2019年04月22日(月)4ブックマーク

採用難の飲食店に残された超流動労働市場を発掘するスポットメイト株式会社、「次世代型バイトアプリ」を活用したマーケティングの狙いとは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
スポットメイト株式会社代表取締役田中佑馬氏

働き手の売り手市場化が進み、多くの業界が採用に苦戦しています。特に飲食業界は顕著で、先日の吉野家の赤字転落のニュースをはじめ、大手飲食チェーン各社の決算を見ても、人件費が利益を逼迫していることがわかります。そもそも、求人広告を出しても人が来ないという深刻な事態に陥っています。

一方で学生やフリーターといった若年層の働き手を見ていると、ライフスタイルや「働く」ことに対する価値観が多様化しており、パラレルワークなど多種多様な働き方が市民権を得るようになってきました。

このトレンドを上手くとらえ認知を広げている飲食店向けサービスがあります。決まった働き口を持つのではなく、「今、働きたい」「明日の数時間だけ働きたい」といったスポットの要望と、人手が必要な飲食店とを繋げる、次世代型バイトアプリ「スポットメイト」です。

とはいえ、最近類似のサービスが増えており苦戦は必至。どのように他社と差別化して、マーケティングしていくのでしょうか?またこのサービスの真の狙いは何なのでしょうか?代表取締役の田中佑馬氏にお話を聞きました。

目次

    飲食業界向け人材マッチングアプリを立ち上げた背景

    ―飲食業界の求人方法を変える可能性がある「スポットメイト」ですが起業の背景を教えてください

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧