2019年05月20日(月)1ブックマーク

会社の経営力を高める共通言語、「ビジネス数学」で社員を経営参画者にする方法 ~公益財団法人日本数学検定協会 専務理事 高田忍氏

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

もし、あなたが経営者や経営幹部であったとして、社員に対し、ある現場における課題の報告を求めるとしよう。その時にどの程度、イライラせずに満足のいく説明を受けることができるだろうか?

あるいは、社員が会社全体の財務諸表や、経営目標、事業部の目標が成り立っている根拠をどれだけ把握し、全員自分事として動いているだろうか?

もし、そうなっていないとすれば何かが足りない。その足りない能力の一つが数学力だと、日本数学検定協会の高田氏は断言する。そこで同協会では、数学力をビジネスに応用する「ビジネス数学」を提唱している。

折しも、今はAIやIoTが台頭している時代だ。経団連の中西会長が2018年12月4日に発表した「今後の採用と大学教育に関する提案」の中で「文系・理系を問わず情報科学や数学などの基礎科目を全学生の必修科目にすべき」と提言しているように、今後はAIやIoT、ビッグデータをビジネスで活用するには数学的な能力が不可欠である。まったくその通りだが、高田氏が指摘するのは、中小企業も含めて組織に必要とされている数学力であり、もっと基礎的で汎用的なものなのだ。

目次
    「ビジネス数学」はなぜ必要か
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム4時間前経営ハッカー編集部

      1日わずか約230円で会社にミニ法務部のような機能!弁護士費用保険リガールBizとは?

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月20日経営ハッカー編集部

      デザインの持つ計り知れない力!?営業しなくても注文が絶えないデザイン会社のブランディング戦略と人材マネジメントに学ぶ

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月16日経営ハッカー編集部

      親族外事業承継アドバイザリーのプロフェッショナル集団・虎ノ門会の活動から見えるリアルM&A支援の今

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月15日経営ハッカー編集部

      テレワーク導入のプロに聞く!中小企業にテレワークを導入するメリットとは

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月14日経営ハッカー編集部

      良い社長でありたいと思う心が組織停滞の元凶!?スマートに成果を上げるためのマネジメント法とは

      2ブックマーク
    関連記事一覧