2019年07月09日(火)2ブックマーク

最適な撤退はどう見極め、どう進めるべきか 撤退と殿戦(しんがりせん)の研究

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

ビジネスはよく戦略にたとえられます。戦略のない経営や事業は見えない敵に丸腰で向かっていくようなもの。書店を覗けば、戦略に関する書籍が山積みとなっています。その戦略内容も部門別、事業別、経営、市場別など、レベルやフェーズ、規模によって分化しています。これほどまで戦略が一般化しているにも関わらず、意外にも重要なポイントが十分語られていないようです。それは「撤退」です。

目次

    ◆ 戦略の要は撤退にあり

    実は戦いにおいて最も難しいのが撤退の見極めとその決断だと言われています。経営環境が目まぐるしく変化する現代においては、この撤退の峻別眼を持つことは、大きな武器となるはず。適切な撤退判断でその後の成長に繋がったケースも少なくありません。
    最近は優れた撤退事例が増えたこともあってか、全体的に事業撤退の決断は早まっているようです。とりわけネットビジネスでは事業の身軽さもあってか、撤退判断の速さが目につきます。

    直近では鳴り物入りで導入した「ZOZO TOWN」のZOZOSUITの撤退や、「メルカリ」の英国事業の撤退などが話題となりました。また完全撤退ではないものの、米国に進出したばかりの「いきなりステーキ」が11店舗中7店舗の閉鎖を発表し、メディアの注目を集めています。いずれも2~3年程度での撤退判断で、投資家のなかにはそのスピード感を評価する人も少なくありません。

    もともと動物は本能的に戦うべき相手を読み取り、無駄な戦いをしませんでした。相手が手ごわいと認めたら、まず引き下がって自己の生命を守り、捲土重来を期します。
    それは動物に限ったことではありません。歴史上の名知将や参謀と呼ばれる人々の多くは、無駄な戦いを避け、適切な撤退を実践してきました。その意味では素早い撤退は理にかなったことでもあるわけです。

    ◆ダイエーはなぜ消滅したのか
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む
    2

    ガンダム世界の経済・企業・戦争 ジオン軍の財務力を探る!

    令和の“奇貨”マネジメント……知ってて損はない、話

    1

    最適な撤退はどう見極め、どう進めるべきか 撤退と殿戦(しんがりせん)の研究

    2

    ガンダム世界の経済・企業・戦争 ジオン軍の財務力を探る!

    3

    停滞する会社を持ち直す経営術 歴史上の中興の祖は何をしたのか?その1 上杉鷹山

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。