2019年05月09日(木)3ブックマーク

保険営業の頂点を極めるも、自らの生命の危機に直面。見えてきた保険の共同体組織とは?~R&C株式会社代表取締役足立哲真氏に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
足立哲真氏

足立哲真氏は業界の中では知らない人はいない伝説のトップセールスマンである。そう聞くと、足立氏が代表を務めるR&Cは保険の優績セールスマンからなる個人事業主の集合体なのか、と思わずイメージを浮かべてしまう。ところが同社は「Be Collective, Be Professional」という業界の中では異質な企業理念を掲げている。そもそも、個人の業績至上主義の保険代理店業界で「Collective(共同体、組織)」に行きついたのはなぜなのか?生か死かの狭間で見えた保険サービスの真の姿とは何か?

まず、足立氏はどのように凄いのか?それは、高業績の金融サービスのプロのみが入会を許される国際的組織MDRT(Million Dollar Round Table)の最上位認定TOT(Top of the Table)に世界最年少、25歳で入会したことによる。このMDRTとは通称「百万ドル円卓会議」と訳されることが多く、保険のセールスマンに支払われる年間手数料、すなわち年収が※約1,200万円を超えた者のみが入会を許される称号となっている。

ちなみに、その上位クラスCOT(Court of the Table)となると年間手数料5,000万円前後、足立氏が認定を得ているTOTにいたっては実に1億円前後の手数料達成が入会の基準となっているそうだ。MDRT入会者でさえ日本で100万人以上と言われる保険セールスマンのうちわずか3千数百名程度、TOTに至っては百名前後しかいないと言われているのだ。そんな足立氏は学生時代から際立った存在だった。

※MDRTへの入会基準は毎年変動している。

目次

    学生時代から営業の才能を発揮

    ―社会人になって間もなくトップセールスマンの道を歩み始めた足立さんですが、一体どんな学生時代を過ごされてきたのでしょうか?

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧