2019年05月21日(火)2ブックマーク

新規事業を成功に導く、社内起業でもベンチャー投資でもない第三の方法、EIR(客員起業家制度)とは?~GOB Incubation Partners株式会社 櫻井亮代表に聞く

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

企業が新規事業を成功させるのは容易ではない。なぜなら人、モノ、金の経営リソースを保有していたとしても、伝統的な企業であるほど安定志向が強く、革新的なアイデアや起業家精神をもったイントレプレナーが生まれにくいからだ。

そこで、企業の中には新規事業分野に知見もあり、マインドも持つ外部のアントレプレナーに投資をするCVCを創るという動きも生まれている。しかし、外部のアントレプレナーは、社内ベンチャーと違い、自社の仕事の進めた方や企業文化に馴染ませるのに苦慮することになる。これらの双方の問題を解決するために、今注目されているのが起業家本人を社内に雇い入れる「EIR制度(客員起業家制度)」なのだ。

このEIR制度を国内に根付かせようと、自社においても実践しているインキュベーターが、GOB Incubation Partners株式会社(以下、GOB)だ。今回は、アントレプレナーを育て、新規事業を成功させるために必要なEIR制度の要件について、同社代表取締役 櫻井亮氏にお話を伺った。

目次

    企業の新規事業開発のための第三の起業支援制度「EIR」

    ―そもそもEIR制度とは何でしょうか? 

    EIRとは、「Entrepreneur in Residence」の略で、日本語では「客員起業家制度」と呼ばれています。この制度は、2014〜2015年ごろ、アメリカのシリコンバレーで生まれました。企業のなかにアントレプレナー(起業家)たちを招き入れ、そのなかでスタートアップを行う仕組みを指します。日本でも、2016年ごろからEIR制度が着目されてきました。


    昨今では、欧米由来の日本語で直接和訳が難しい言葉がたくさん出てきています。ビジネスやファシリテーションという言葉のようなものがそれに当たりますが、このEIRも和訳の難しい言葉です。また時間の経過とともに解釈が拡大してきた言葉でもあり、「客員」という意味合いは現在それほど大きくはなく、どちらかといえば「(企業の中で)生活するように起業する起業家」という意味だと考えられます。

    一般的にEIRは、アントレプレナーにとって、企業から仕事や給料、住環境を提供されることで、安心してスタートアップを行うことができるというメリットがあります。実際、シリコンバレーではアントレプレナーたちがベンチャーキャピタル(投資ファンド)と寝食を共にしながら起業する事例も多く、日本でも「衣食住と起業を一体のものとして考えよう」という流れがあります。

    我々GOB-IPは設立当初から常に起業家を応援する姿勢を貫いています。日本では起業家を育てることがなかなか難しく、特に支援する側は機能として注目すら浴びないという風潮の中でどうやったら我々なりの取り組みで新しい事業にチャレンジする人たちを起業家にすることができるか?という命題に対し模索をしてきました。これらの試行錯誤の中で最適化してきたのが現在の形であり、結果的にそれを外部の言葉ではEIRと呼んでいるというのが率直な我々の認識です。

    ―大企業が行っている企業内起業(イントレプレナー)制度とEIRは、どう異なるのでしょうか?

    そもそも、起業には3つの条件が必要だと考えています。1つ目は利益を生むことができるようなクリエイティブなビジネスアイデアです。2つ目は起業プロセスを理解し、具体的に推し進める科学的なマネジメント能力。そして、3つ目はなぜそのビジネスを実現する必要があるのか―社会的な意義と言い換えてもいいですが―という、起業家としてのマインドです。

    実際に企業内起業は、大企業が新規事業を立ち上げる際によく行われていて、イントレプレナーとして、数千万円、数億円以上を扱うビジネスの経験もあり、科学的なマネジメント能力に長けている人材がその事業にチャレンジをしています。ただ、最も肝心な起業家としてのマインドを醸成することが非常に難しいのが課題です。

    その点、EIRというのは、もともと新規事業の知見と、起業家精神を持ったアントレプレナーを企業内に入れることになるので、社内の新規事業の成功確率が高まると言われています。ただし、その起業家が企業内に入りこむときに文化に馴染めるか、相乗効果が生まれるかというポイントがEIRを大企業で活かす際の課題となります。

    ―外部の起業家を育てるインキュベーションとの違いは何でしょうか?

    私たちの長年の経験から、インキュベーションというものが実は狩猟型と農耕型の2つにわかれるのではないかという仮説があり、そのもとで起業家育成を実践しています。

    狩猟型は、簡単にいえば、「起業した1,000社のうち優良な3社が成功すればいい」という考え方です。主に管理側、企業育成する側の立場に立った考え方で、最終的にはお金がベースになっています。もともと日本では起業支援環境が十分ではなく、本業のコアバリューを磨くところ以外でリソースを割かれている間に死滅するケースも多く、狩猟型インキュベーションの成功確率は相当低いです。CVCとして投資する場合にはかなりの目利き力が必要となります。

    一方、この狩猟型に対比する形で私たちが見出したもう一つの型が農耕型です。これは、「才能はあるがまだ起業の意志を潜在的にしか有してない層を、アントレプレナーとして育てていく」という新しい考え方です。こちらは現時点であまり世の中に浸透している概念ではありません。デジタルを活用した変革が重要性を帯びる中で、一部のキャピタリストやアクセラレーターとなる存在が今までの狩猟型のやり方に限界を感じ始めました。今まさに現在進行形で模索をしている概念ではあります。農耕型での育成は時間がかかるうえ、一律的な育て方や科学的管理主導で育成をしてしまうと、ビジネス環境の変化が激しい場合、成功例が出ないというリスクもあります。

    EIRは、起業家に最低限の収入を保証するため、狩猟型インキュベーションの場合に途中で力尽きて断念せざるを得なかった997社の起業のうちからも、存続できるものが出てくる可能性があります。さらに、農耕型インキュベーションでゼロからアントレプレナーのマインドを育成する際の非常に時間がかかるという問題を解決できる糸口を持っています。

    したがって、新規事業を立ち上げるための成功の確率が高まると考えられます。つまりビジネスとしての中長期的なROIが高くなる可能性があるのです。さらに、起業家が企業に所属し、一員となることにより、企業特有の仕事の進め方や、企業文化に馴染むことで、既存事業との間での事後のシナジーも高めやすいのです。

    GOBによるEIRの特徴は?
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム12月06日経営ハッカー編集部

      戦略は名刺に宿る!? Sansanを活用した、BtoBマーケティングに必須のABMとは

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      会計システムは経営の意思決定のためにある。事業拡大に耐えうる仕組みづくりにfreeeが寄与

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム12月05日経営ハッカー編集部

      週1振り返りで仕組み改善し、バックオフィスの社員が事業に伴走できる時間を創出。堅守速攻、組織構築の舞台裏

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月25日経営ハッカー編集部

      震災を乗り越え、事業創造拠点として東北をリードするMAKOTOグループ代表竹井智宏氏の挑戦

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム11月22日経営ハッカー編集部

      バチェラー2から「ハイブリッドサラリーマン」へ。ハイブリッドサラリーマン1万人化構想を小柳津林太郎さんに聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧