2019年05月20日(月)1ブックマーク

会社の経営力を高める共通言語、「ビジネス数学」で社員を経営参画者にする方法 ~公益財団法人日本数学検定協会 専務理事 高田忍氏

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

もし、あなたが経営者や経営幹部であったとして、社員に対し、ある現場における課題の報告を求めるとしよう。その時にどの程度、イライラせずに満足のいく説明を受けることができるだろうか?

あるいは、社員が会社全体の財務諸表や、経営目標、事業部の目標が成り立っている根拠をどれだけ把握し、全員自分事として動いているだろうか?

もし、そうなっていないとすれば何かが足りない。その足りない能力の一つが数学力だと、日本数学検定協会の高田氏は断言する。そこで同協会では、数学力をビジネスに応用する「ビジネス数学」を提唱している。

折しも、今はAIやIoTが台頭している時代だ。経団連の中西会長が2018年12月4日に発表した「今後の採用と大学教育に関する提案」の中で「文系・理系を問わず情報科学や数学などの基礎科目を全学生の必修科目にすべき」と提言しているように、今後はAIやIoT、ビッグデータをビジネスで活用するには数学的な能力が不可欠である。まったくその通りだが、高田氏が指摘するのは、中小企業も含めて組織に必要とされている数学力であり、もっと基礎的で汎用的なものなのだ。

目次

    「ビジネス数学」はなぜ必要か

    -「ビジネス数学」とはそもそも何なのでしょうか?

    「ビジネス数学」は、日常生活における数学力を高める数学検定から生まれてきたものです。まず、なぜビジネスに数学が必要なのか?その理由から紐解いていきましょう。

    私たちは、ビジネスに必要な5つの力を定義していますが、あえて「数学」という言葉を抜きに説明しますと、ビジネスシーンで求められるビジネス力は、大きく5つに分けられると考えています。

    物事の状況や特徴をつかむ「把握力」、規則性や変化、相関性などを見抜く「分析力」、いくつかの事象から最適な解を選ぶ「選択力」、過去のデータから未来を見通す「予測力」、情報を正確に伝える「表現力」です。これらの力は、ビジネスシーンの至るところで必要とされます。

    重要なことは、社員がビジネスシーンに潜んでいる意味のある数字を見つけ出し、それらの関係性をしっかりと把握し、目的に応じてそれらを組み合わせる思考プロセスと、数字による表現力を身につけることです。これが抜けていると、どうしても定性的なコミュニケーションに陥り、課題が特定できないし、組織として正しい課題解決ができないといったことが起こります。

    対して、5つの力で、あらゆる事象を数字やグラフで定量的に表現できるようになることによって、課題の構造、緊急度や重要度、取り組む優先順位などを組織内で正しく把握でき課題解決ができるようになります。

    これを会社全体の経営に広げたものが、PL、BSの数字やその推移の理解ということになります。全体的な業績を数字で把握することによって、はじめて会社の課題を理解し、個々の社員は今後どのように経営に参画していけばよいのかが腹落ちした状態になるのです。

    現実の業務となっているビジネスコミュニケーションを、数字を元にして行う力を社員に身につけさせ、企業の経営力を高めることに寄与しているのが「ビジネス数学」なのです。

    -この5つのスキルの相互関係とその詳細はどうなっているのでしょうか?

    ビジネスに必要な5つの力の関係性ですが、これらは一つながりになっています。まず、ビジネス上で何が起きているのかを「把握」することが必要です。次に、把握したものがどうなっているのかを「分析」しなければなりません。分析した結果、これからどうすべきなのかを考えて複数ある選択肢の中から「選択」をする必要があります。

    また「分析した結果こうなるのではないか」と「予測」を立てることもあるでしょう。さらに、それらを自分なりに解釈して相手に説明するためには、「表現力」も欠かせません。その5つの力の詳細は以下のようになります。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム19時間前経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧