2019年05月30日(木)2ブックマーク

リゾートで仕事!地を使った創造力とモチベーションを上げる新しい働き方「ワーケーション」

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

政府主導による「働き方改革」が進められる中、従業員のワークライフバランスの向上を目指したり、自宅やサテライトオフィスなどオフィス以外で働ける環境を整えたりする企業が増えてきました。その一方で、AI(人工知能)やRPA(事務業務などの効率化)といったIT技術の進化により、人には、イノベーションにつながる新しいアイデアなどを強く求めるようにも。
 
こうした中で、にわかに注目を集め始めているのが「ワーケーション」という新しい働き方です。「ワーケーション」とは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。リゾート地などにいながら仕事ができる仕組みを企業が提供し、従業員のリフレッシュとアウトプットの質の向上を促すアメリカ発祥の取り組みです。
 
このワーケーションに着目し、日本でいち早くサービス化したのが株式会社東急シェアリングの金山明煥氏です。働き方改革を進めるうえで、ワーケーションにはどのような効果があり、どのようなメリットがあるのか?また、どのような企業に向いているのか?金山氏に聞きました。

目次

    「働き方改革」で注力すべきは“対話”と“創造力の向上”

    ―現在「働き方改革」が盛んに進められていますが、まずは東急シェアリングさんがこの改革について、どのような問題意識を持っているのか教えてください。

    今行われている働き方改革は、基本的に“型”(枠組み)の改革です。「ちゃんと休みなさい」とか「何時間働いたら帰りなさい」とか、もう一歩踏み込んだところでは、在宅ワークやテレワークを推奨するといった取り組みで、これは単なる型でしかない。本来の“働き方を改革すること”とはその先の、働く目的や意味、アウトプットにも着目し、その改善に注力すべきだと私たちは考えています。
     
    かつてデジタルが主流ではなかった時代、ホワイトカラーにとって一番の知の源泉は情報でした。具体的には従業員の報告や紙の資料などさまざまな情報のことです。これがオフィスという拠点に集まり皆で共有していました。ところが今はデジタル化が進み、ノートパソコンやスマートフォンなどのデバイスを活用することで、場所や時間にとらわれず、どこでも情報を共有できるようになりました。つまり、オフィスという拠点の利点が薄れてきたのです。
     
    また一方で、AIの目覚ましい進化などもあり、アウトプットに対してはこれまで以上に質の高いものが求められるようになりました。このため、例えば、従業員が従来のオフィスに籠もり生み出す従来型のアウトプットだと、アイデアが枯渇し、すぐにコモディティ(一般)化してしまう可能性が高い。今の時代は、従来のオフィスとは環境の違う場所を活用し、複数人の対話によりアウトプットを生み出せるような仕組みが必要だと私たちは考えています。

    ―金山さんはワーケーション関連のワークショップなどで、「ファーストプレイス」「セカンドプレイス」「サードプレイス」という言葉をよく使われていますが、これも今おっしゃったことと関連してきますか?

    大いに関連します。ファーストプレイスは家のことです。人間の生活が狩猟から農耕に移っていく中で「自宅」を所有するという観念が出てきました。その後、産業革命を経て、工場などの「職場」で人々が働くようになった。これがセカンドプレイスです。次に生産性を向上させるために人は余暇をとるようになりましたが、そのための「休息する場所」がサードプレイスですね。
     
    従来、職場のストレスを減らすのがサードプレイスの役割だったわけですが、モバイルツールが発達した今の時代はサードプレイスも生産拠点の一部と考えられるようになりました。もっと言えば、サードプレイスの方がいいアイデアが生まれることもある。
     
    そういう意味で、今は全ての場が混ざり合い、明確に区別できなくなった時代だと言えます。我々が提唱する「ワーケーション」とは、このサードプライスを新たな知の拠点として、これまで以上に重視していく動きと言えます。

    ―金山さんたちが、働き方改革や時代の流れの中でワーケーションという働き方に注目してきたことが少しわかってきました。そのワーケーションについて、あらためてどういうものか解説していただけますか?

    ワーケーションとは10年ほど前からアメリカで出てきた概念で、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を合わせた造語です。仕事と遊び、仕事とバケーションがシームレスにつながっていくというイメージで、具体的には、リゾート地などにいながら仕事ができる環境を企業が提供し、従業員の休暇と創造性の発揮を同時に促すことを指します。
     
    人間は、リゾート地という非日常に身を置くことで、脳や体がリフレッシュされると言われています。これがイノベーションにつながる発想やアイデアの生み出しやすさにつながり、仕事の質の向上が期待できる。またイノベーションには従業員同士の対話が重要ですが、いつもオフィスで顔を合わせている者同士でも、リゾート地だと自然とオープンマインドになる。結果、対話の質も大幅に向上する可能性があります。
     
    さらにワーケーションは仕事と休暇の両立にも有効です。例えば、家族と一緒にリゾート地に行き、日中は仕事、夕方からは家族との時間を過ごしたり、平日は仕事、週末は家族を呼んで旅行を楽しんだり。仕事と休暇をシームレスにつなげることができます。ワーケーションは一人ひとりの理想のライフスタイルを実現できるひとつの選択肢でもあるわけです。

    世界中に広がるワーケーションの潮流。日本の実情は?
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム10月15日経営ハッカー編集部

      その特許、無価値ですよ!ビジネスで儲かる特許はどうしたら取得できるのか?「IPアライアンス」に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム10月09日経営ハッカー編集部

      ゆるやかに拡大するユニリーバ“WAAの輪”!他企業や自治体も巻き込む「島田由香流マネジメント」に迫る

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月26日経営ハッカー編集部

      競争が熾烈化するインナーECショップで業績を上げ続け、上場も達成。株式会社白鳩が20年間成長を止めない理由とは?

      3ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月24日経営ハッカー編集部

      企業がマネジメントすべき攻めの広報、守りの広報とは?~公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会 日比谷尚武氏に聞く

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム09月19日経営ハッカー編集部

      ベンチャー大国イスラエルのイノベーション思考をどう取り込むか~日本=イスラエルビジネス第一人者、加藤氏に聞く

      2ブックマーク
    関連記事一覧