2019年06月02日(日)1ブックマーク

AI(人工知能)をサービスのコアにすることによって、労働集約型だったコンサルティング会社がどのように変貌を遂げたか?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む
WACUL代表取締役CEO大淵亮平氏

社名は「WACUL=ワカル」と読む。「わかる!」という「データの理解」や「共感」、「和」の「カルチャー」という意味も込められている。デジタル・マーケティングの分野で、AIがWebサイトの分析をする「AIアナリスト」で、画期的なコスト削減を実現した。
創業メンバーとしてジョインした大淵氏は、現在は代表取締役CEOとして社を牽引する。なぜAIを使ったサービスをリリースしたのか?成長期の会社ではどのようなマネジメントを実施しているのか?その経営的視線をうかがった。

目次
    人の手によるコンサルティングからAI型サービスへの転換
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      18万人の社長に聞いた、誰にも言えない悩みを解決する71の処方箋~日本最大級のWeb経営者メディアWizBizの新谷氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      年末調整の「続柄」とは?記入ミスが多い理由と続柄の正しい書き方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月22日経営ハッカー編集部

      若者へのSNSマーケティングはどうする?~ネクスター代表細田悠巨氏&27万人のフォロワーをもつインスタグラマー伊藤実祐氏に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月21日経営ハッカー編集部

      1日わずか約230円で会社にミニ法務部のような機能!弁護士費用保険リガールBizとは?

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月20日経営ハッカー編集部

      デザインの持つ計り知れない力!?営業しなくても注文が絶えないデザイン会社のブランディング戦略と人材マネジメントに学ぶ

      1ブックマーク
    関連記事一覧