2019年05月24日(金)2ブックマーク

お客様のことを考えていますか?消費者庁が推進する「消費者志向経営 自主宣言」とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

自主宣言で見出す、自社の見えない価値とは?

SNSや口コミサイトなどネット環境の進展により、企業に対する消費者の目がますます厳しくなっている。片や世界最高と言われていた日本企業の商品やサービス品質は、相次ぐ不正検査やモラルハザードなどでその信頼の根幹が揺らいでいる。いずれも「顧客第一主義」や「社会への貢献」などを掲げる企業だ。

こうしたなか消費者庁では3年前から事業者団体や消費者団体と連携して「消費者志向経営」を推進中だ。消費者志向経営とはどのような経営なのか。またそれを取り入れることで、とりわけ中小企業はどのように変わっていくのか。推進事務局を担当している消費者庁消費者調査課の高橋真也氏に伺った。

目次

    消費者の評価を無視しては、企業経営はできなくなった

    ――消費者庁では「消費者志向経営」を推進しています。ズバリ消費者志向経営とはどういう経営なのでしょうか?

    消費者志向経営とは、一言でいうと「消費者を重視した経営」ということです。企業の方がよく言われる「顧客重視」や「お客様第一主義」の経営の延長線上にあるものと捉えていただいて構いません。お客様を行政的に言い換えた言葉が消費者ですね。

    ただ私たちがいう消費者は、目の前の顧客だけではなく、その背後にある社会全体の消費者を指しています。たとえば会社の従業員の皆様であっても仕事から離れると消費者ですよね。

    ――いわゆるステークホルダーに近い捉え方になりますか?

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム01月17日経営ハッカー編集部

      日本の生産性が低いのは「紙とハンコ」のせい?業務を完全ペーパーレス化する賢い方法~ペーパーロジック横山公一氏

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム01月16日経営ハッカー編集部

      100人の経営者を育てるLIFULL グループの新規事業提案制度「SWITCH」でイントレプレナーとして起業、LIFULL SPACE奥村代表に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム01月14日経営ハッカー編集部

      「金融を“サービス”として再発明する」とは何か?NEXTユニコーンFinatext HD林良太代表に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム01月09日経営ハッカー編集部

      日本初の医療機器開発インキュベーターが見出した真のイノベーションとは?~JOMDD 内田毅彦代表に聞く

      4ブックマーク
    • インタビュー・コラム2019年12月27日経営ハッカー編集部

      気づいていますか?BtoBマーケティングの問題。97%のアンノウン(匿名)潜在顧客にどう対応するか~SATORI植山浩介氏に聞く

      1ブックマーク
    関連記事一覧