2019年05月16日(木)3ブックマーク

商売の極意とは何か?まちづくりの異端児 不動産会社リブラン鈴木氏が語る、その50年の成功哲学実践法

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
リブラン取締役相談役 鈴木靜雄氏

昨今のSDGsやESGムーブメントもあって、環境にやさしい住宅づくりや地域貢献を売りにするデベロッパーが増えてきた。しかし、具体的な取り組み内容を見ていくと、旧来の表面的なCSR活動の延長線上にあるものや単なるスローガンであることが多い。

そんな中、株式会社リブランの経営は異彩を放っている。なぜならば、同社の取り組みは、地域の発展を第一に考え、マンションという商品自体を社会問題を解決をする道具に変えてしまったからだ。この度、50年以上住環境の整備を行い、まちづくりの異端児と呼ばれる存在となった創業者、取締役相談役の鈴木 靜雄さんにその背景を伺った。

目次

    一番住みたくない街「板橋」を変えながら体感した社会問題に対する意識

    ―創業当初から、ずっと東京都板橋区で活動されているんですよね。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム22時間前経営ハッカー編集部

      今、日本企業に求められているOKRとは?~Google出身でOKRの神髄を知るピョートル・F・グジバチ氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月26日経営ハッカー編集部

      競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧