2019年04月19日(金)8ブックマーク

創業3か月で3.4億円を調達、爆速で成長するビットキーのマーケティング戦略を江尻祐樹CEOに聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

スタートアップや新規事業に取り組んでいる経営者にとってマーケティング戦略は最大の関心事の一つだ。今回は、急成長する注目のスタートアップ企業を参考に、「世の中にまだないプロダクトのマーケティング」をどのように実行すればよいのか?というテーマについて探求してみたい。

株式会社ビットキーはブロックチェーンから着想を得て開発した、暗号・P2P・分散技術を活用した全く新しいデジタルID認証/キーのテクノロジーとそれを利用するデバイスを独自開発し、単なるスマートロック屋ではなく、社会のID/権利認証プラットフォームとなることを目指している。そして、GAFAのように独占するのではなく、デジタルIDや権利の移動という公共性の高い情報を社会の共有資産として活用する分散型モデルで既存のプラットフォーマーとは違う新たなあり方を提案する。同社は2018年の5月に法人登記、8月1日に創業した。そして何と、10月末には3.4億の資金調達に成功した。創業当時12名の社員が、今は30名となり、2019年4月には4~50名になるという。急成長を可能にするマーケティング戦略をCEO江尻氏に聞いた。

目次

    バーチャルとリアルのあらゆる接合点で役立つ次世代「鍵」が生み出すビジネスチャンスに着目

    -まず、御社のビジネスモデルを理解したいと思うのですが、どんな事業なのでしょうか?

    我々は次世代のデジタル上の「IDと鍵」を再定義するものを、社名にもなっている「bitkey」(ビットキー)と呼んでいます。ネットワーク上の認証とそれに基づく実行鍵の動的生成、物理的なデバイスに設置可能なデジタルホール(鍵穴)を一体的に運用することで、利用用途が非常に広いものとなっています。これらのキーテクノロジーを柱の事業であるスマートロックをはじめ、他のハードウェアや既存産業のサービスフローに活用いただくのが実際の事業となります。

    我々のキーテクロジーを具現化するID認証と分散テクノロジー、サービスを提供するアプリケーションシステム、そしてハードウエアを一連のサービスフローとして組み込むことによって、バーチャル、リアルを包含する認証と実行権限問題を解決するというところが他に例を見ない特長となっています。

    -非常に汎用的なサービスになるということはわかるのですが、どのようなケースで利用されるのでしょうか?

    わかりやすい例ですと、ある年の冬にNew Yorkに出張していた当社のメンバーが、Airbnbで宿泊場所を確保していたのですが、運悪く大雪に見舞われてしまいました。そのため電車が遅れ、鍵を持っている貸主が到着できないという事態になったのです。いつ到着するかもわからない貸主を大雪の中で凍えながら待っているのは、二度としたくない体験であることに違いありません。このとき、ネットワーク上で認証されて、電子鍵が受領できれば、何も問題は起こらないわけです。

    完全にデジタル上のトランザクションで完了するサービスであれば物事は非常に効率的なのですが、最近はデジタルとリアルがひとつながりになっているサービスが実際には世の中に増えてきています。デジタルの世界から、外に出てしまうと一気に不確定性が増大し、効率的な対応ができなくなります。我々のソリューションは、デジタルを通じてリアルで時空間一致を必要としているが繋がっている状況で、関係者をマッチングし、本人確認や、利用権限付与が必要なあらゆるケースで活用できるのです。

    -もう少し具体的にイメージするために、この技術が利用されるのは他にはどんな局面があるのでしょうか?

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧