2019年05月17日(金)3ブックマーク

中長期的に発展したい会社が“財務諸表にのらない価値”を高める方法とは?株式会社eumo代表取締役 新井和宏氏

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
(右、新井和宏氏、経営企画 枩山聡一郎氏とともに)

鎌倉投信の創業者の1人である新井和宏氏は、独特の投資スタイルで有名だ。大企業よりも中小企業に何度も足を運び、バランスシートに乗らない定性的な価値を見出し投資を実行する。ついに新井氏は、その価値を定量化するスキームを得て、鎌倉投信を飛び出し株式会社eumoを起業。良い企業と社員を生み出す社会をつくるチャレンジを始めた。

本稿では、新井氏の活動を参考に企業の人材育成を考えてみたい。

目次

    良い企業と悪い企業の見分け方とは?

    -新井さんは、鎌倉投信時代に、定性評価を重視し、中長期的に伸びる良い企業とそうでない企業を判別していたと聞きます。その方法や、良い悪いの違いは何なのでしょうか?

    私が取っていたスタイルとは、実際に投資候補先の会社に足を運んで会社の雰囲気や、人の出入り、社員に話を聞いたりすることで会社の数字に表れていない部分を見ていくことでした。

    社員自身の労働観や会社に対して考えていること、会社への愛情といったことをヒアリングします。そして社員が仕事にやりがいを感じているか、社員の家族との関係は良いか、取引先とのリレーションも上手くいっているかなど、財務諸表だけで評価できないところを見ていきます。何回か訪問するうちに、その会社の将来が見えてくるようになります。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧