと。

―― タイミングを見極めるには、お金の流れを経営者本人がちゃんと把握していないといけないですね。

Tさん:いまはペイパルだったり、いろいろなサイト、回収方法があるので請求と回収とでズレが生じますよね。freeeを使うとキャッシュフロー表もあるし、それを見てちゃんと残高がマイナスにならない、あるいは残高がここ以下にならないというものを、しっかり見つめながら経営すること。月3回くらいでいいと思います。

―― はいはい。

物販をやってる人とかは月末支払いが多いでしょうけど、あとはメーカーによって変わってきたりすると思うので、20日締め、25日締め、月初、中旬、最後は月末。小さいうちは、2回くらいちゃんと残高を見ておく。freeeみたいにデータを引き出して、残高とか出してくれる便利な機能もあるし。

―― 会社立ち上げたてのところでは、そこまで頭が回らないというか。教える人もなかなかいなかったり…。

Tさん:税理士の先生は教えてくれないですよね。キャッシュフローとかは見ないので。キャッシュフローを見れるのは、ここはもう経営者しかいない。経理担当に丸投げすると、税理士の先生が経理の人に「これやって下さい」で終わっちゃうじゃないですか。キャッシュフロー管理は経営者がわかっていないといけないです。一見ヘラヘラしている社長でも、キャッシュフローは自分で見ているとか、振り込みは本人がやって他人任せにしないとか、けっこうあります。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529103903j:plain


お金は大事だけど、一度失うと取り戻せない”信用”はお金以上に重要

―― 会社を潰すって、精神的にもお財布的にもダメージが大きいと思うんですが、何が一番ハードな経験でしたか?

Tさん:まず健康に支障をきたします。「借金で首が回らない」って表現ありますよね。あれ、本当に物理的に首が回らなくなるんです(笑)。僕の場合は、首以外にぎっくり腰と難聴にもなりました。ストレスで寝れないし。絶えず頭がボーっとしているというか、シャキッとしないです。あと、寝られないとストレスで酒が進みます。

―― そこまではよく聞く話ですね…その先は何が?

Tさん:お金がなくなると、結婚しているかしていないかが…大いに関係します。あとは自己資産を持っているかどうか。家の場合だと、賃貸だったら安いとこに引っ越せばいいですが、差し押さえがくる場合があるので、それは事前にしっかり配偶者に伝えること。子どもはともかく、夫婦間で仕事のことは日頃から話しておくこと。僕も「経営状態が芳しくないときこそ話せ」と先輩経営者に教わりました。悪いときこそ、悪いニュースこそ話せ、と。

―― そういうものなんですね。でも話しづらい…。

Tさん:事業計画でもそうですけど、良いシナリオ、普通のシナリオ、悪いシナリオ、大体三つのシナリオがあって、これをちゃんと配偶者やフィアンセと共有しておくことが大事じゃないですか。それで逃げる相手だったら、それはしょうがないでしょう。ただ、周りを見ているとむしろ女性のほうが肝が据わっているようで、「そうなの?じゃあ、もう一回頑張りなよ」って励ましてくれたりするそうです。

―― 精神的サポートがあるのはウレシイですね。とはいえ、独身のほうが楽な気もしますが。

Tさん:ええ、やはり独身のほうが楽です。関係者が少ないので身軽。会社をたたむなら身軽なうちにやったほうがいい。まあ、背中を押してくれるとか、ケツに火が付くっていう部分では家族の存在意義もありますけどね。

―― 今もトラウマは残ってたりします?

Tさん:お金が足らないときに来る「ゾッとする感」ですかね…。ヤバい、残高が足りないとなったときの背筋が凍る感覚は身体が覚えてます。

―― 生きた心地がしなさそう…。

Tさん:闇金ウシジマくんじゃないけど、お金は所詮お金だから頑張れば稼げます。でも積み上げてきた信用を失うのはもったいない。会社がつぶれかけのときには生きるのに精いっぱいで、わけわからないですが、すべて終わったときは逆にスッとする部分が多いですね。「ああ、なんかいろいろ片付いたな」みたいな。債権者から電話も鳴らなくなり、各所での交渉も終わり、ゼロになった感じですね。日々責め立てられているので、それがなくなってくると、まるで嵐が過ぎたよう。

―― 会社がつぶれてしまっても信用は残る? もしくは残さなきゃいけない?

Tさん:信用は残せます。でも夜逃げしたら本当に最悪。おしまいです。給料遅配なんてしたら戻って来れないです。それこそ、日本を捨ててフィリピンとかで生きていくしかなくなってしまう。

―― 夜逃げはゼッッッッタイにやらないほうがいいんですね。

Tさん:やらないほうがいい。昔は、サラ金とかからお金を借りると厳しい取り立てがあったじゃないですか。

―― ナニワ金融道的な?

Tさん:そう。でも今は債権者からの取り立ては夜6時くらいまでかな…法律で決まっているんです。「内臓売れ!」とかも当然NG。そういう意味ではだいぶマシな世の中になったので、逃げる必要がないです。命も取られません。

―― 東京湾に沈められる…とか、そういうことではない、と。

Tさん:ないです、ないです。

―― 多少日常生活で困るとか、クレジットカードをつくれないかな、みたいなことはあるかもですが。

Tさん:そうですね。せいぜいそんなところ。細かいところからは逃げればいいと思うんですけど、大きく逃げる…自分の人生から逃げるというのはよくない。お金よりも再建のためには、信用のほうが大事です。誰かと共同で興すなら信用できる人と組む。人間、本当につらいときに本心が出てくるので、やっぱり、逃げ癖のついている人もいるし。こいつ弱いな、という人もいます。

―― 事前に見抜けないですかね?

Tさん:さすがにそれは見抜けないですねー。有能な人、時代の寵児みたいにかっこよく光が当たっている人も、最後には逃げるとかって珍しくないし。かっこつける人ほど孤独なので、きっと孤独なんじゃないですか。

―― そうお感じになりますか?

Tさん:僕はそう感じます。「俺は他の連中とは違うぜ!」ってかっこつけている人ってプライドが高くて孤独なので、飛ぶ可能性もあると思います。逆にへらへらしててプライドのない人のほうが人間臭いというか、そういう人のほうが逃げない印象はあります。

―― 自分の弱さを認めることができるか、できないかの差なんですかね。

Tさん:「お前のほうが得意だからやってくれない?」って、人に素直に頼れる人っているじゃないですか、社長でも。そういう人のほうが逃げないんじゃないかな、という気がしますね。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529104105j:plain

課金型ビジネスはいろいろ安心

―― 今も、ご自身で事業をされていらっしいますけど、仮に別のビジネスを始めるとして、スモールに開始して撤退しやすいモノを選びますか?

Tさん:ええ、撤退のしやすさは大事。あとは譲渡しやすい事業。たとえば、僕の名前を売って事業を成長させると、僕の名前に事業がひも付いてくるわけです。これをやってしまうと譲渡しづらい。だって僕にしかできない商売なので。

―― 良くも悪くもブランド化してしまうと売りにくい、と。

Tさん:(手元のパソコンに眼をやって)たとえばパソコンであれば、消費者は製品がほしいわけなので社長は極論誰でもいいことになる。商品やサービスが愛されていると売却しやすい。あともうひとつは「継続課金」があること。

―― 月次のチャリンチャリンですね?

Tさん:チャリンチャリンが毎月入るのは絶対大事。お金の残高は心の安定性とつながります。
高単価商品がドーンと売れるほうが儲かりそうなイメージですけど、景気の波を絶対受けますし。自分は絶対に継続課金ビジネスしかやらないつもりです。

―― 今は月次課金ビジネスですが、心の平安は物販時代に比べて違います?

Tさん:全然違います。眠りの質が違いますね(笑)。バーンと大儲けできないけど、それは求めていない。バーンと上がるとバーンと落ちるもんです。ちょっとでいいので右肩上がりで成長すればOK。ちゃんとスタッフにお給料が払える。余計な心配をしなくて済む、病気しても収入が入ってくる……のは大きい。


社員による使い込みや横領はわりと「経営者あるある」

―― 会社の作る、たたむをかなりの回数されてますけど、いろいろなペーパーワークは効率的にやってこられたのですか?

Tさん:ネットがあまり進化してない時代でもあったので、いい士業の人を見つけて、お願いするパターンが多かったです。

―― けっこうお金もかかりますよね?

Tさん:友達をたどれば士業の人っていっぱいいるので、まずは士業の人と仲良くなるとこから。ウェブサイト経由で問い合わせても正規の値段をぶつけてこられるだけなので、まずは友達を通じて仲良くなる。起業したいと思えば、誰か周りに起業している人がいると思うんです。その人たちは税理士を使っているし、司法書士とか使っているし。まずは、仲良くなるということが重要じゃないですかね。

―― ひとつ気になったのが、会社をたたまないといけないとき、すごく悩まされるじゃないですか。社外の誰かに相談するってことはありましたか?

Tさん:してましたね。パートナーとも相談するし、信頼できる税理士さんにはしてました。あらゆることを想定して、前倒しで考えておく。「会社、つぶれるかも」と思ったのが2006年だったんですけど、3年くらいなんとかダラダラ延びたので、あらゆることを考えておくというか。

―― そのとき経理の方と相談は?

Tさん:それが、中小企業は経理が本当に定着しないんです。起業直後は社長本人がやるものですが、1億くらいが限界でしょう。作業は夜にやるんですけど、そのうち会食が増えて、酔っ払ってしまって「寝ちゃえ」ってなって。「ヤバい、先月分やってない。今月やんないと、領収書が山積みだ」となる。でも、freeeでだいぶ楽になるとは思います。ただ、現金を扱うようになってくると、不安要素もあって信頼を置ける人でないと。なぜなら不正ってわりと起きるので…。

―― 社内で?横領とか?

Tさん:経理の人がお金を抜いちゃうことはふつうにあります。中小企業は杜撰だったりして伝票を手書きで適当に改ざんできちゃったり。会計事務所に振っても、会計事務所の職員が悪さをするとか…ってのもかつてはあったらしいです。決算のときに「なんか現金がふくらんでいるけど、そんな金庫に入っていたっけ?確認しよう」ってなって「数万しかない!あれ?300万円下ろされているじゃん、これなんだ!?」って発覚する。

―― そうなってからでは手遅れ?

Tさん:まあ犯人の目星はつきますけどね…。問い詰めて、犯人がゲロって、刑事事件にはしないから分割で返しなさいってなるみたいです。すでに辞めてしまってて追いかけられないケースもありますが。

―― それって社長あるあるなんですかね?

Tさん:かなり社長あるあるですよ。バイトに持ち逃げされるのも珍しくない。友達の同級生に経理を任せていたことがあって、彼が大金を抜いたことがありました。そんなのバレるに決まっているのに…。

―― 最初から計画的に逃げることを考えてやっているんでしょうかね。

Tさん:ギャンブル好きとか、借金が膨らんじゃうとか、ドラッグが好きとか歯止めが効かなくなる人もいるかもしれない。飲食店とかはよくあるじゃないですか、手数料取られるのがもったいないから現金のみってお店。手数料を払いたくないというオーナーの意向だと思うんですけど、中の人間に抜かれるリスクはあります。

ちなみに僕の実家は現金商売をやってたんですけど、親父も被害にあってます。知人経営者からも似た話を聞くし、表ざたにならないだけでそこらじゅうで起きている。結局、カード決済にして現金を扱わないようにするとか、大事ですね。

―― そんな日常茶飯事に使い込みが発生しているとは…。

Tさん:個人的な感覚ですけど、10社あったら1~3割くらい経験している気がします。

f:id:ats_satomi-iwamoto:20180529104333j:plain


会社員より、自由と責任を背負う経営者のほうがいい

―― それだけ、いろいろなトラブルとリスクがあるにもかかわらず、会社員に戻ろうと思ったことは?

Tさん:ないです。戻れないと思います。3億サラリーでやるからと言われてもやらないですね。

―― お金じゃないということですか?

Tさん:経営者は時間を自分でコントロールできる。すべて自分の責任なんですけど、逆に言うと人のルールの中で生きなくていい。もちろん、取引先とのルールとかはありますけど、自分でコントロールできるのが大きい。

―― 自由と責任を全部負うほうがいい、と。

Tさん:そう。勤めている会社が倒産するかどうかって社員にはコントロールできないですよね。飛行機に乗っている状況と一緒で、いわばパイロットに任せじゃないですか。そういう状況は怖い。

―― 人に使われるのも性に合わない?

Tさん:けんかしちゃうでしょうね。組織には組織のルールがあるじゃないですいか。お客さんのためじゃないのに、やらないといけないとか。誰のためにやっているのかわからない仕事はもうできないです。

―― 新卒時代もそれを強く感じた?

Tさん:3日で辞めようと思いました(笑)。もともと学校は嫌いだし、協調性がなくて集団行動も苦手なんです。日本企業の特徴のような気がするんですが、社員を信用していないじゃないですか。信用しないベースで組織が組み立てられているという気がするんです。「不正するんでしょ?」「さぼるんでしょ?」という目で社員を見ますよね。サボるだろうからリモートワークはダメ…とか。

―― 今後やっていきたい新しいこととかもあったりしますか?

Tさん:今のところは、この事業で精いっぱいだし、先はまだ大きくなるなと伸びしろは見えるのでそれに集中したいです。光が当たる仕事よりも、地味な仕事のほうが好きというか、優秀な人が入ってこない。かっこよさや華やかさはないかもしれないですけど、そういうのは儲けてプライベートでやればいいかな、と。

―― 仕事でかっこつけようとかは?

Tさん:一切ないです。かっこつけて会社が潰れるくらいなら、便所掃除します。便所掃除をやったら儲かるのかなとか考えます。

―― 自己顕示欲みたいなのはないっぽいですね。

Tさん:自己顕示するには金がかかるんです(笑)。かっこつけるために消費するようになる。だったら、そのまま広告費に投入したほうがいい。かっこつけるお金で、お客さんをゲットしたいので。

―― 私もカッコつけずに堅実的に商売しようと思います!他では聞けない貴重なお話し、ありがとうございました!