2019年05月15日(水)2ブックマーク

フィンテックに寄らない銀行代理業へ参入する!? H.I.S.グループで手掛ける金融業態戦略を聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

H.I.S.は言わずと知れた大手総合旅行会社だが、旅行事業のほかにも、ホテル事業や、テーマパーク事業、エネルギー事業、損害保険事業など、業態の多角化を図っている。その一端で金融分野を担っているのが、H.I.S. Impact Finance株式会社だ。

しかし、昨今の銀行業界にあっては、マイナス金利政策や資金需要の減少、利鞘の低下の影響で軒並み収益を落としている。金融庁の統計によると、主要行(メガバンク等)における連結業務純益は、平成28年3月期に4兆2,715億円になって以降、毎年減少し、直近の平成30年3月期決算では3兆5,067億円まで落ち込んでいる(※1)。地域銀行においても、同一期間に1兆5,905億円から1兆2,178億円への減少(※2)となっている。

そんな中、決済代行業や売掛保証業に加え、銀行代理業にまで進出しようとしているのが同社なのだ。なぜあえて、斜陽化しているように見える領域に、フィンテックにも頼らず参入するのだろうか?CEOの東小薗氏にお話を伺った。

目次

    決済代行と売掛保証で始めた金融サービス

    ―御社は決済代行業をされているということなんですが、始められた経緯を教えてください。

    弊社が行っている決済代行業は、まずクライアントから請求データをいただいて、我々が代わりに請求先に売上代金を請求して、クライアントに請求金額から手数料を差し引いて代金をお支払いするという形をとっています。

    僕は以前H.I.S.で法人営業をしていたのですが、当時H.I.S.では売掛取引が原則禁止されていて、クライアントには原則として代金を前払いしてもらっていました。しかし、多い時は月200回にも渡る出張の代金を、予約の都度支払ってもらうのは現実的じゃなかったんです。

    なので、2008年頃からH.I.S.とクライアントの間にカード会社を挟むようになったのです。ところが、この手数料がばかにならなくて。それに、僕たちが必死で獲得してきたお客様が中小零細企業だと、カード会社に落とされることも度々ありました。

    手数料の負担が大きい上に、新規獲得の弊害にもなっているということで、カード会社より手数料が安くて、大半のお客様が審査基準をパスできるようなシステムを作ろうと思って一念発起しました。そのような経緯でできたのが当社なんです。

    ―でもクライアント側から見ると、そもそも決済代行業を利用すると、せっかくの売上から手数料分を取られてしまうことになりますよね。手数料を支払ってまで決済代行業を利用するメリットってどこにあるんですか?

    確かに、取引先と自社の間に我々のような決済代行業者が入ることで、中間マージンが発生します。しかし、我々は損害保険会社と共同で事業を行っているので、我々が間に入ることによって相手方から確実に請求した金額とほぼ同額を支払ってもらうことができるんです。そのため、未回収リスクがゼロになります。

    取引相手が、日頃から支払期日にきちんと代金を支払ってくれるような会社ばかりであれば、それに越したことはありません。しかし、たまに期日になっても代金を支払ってもらえないこともありますよね。そのようなときに、多少なりともリソースをそこに割いて再度取引先に請求するのは手間だし、何よりも精神的なストレスになるじゃないですか。

    ―確かに、入金がないからと言って取引先に催促するとイヤな顔をされそうですし、関係がギクシャクしてしまう心配もありますよね。

    そうなんです。そういうときに、決済代行業を利用すれば、自分たちの代わりに代金を請求してもらえるので、人間関係に波風を立てる心配もありません。また、未回収リスクもなくなるので、安心して本業に取り組める。特に、立場が弱くなりやすい中小零細企業にとって、その点は大きなメリットだと思います。その一環として、弊社では売掛保証も行っているんですよ。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧