2019年06月05日(水)4ブックマーク

縦割りに横串を。あえてゴールを決めない官民連携のあり方が紡ぎ出す、新たな課題解決法とは?

経営ハッカー編集部
シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

中央省庁の構造的な問題として頻繁に挙げられる「縦割り行政」。そこに横串を刺すべく、現状への危機感と課題意識を持つ若手官僚と民間企業の有志が立ち上がり結成した“官と民の対話のプラットフォーム”が、「官民連携推進Lab(ラボ)」です。
 
参加する官僚の所属省庁は、内閣府や内閣官房をはじめ、総務省、環境省、金融庁、文部科学省、厚生労働省、農水省、国土交通省、経済産業省、防衛省など幅広く、民間からの参加者も今注目を集める若手ビジネスリーダーから大学教員まで、ジャンルは多岐にわたります。
 
官民連携推進Labの大きな特徴の一つが、単に世の中の問題を議論して終わるだけでなく、官民の交流を通して最終的には課題解決のためのアクションにまで結びつけていること。企業における協業やアライアンスの成功事例がまだ多いとは言えない中で、官民連携推進Labはどのように結果を出しているのでしょうか?
 
官と官が各省庁の壁を越え、また官と民が組織の壁を越えて連携するコミュニティのあり方には、これからの時代の「新しい働き方」のエッセンスが隠されているはず。今回、ラボを主宰する株式会社トイトマ代表取締役会長の山中哲男氏、防衛省の西田千尋氏、環境省の福井和樹氏に、その目的や参加する意義、課題解決のためのポイントなどを伺いました。

目次
    今、組織を越えた働き方は変革期。共感してスキルや知恵を結集すべき時代へ
    シェア0
    ツイート
    ブックマーク0
    後で読む

    この記事の関連キーワード

    ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

    関連する事例記事

    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      18万人の社長に聞いた、誰にも言えない悩みを解決する71の処方箋~日本最大級のWeb経営者メディアWizBizの新谷氏に聞く

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月23日経営ハッカー編集部

      年末調整の「続柄」とは?記入ミスが多い理由と続柄の正しい書き方

      0ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月22日経営ハッカー編集部

      若者へのSNSマーケティングはどうする?~ネクスター代表細田悠巨氏&27万人のフォロワーをもつインスタグラマー伊藤実祐氏に聞く

      2ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月21日経営ハッカー編集部

      1日わずか約230円で会社にミニ法務部のような機能!弁護士費用保険リガールBizとは?

      1ブックマーク
    • インタビュー・コラム08月20日経営ハッカー編集部

      デザインの持つ計り知れない力!?営業しなくても注文が絶えないデザイン会社のブランディング戦略と人材マネジメントに学ぶ

      1ブックマーク
    関連記事一覧