2019年05月29日(水)3ブックマーク

会社を売るという経営者の決断~M&Aバイアウトで人が幸せになる方法

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

「最初は売るつもりはなく、そもそも売れるとも思っていませんでした。今はかけがえのない貴重な時間ができ、家族との時間を大切にするとともに、今後の人生について考えるきっかけにもなっています」と話してくれたのは、株式会社ファンステージの元代表取締役・中村勇介さん。

さまざまなWeb・アプリの企画、デザイン、開発までをワンストップで行い、自社サービスや技術者派遣(SES)にも力を入れるファンステージは、2019年1月に株式会社Orchetsra Holdingsグループの株式会社Sharing Innovationsと株式譲渡契約を締結。子会社となりました。

そのM&Aイグジットの過程で、創業者の中村さんが体験したこととは? 従業員や家族との向き合い方は? その後の生活はどのように変わるのか? FA(ファイナンシャル・アドバイザー)を担当した株式会社プルータス・マネジメントアドバイザリーの小川陽介さんにも同席いただき、実際に会社を売り抜いた当事者としての“生の声”をお聞きしました。

目次

    “人”を大切にする考え方に共鳴し、初対面から意気投合

    ―ファンステージ創業の背景を教えてください。

    社長としての最初の経験は、エンジニアの派遣会社です。創業家から株式を買い、事業を軌道に乗せてまた創業家に売却しました。ごく小規模な事業再生に近いと思います。3年間務めた後、そろそろ自分で起業してもいい頃だと思い、2011年12月に株式会社ファンステージを創業しました。

    エンジニアの派遣には将来性を感じていましたが、やはり派遣だけでは自社のノウハウも蓄積していきません。なのでなるべく社内での受託開発に拘りました。そして最終的には、Webやアプリなどで自社のメディアやサービスを展開したいと考えたんです。創業してすぐにCTOが加わり、そこからエンジニアの数も増えました。

    ―会社を売却しようと思ったのはいつ頃ですか?

    最終的に決断したのは、この案件が本格的に動き出してからです。それまでは経営者としていろいろな選択肢がある中で、一つの手段として視野に入れておこう、というくらいの感覚。最初から売ろうと決心していたわけではありません。

    実は過去に何度か、事業会社から直接「買いたい」とお声がけいただいたことがありました。しかし、提示されたのは非常に条件の悪いものでした。その経験もあり、M&Aに関して奥手になっていた部分がありました。

    そんな折、ふとFacebookに流れてきたプルータス・マネジメントアドバイザリーのLPに目がとまったんです。気軽に問い合わせできそうな雰囲気だったので、あくまで情報収集のためと思って連絡したのが、2018年8月。これが最初のきっかけです。

    事業が売れるとは思っていませんでしたが、担当の小川さんからは「売れます。進めるだけ進めてみましょう」とお話をいただいて。この段階で手を引く理由はありません。まだ売ることが決まったわけではありませんし、納得できる条件でなければいつでもやめればいい、という感覚でした。

    ―ただ話だけ聞いてみよう、というスタンスだったのですね。それから次のアクションが来たのはいつですか?

    10月です。大まかな査定をもとに、アプローチできそうな会社を15社ほどリストアップして、その中から2社に絞って進めるのはどうかと相談がありました。私から売却先の会社を指定したのではなく、自社の社員を活かしてくれそうなところはないかと相談していた結果、まず最適な2社をピックアップしていただいた形です。

    ―その間、ほかのアドバイザリーには声をかけずに?

    はい。むしろ、プルータス・マネジメントアドバイザリーしか知りませんでした。後から調べたら、仲介会社やアドバイザリーなんて山のようにあって(笑)。ああそういうものなんだ、という感じでしたね。それでもまだ、その時は全然売る気はなくて、事業も淡々と継続していました。最終的には、2社のうち最初の1社目の社長さんと意気投合して売ることになったんですけどね。

    ―それがsharing Innovations(以下、シェアリングイノベーションズ)さんだったわけですね。最初の面談はどんな雰囲気でしたか?

    事前にプルータス・マネジメントアドバイザリーさんを通じてやり取りを交わした後、早い段階で恵比寿の本社にうかがい、先方の社長さんとCFOの方と私でトップ面談を行いました。面談の前は、私から事業についてプレゼンして、いろいろ根掘り葉掘り聞かれるのだろうと思っていたんです。ところが実際に面談が始まると、「ウチはこういう会社だからぜひ来てください」とむしろ先方の会社についてのプレゼンテーションを熱く語っていただき非常に友好的に迎えていただいて。すぐに意気投合したんです。

    ―何がポイントで意気投合したのでしょう?

    私と社長さんの考え方が非常に近く、社員を大切にする会社の文化や、経営に対する根本的な向き合い方が、お互い一緒だったんです。しかもすごく紳士的で誠実にお話してくださり、「この社長さんが経営されてる会社なら合流した後、ぼく以上に社員を活かして頂けるのでないか」というイメージを持っていただいたみたいで。最初から非常に親和性を感じたため、私はその時点で「売ってもいいかな」と思いました。

    余談ですが、姓も同じ「中村」でイニシャルまで一緒でしたし、社内で「社長」と呼ばれず「中村さん」と呼ばれていることまで同じ。普段使っているバッグまで似ていたんです。「これも似てるね、あれも似てるね」という話で盛り上がり、何か運命のようなものがあるのかなと(笑)。

    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月26日経営ハッカー編集部

      競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月19日経営ハッカー編集部

      ベンチャー大国イスラエルのイノベーション思考をどう取り込むか~日本=イスラエルビジネス第一人者、加藤氏に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧