2019年04月08日(月)2ブックマーク

企業が100年以上生き残るために必要なことは何か? 組織崩壊からの気づき~TOMAコンサルタンツグループ代表取締役会長 藤間秋男氏

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
藤間秋男氏

日本には、100年以上の長きにわたって先祖代々続いてきた老舗企業が約26,000社存在すると言われている。一方で、時代の変化についていけずに淘汰されていった企業も少なくない。この両者の違いはどこにあるのか。

この話を聞くのに最適な人がいる。税理士、会計士などの総合コンサルタントグループとして、「100年企業創り」というビジョンを掲げ、企業の持続的経営をサポートする、TOMAコンサルタンツグループ株式会社の代表取締役会長 藤間秋男さんだ。

明治時代から続く老舗士業の家系に生を受けながら、たった一人で創業したTOMAコンサルタンツグループは、今日では、税理士や公認会計士、弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などさまざまな分野の専門家が総勢200名を超える総合コンサルタントグループへと成長している。

この背景には何があったのか。企業の持続的経営に求められる秘訣を探る。

目次

    独裁者であった自分がもたらした組織崩壊からの気づき

    -創業から事業承継まで、一番苦労したのはどういうことですか?

    1982年にたった一人で事務所を開設し、しばらくは順調に事業拡大を続けていたんですが、40名程度の組織になってからは成長速度に陰りが見えるようになりました。それで忘れもしない2001年のこと、頼りにしていた幹部が4人一斉に辞めてしまったことがありました。

    当時の私は気に入らないことがあったり、社員がミスをするとよく怒っていました。また、仕事を部下に任せることができず、自ら出ていくことも多かったのです。私の振る舞いに幹部たちは不満を募らせていたのでしょう。

    それで新入社員は入ってくるのに、教育する幹部がいないという不味い状態になりました。そのときはなぜ人が離れていってしまうのか、経営者としての自分の至らなさを思い知り、煩悶しました。

    ―その危機をどうやって乗り越えたんですか?

    最終的に「人」の在り方が重要なのだとその時に気がついたんです。私自身も明治時代から続く代書業(現在の司法書士)の倅として育ちましたから、自らのルーツを辿るというか、経営を安定化させるために社歴の長い長寿企業を調べようと、老舗企業の経営理念や家訓について調べ出したのです。やがて、ただ書物を読むだけではなく、実際に老舗企業の方にお会いして話を聞くようになり、理念や家の教えである家訓などを大切にする考え方に非常に感銘を受けたのです。理念の重要性は通り一遍には言われているけど、その真髄をわかっている人は少ないですよね。

    かくいう私もそのときまで経営理念の重要性をそれほど理解できていなくて、よその会社の経営理念を参考にして「とりあえず作ってみた」という程度のものしか設けていなかったんです。でも社員が数十人を超えるようになると、何を大切にしてお客様と向き合うべきなのか、一人ひとりがきちんと深いところで理解してくれているのかあやしくなるものなのです。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧